\ Nov \ 29 \ 1994 \ 07:59 \ \ こがいしゃ に しゃ を がっぺい 1 あさひ かせい と ジャパンエナジー \

あさひ かせい こうぎょう は にきゅう にち 、 どうしゃ と ジャパンエナジー の に しゃ が しゅっし して いる さんよう せきゆ かがく ( ほんしゃ とうきょう 、 あさひ かせい が ろくぜろ ぱーせんと しゅっし ) と さんよう せっか の いちぜろぜろ ぱーせんと こがいしゃ である さんよう エチレン ( どう ) を らいねん よん つき いち ひづけ で たいとう がっぺい さ せる 、 と はっぴょう した 。 りょう しゃ は あさひ かせい の みずしま コンビナート に せいさん きょてん を もち 、 エチレン や ベンゼン など の せっか げんりょう を きょうきゅう して いる 。 がっぺい する こと で こうりつてきな じぎょう うんえい を すすめる 。

しん かいしゃ は さんよう せっか を そんぞく かいしゃ と する ため 、 あさひ かせい ろくぜろ ぱーせんと 、 ジャパンエナジー よんぜろ ぱーせんと の しゅっし ひりつ や しほんきん に へんげ は ない 。 しん かいしゃ の エチレン せいさん のうりょく は ねんかん よんよんまん とん 、 ベンゼン どう にはちまん とん 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 07:59 \ \ とうれ が えいこく で プリント ごうべん 1 きゅうご ねん に しん かいしゃ せつりつ \

ごうせん せんしょく かこう の こまつ せいれん は にきゅう にち 、 とうれ の えいこく こがいしゃ トーレ ・ テキスタイルズ ・ よーろっぱ しゃ ( TTEL 、 ノッティンガム し ) と ごうべん で いちきゅうきゅうご ねん さん つき 、 どう し に ポリエステル ちょう せんい おりもの の プリント かいしゃ 「 トーレ ・ コマツ ・ プリンティング 」 を せつりつ する と はっぴょう した 。

しん かいしゃ は しほんきん よんぜろぜろまん ぽんど ( やく ろくおく えん ) 、 しゅっし ひりつ は こまつ せいれん よんぜろ ぱーせんと 、 TTEL ろくぜろ ぱーせんと で 、 TTEL の こうじょう しきち ない に せつりつ する 。 しん こうじょう けんせつ に やく いちいちおく えん を とうし し 、 きゅうご ねん きゅう つき に ちゃっこう 、 きゅうろく としはる ごろ の そうぎょう かいし を よてい して いる 。

おもに ふじん ふくじ を せいさん し 、 のうりょく は げっさん よんぜろまん へいほうめーとる 。 げんち で ごぜろ にん を やとい 、 きゅうはち ねん の うりあげだか を やく さんぜろおく えん と みこんで いる 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 07:58 \ \ よんぜろ ねん ぶり に マイナス に 1 いっぱん かいけい は なないちちょお えん きぼ \

いちきゅうきゅうご ねんど の くに の いっぱん かいけい よさん の きぼ は 、 きゅうよん ねんど よさん がく を やく にちょお えん したまわる なないちちょお えん きぼ と なる みとおし に なった 。 おおくらしょう が にきゅう にち あきらかに した 。 さん ぱーせんと ていど の げんしょう りつ で 、 ぜんねんど とうしょ よさん がく を したまわる の は 、 ごご ねんど よさん の ぜろてんはち ぱーせんと げん いらい よんぜろ ねん ぶり だ 。

けいき は かいふく きちょう に ある もの の 、 かいふく の テンポ が おそい こと から さいにゅう の はしら と なる ぜいしゅう の ぞうか は みこめ ず 、 きびしい ざいせい じじょう から さいしゅつ を きょくりょく よくせい する マイナス よさん と なる の が ふかひ と なった 。

おおくらしょう は 、 せいふ かいはつ えんじょ ( ODA ) を はじめ ぶんきょう ひ 、 ぼうえいひ など せいいき を もうけ ず 、 せいさく てき けいひ である いっぱん さいしゅつ の のび りつ を おおはばに よくせい する ほうしん 。 ただ 、 こうきょう じぎょう ひ は のび りつ を よん ぱーせんと きょう に する など けいき に はいりょ した しせい も しめす 。 1

きゅうご ねんど の さいにゅう は 、 いっぱん かいけい ぜいしゅう の みつもり が ごよんちょお − ごごちょお えん ていど と 、 ぜんねんど とうしょ みつもり ( ごさんちょおろくろくごぜろおく えん ) を なんとか うわまわる ていど に なる みとおし 。 この ため おおくらしょう は 、 けんせつ こくさい を はっこう げんど いっぱい の きゅうちょお えん じゃく はっこう し 、 げんぜい ざいげん と して の あかじ こくさい も やく さんちょお えん はっこう する 。 さらに にちぎん のうふ かね や ちゅうおう けいばかい のうふ かね と いった ぜいがいしゅうにゅう の かくほ に つとめる ほか 、 とくべつ かいけい から いっぱん かいけい へ の くりいれ など “ かくれ かりきん ” で さいにゅう を なないちちょお えん ていど に もっていき たい かんがえ だ 。

これ に たいし さい でづら は 、 せいさく てき けいひ である いっぱん さいしゅつ を がいさん ようきゅう だんかい の よんにちょおおく えん から いちちょお えん ていど あっしゅく し 、 よんいちちょお えん だい こうはん に まで さくげん する 。

こくさい ひ は 、 かこ に はっこう した こくさい の しょうかん に そなえる ため まいとし いっぱん かいけい から こくさい せいり ききん に いち ていがく を くりいれる 「 ていりつ くりいれ 」 を ぶぶんてきに ていし して こくさい ひ を よくせい する 。 1

ちほうこうふぜい こうふきん は 、 ぜいしゅう の のびなやみ に れんどう して ようきゅう がく より げんしょう する が 、 おおくらしょう は さらに 、 かこ に とくれい てきに ちほう じちたい から かりた ぶん を かえす かたち に なる こうふ ぜい の くわえざん ぶん を 、 いっぱん かいけい に けいじょう せ ず に へんさい を くりのべる など して げんがく する ほうしん だ 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 07:58 \ \ よとう ほうちょう だん 、 じじつ じょう えんき へ 1 きたちょうせん が よとう の うごき に はんぱつ \

れんりつ よとう は にきゅう にち 、 ちょうせんみんしゅしゅぎじんみんきょうわこく ( きたちょうせん ) へ の さん とう だいひょう だん に さきだち 、 らいげつ さん にち から よてい して いた せんけん だん の はけん を えんき する こと を きめた 。 しゃかいとう の くぼ しょきちょう が どうにち ごご 、 ざいにっぽんちょうせんじんそうれんごうかい ( ちょうせんそうれん ) の もと しゅう よろず ・ せきにん ふくぎちょう と あい 、 こうした かんがえ を つたえた 。 これ に より ねんない の だいひょう だん はけん は じじつ じょう みおくる こと に なった 。

しゃかいとう すじ に よる と 、 えんき を きめた りゆう に ついて 、 きたちょうせん がわ が ( いち ) ほうちょう に さきだつ せんけん だん メンバー の ほうかん ( に ) いちきゅうきゅうぜろ ねん の じみん 、 しゃかい 、 ちょうせん ろうどう の さん とう きょうどう せんげん を みなおす ひつよう が ある と した たけむら ぞうしょう はつげん ( さん ) ほうちょう まえ に かんこく がわ と の じぜん きょうぎ が ひつよう と した いがらし かんぼう ちょうかん はつげん − − など に たいし 、 つよい 「 ふ かいかん 」 を ひょうめい して いる こと を あげて いる 。

きたちょうせん がわ は せんけん だん に ついて は きほんてきに うけいれる いこう を しめした が 、 くぼ し と して は 「 ほうちょう できる かんきょう で は ない 」 と はんだん した もの だ \ Nov \ 29 \ 1994 \ 07:56 \ \ みつびし しんたく ぎんこう してんちょう じんじ 1 いちに つき ろく ひづけ \

▽ かしわ してんちょう ( さん こと ) いわもと しょうぞう ▽ さん こと ( かしわ してんちょう ) 1 たしま 凱 き 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 07:56 \ \ とうしゅ せんしゅつ で おざわ ひはん おおやけ さ か 1 しんせい とう ないぶ から はんぱつ \

なんこう して いる 「 しんしんとう 」 の しょだい とうしゅ 、 ふく とうしゅ 、 かんじ ちょう ら の せんしゅつ もんだい を めぐり にきゅう にち 、 おくた うやまい わ し ら しんせい とう かんぶ から 、 こうほ いっぽんか を はかる 「 しんとう じゅんび かい 」 の おざわ いちろう じっこう いいんちょう ら の たいおう を ひはん 、 「 せんきょ けっちゃく 」 を もとめる いけん が おおやけ さ かした 。

おくた しんせい とう こもん は どうにち ごご 、 こっかい ない で きしゃ だん の しつもん に こたえ 、 とうしゅ の せんしゅつ ほうほう に かんれん して 「 じんじ が いちぶ の ひと の かんがえ で きまって いく の は よく ない 。 ふとうめいな かたち で みっしつ の はなしあい せんしゅつ と なったら こくみん の りかい は え られ ない 」 と のべた 。 1

これ まで の どう じゅんび かい の きょうぎ で は せんきょ の ほうこう と なって いる もの の 、 おざわ し ら は 、 じぜん の はなしあい で こうほしゃ を いっぽんか する じじつ じょう の 「 はなしあい けっちゃく 」 で 「 かいぶ ( もと しゅしょう ) とうしゅ − おざわ かんじ ちょう 」 の じつげん を はかって いる 。 これ に たいし 、 しんせい とうない の おざわ し ひはん グループ が 、 どうし の いと を けんせい する ねらい から 、 げんそく どおり せんきょ で の せんしゅつ を つよく もとめて いる もの だ 。

とうしゅ こうほ に ついて おくた し は 「 はた まえ しゅしょう を りっこうほ する ように もっていか ない と いけない 」 と のべ 、 はた し ようりつ に まえむきな かんがえ を あきらかに した 。 さらに 「 じっこう いいんかい が じんじ を きめて しまう と すれば 、 わたしたち も はっきりした せいじ こうどう を とる 」 と のべ 、 じっこう い で はなしあい けっちゃく が かくてい した ばあい に は 「 しんしんとう 」 へ の さんか も さいけんとう せ ざる を え ない と の かんがえ を しさ 、 いっぽんか ろん を つよく けんせい した 。 1

また かとう ろく つき どう とう こもん も どうにち ごご 、 こっかい ない で きしゃ だん に たいし 「 はっきり とうめい せい を いじ して えらんだ ほう が いい 」 と せんきょ けっちゃく を めいかくに もとめた 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 07:53 \ \ とるこ で ないかく かいぞう か 1 SHP の ソイサル がいしょう じにん \

【 イスタンブール にきゅう にち AP ・ DJ = きょうどう 】 にきゅう にち の ウォールストリート ・ ジャーナル かみ おうしゅう はん に よる と 、 とるこ の みんえいか に はんたい して いた ソイサル がいしょう が にはち にち じにん した こと に ついて せいじ ひょうろんか は 、 チルレル しゅしょう は れんりつ ないかく の かいぞう を せまら れる と よそう して いる 。

ことし なな つき に しゅうにん した ばかりの ソイサル し は 、 みんえいか ほうあん が せんしゅう ぎかい を つうか した こと を うけて じにん した 。 とつぜんの じにん に ついて 、 ひょうろんか は 、 おうしゅう や にしがわ に たいする こくみん の ふまん や みんえいか けいかく へ の ひはん を あおりたてる と ともに 、 みずから が しょぞく する しゃかい みんしゅ じんみんとう ( SHP ) の とうしゅ しゅうにん を ねらった こうどう と みて いる 。 1

チルレル しゅしょう が ひきいる ほしゅ は の せいどう とう ( DYP ) と SHP の もんだい の おおい れんりつ に は さん ぎょうかい 、 きんゆうかい から かいしょう を もとめる あつりょく が たかまって いた 。 きぎょう けいえいしゃ は 、 ソイサル し と SHP が 、 しゅしょう の みんえいか どりょく を ぼうがい し 、 とるこ と にしがわ どうめいこく の あいだ に くさび を うちこむ もの と ひはん して いた 。

みんえいか は しゅしょう が よん つき に うちだした よんさんおく どる の ざいせい あかじ さくげん さく の はしら と なって いる が 、 あかじ に おちいった こくえい きぎょう の ばいきゃく 、 せいり に たいする チルレル せいけん の しゅわん に ついて 、 ソイサル し の じにん だけ で しんらい が かいふく する かのうせい は うすい 。

みんえいか ほうあん の げんあん を きそう した コスクム ・ キルセ し は 「 しゃかい しゅぎ しゃ が せいけん ない に いる かぎり 、 みんえいか ほう の じっし は ふかのうだ 」 と ないがい の ざいかいじん 、 ぎんこう かんけいしゃ の あいだ に ひろく ある みかた を だいべん した 。 1

とるこ そうせんきょ は よてい より いち ねん はやまって 、 いちきゅうきゅうご ねん に ひらか れる と よそう さ れて いる 。 シティバンク ( とるこ ) の せきにんしゃ 、 アンジュム ・ イクバル し は 「 せんきょ からみ の もんだい が かたづく まで 、 とるこ に さっとう する とうし か は たいして おおく ない だろう 」 と みて いる 。 1 \ Nov \ 30 \ 1994 \ 07:55 \ \ ニュースサマリー てんに ( さんぜろ にち ) \

▽ せいぞうぎょう 、 さん ねん れんぞく で げんしょう = きゅうよん ねんど せつび とうし けいかく

つうさんしょう は さんぜろ にち 、 さんぎょう こうぞう しんぎかい の さんぎょう しきん ぶかい に おおて ・ ちゅうけん きぎょう の いちきゅうきゅうよん ねんど せつび とうし けいかく と 、 きゅうご ねんど けいかく の ちょうさ けっか を ほうこく した 。 せいぞうぎょう の きゅうよん ねんど けいかく は ぜんねんど じっせき に くらべ 、 ぜろてんなな ぱーせんと げん と さん ねん れんぞく で げんしょう した 。 ( さんなないちはちさん )▽ きせい かんわ ようぼう は いちさんぜろぜろ こう め = ないがい から こうはんな リスト

ないかく ないせい しんぎ しつ と そうむちょう は さんぜろ にち 、 べいこく せいふ や おうしゅう れんごう ( EU ) 、 にっけいれん など ないがい の いちぜろよん せいふ ・ だんたい から ようきゅう の あった きせい かんわ の リスト を まとめた 。 かいがい から ゆにゅう を さまたげて いる しゅいん と ひはん さ れて いる きじゅん にんしょう ・ ゆにゅう かんれん を はじめ 、 ぜんたい の ようぼう すう は やく いちさんぜろぜろ こう め に のぼる など こうはんな ぶんや の かんわ を もとめて いる 。 ( さんなないちろくぜろ ▽ びぞう ながら に かげつ ぶり ぞうか = いちぜろ つき の しんせつ じゅうたく ちゃっこう こすう

けんせつしょう が さんぜろ にち に はっぴょう した いちぜろ つき の しんせつ じゅうたく ちゃっこう こすう は 、 ぜんねん どう つきごろ ぜろてんに ぱーせんと ぞう の いちさんまんよんはちごさん と と 、 に かげつ ぶり に ぞうか した 。 きゅう つき に おおきく げんしょう した もちいえ が やや もちなおした ため 、 ひきつづき こうちょうだった ぶんじょう じゅうたく に ささえ られ ぜんたい で は わずか ながら ぜんねん ひ プラス と なった 。 ( さんなないちよんに )▽ ご きめ しょう かんこう を みなおし = つうさん 、 せっか ぎょうかい が こんだん かい

つうさんしょう と みつびし かがく 、 あさひ かせい こうぎょう など せきゆ かがく メーカー おおて ろく しゃ は 、 せいひん かかく の あと きめ など ながねん の しょう かんこう を みなおす ため 「 しょう かんこう もんだい とう けんとう こんだん かい 」 を せっち 、 ほんかくてきな けんとう を はじめた 。 らいしゅん まで に けつろん を だす ほうしん 。 ( さんなないちいちなな ▽ KBS に たいし こうせい てつづき かいし = きょうと ちさい が けってい

イトマン じけん に からむ けいえい きき から 、 かいしゃ こう しょうぼう の てきよう を しんせい して いた きょうと し の きんき ほうそう ( KBS きょうと ) に ついて 、 きょうと ちさい は 「 さいけん の みこみ が ある 」 と はんだん 、 さんぜろ にち 、 こうせい てつづき の かいし を けってい した 。 KBS は さいけん へ むけ せいしきな スタート を きった かたち 。 ( さんななぜろごなな 、 さんななぜろろくご )▽ だつぜい ようぎ で あずき そうばし たいほ = かいしゃ めいぎ の しょとく にろくおく かくす

あずき の さきもの とりひき で えた しょとく やく にろくおく えん を かくし 、 ほうじんぜい やく いちぜろおく えん を だつぜい した と して 、 とうきょう ちけん とくそうぶ は さんぜろ にち ごぜん 、 ほうじん ぜいほう いはん の うたがい で 、 しょうひん さきもの とりひき かいしゃ 「 なか くらい しょうじ 」 しゃちょう なかた あつし ようぎしゃ を たいほ した 。 なかた ようぎしゃ は あずき そうば で すうじゅうおく えん から すうひゃくおく えん の とりひき を くりかえし 、 「 じょうしょう しょうぐん 」 と よばれた そうばし ( さんななぜろよんろく ▽ かいよう ちょうさ を ぎょきょう に もうしいれ = あし はま げんぱつ けいかく で なかべ でんりょく

なかべ でんりょく は さんぜろ にち ごぜん 、 みえ けん わたらい ぐん なんとう ちょう と となり の きせい ちょう の に ぎょきょう に たいし 、 りょう まち に けんせつ を よてい して いる あし はま げんぱつ けいかく で 、 ちゃっこう の ぜんてい と なる かいよう ちょうさ を もうしいれた 。 りょう ぎょきょう は ちかく りんじ そうかい を ひらき せいしきに どうい する ほうしん 。 けいかく こうひょう いらい 、 ちゃっこう の めど が たって い なかった あし はま げんぱつ けいかく は さんいち ねん ぶり に おおきな いっぽ を ふみだした 。 ( さんななぜろよんいち )▽ きせい かんわ さん ねん で だんこう を = にち べい けいざい だんたい が ようぼう

せいふ の ぎょうせい かいかく すいしん ほんぶ ( ほん ぶちょう ・ むらやま しゅしょう ) の だい さん かい かいごう が さんぜろ にち 、 しゅしょう かんてい で ひらか れ 、 けいだんれん の よねくら ふく かいちょう は せいふ が さくてい ちゅう の きせい かんわ ご かねん けいかく に ついて 「 ご ねんかん で きせい を はんげん して ほしい 」 と もとめ 、 ざいにち べいこく しょうこう かいぎしょ の ぼくや りじ は 「 ご ねん と いわ ず さん ねん で だんこう して ほしい 」 と けいかく の まえだおし じっし を つよく うながした 。 ( さんななぜろいちきゅう ▽ ぎょうかく いいん ご にん が ないてい = ねんない に ほっそく へ

にっぽん せいふ は さんぜろ にち 、 ぎょうせい かいかく の すいしん じょうきょう を かんし する しゅしょう の ちょくぞく きかん 「 ぎょうせい かいかく いいんかい 」 の いいん ご にん ぜんいん を ないてい した 。 せいふ は ねんない に どう い を ほっそく さ せる ほうしん 。 すでに きまって いた みつびしじゅうこうぎょう かいちょう の いいた よう たろう 、 けいざい ひょうろんか の たなか なおき 、 じちろう いいんちょう の ことう もりしげ 、 ひょうろんか の だい たく えいこ の かくし の ほか 、 「 じょうきん いいん 」 と して ぜん こくみん けいざい けんきゅう きょうかい かいちょう の たけなか かずお し を きよう する こと に なった 。 いいんちょう に は いいた し が しゅうにん する よてい 。 ( さんななぜろいちに )▽ ラウンド ほうあん を たいさ で かけつ = こめ かいん さいけつ 、 しょうてん じょういん に

【 わしんとん にきゅう にち きょうどう 】 べいこく の うるぐあい ・ ラウンド じっし ほうあん が にきゅう にち ごご 、 こめ かいん で さいけつ さ れ 、 さんせい にはちはち ひょう 、 はんたい いちよんろく ひょう と さんせい が はんたいの やく に ばい に たっする たいさ で つうか した 。 ( さんななぜろいちぜろ ▽ いち としなか ご に ジョンストン し = OECD そうちょう じんじ で だきょう

【 ぱり にきゅう にち きょうどう 】 けいざい きょうりょく かいはつ きこう ( OECD ) は にきゅう にち の りじかい で 、 すでに にんき きれ と なって いる ペイユ まえ じむ そうちょう が いち ねん はん ぞくとう し 、 そのご 、 かなだ の ドナルド ・ ジョンストン もと けいざい かいはつ そう が じむ そうちょう に せいしき しゅうにん する と の だきょう あん で いっち した 。 ジョンストン し の にんき は ご ねんかん 。 ( さんろくきゅうはちきゅう )▽ ビハチ に かこ さいだい の ほうげき = ぜんいき で イスラム こうげき きょうか か

【 べおぐらーど にきゅう にち きょうどう 】 サラエボ ほうそう に よる と 、 ぼすにあ の ビハチ で は にきゅう にち 、 きんこう の ソコラツ 、 ジェガル など に せるびあ ひと せいりょく から さんぜろぜろぜろ はつ の ほうだん が うちこま れ 、 ビハチ で の せんとう かいし いらい 、 もっとも はげしい こうげき に みまわ れた 。 せるびあ ひと がわ は ビハチ ちいき ぜんいき で 、 イスラム きょうと せいりょく かいめつ を めざした こうげき を きょうか して いる もよう だ 。 ( さんろくきゅうはちなな ) \ Nov \ 30 \ 1994 \ 07:55 \ \ ニュースハイライト てんに ( さんぜろ にち ) \

せいぞうぎょう 、 さん ねん れんぞく で げんしょう きゅうよん ねんど せつび とうし けいかく さんなないちはちさん きせい かんわ ようぼう は いちさんぜろぜろ こう め 1 ないがい から こうはんな リスト 1 さんなないちろくぜろ びぞう ながら に かげつ ぶり ぞうか 1 いちぜろ つき の しんせつ じゅうたく ちゃっこう こすう さんなないちよんに ご きめ しょう かんこう を みなおし 1 つうさん 、 せっか ぎょうかい が こんだん かい 1 さんなないちいちなな KBS に たいし こうせい てつづき かいし 1 きょうと ちさい が けってい さんななぜろごなな だつぜい ようぎ で あずき そうばし たいほ 1 かいしゃ めいぎ の しょとく にろくおく かくす さんななぜろよんろく かいよう ちょうさ を ぎょきょう に もうしいれ 1 あし はま げんぱつ けいかく で なかべ でんりょく 1 さんななぜろよんいち きせい かんわ さん ねん で だんこう を 1 にち べい けいざい だんたい が ようぼう 1 さんななぜろいちきゅう ぎょうかく いいん ご にん が ないてい 1 ねんない に ほっそく へ 1 さんななぜろいちに ラウンド ほうあん を たいさ で かけつ 1 こめ かいん さいけつ 、 しょうてん じょういん に 1 さんななぜろいちぜろいち としなか ご に ジョンストン し 1 OECD そうちょう じんじ で だきょう 1 さんろくきゅうはちきゅう ビハチ に かこ さいだい の ほうげき 1 ぜんいき で イスラム こうげき きょうか か 1 さんろくきゅうはちなな ( ちゅう ) JST ぜろはちぜろぜろ − いちななぜろぜろ の ニュース 1 \ Nov \ 30 \ 1994 \ 07:43 \ \ つきずえ よういん で きんり じょうしょう 1 とうきょう たんき きんゆう しきょう \

さんぜろ にち の たんき きんゆう しじょう は 、 つきずえ の しきん じゅよう を はいけい に きんり が ぜんぱん に じょうしょう した 。

ぎんこう かん しじょう の むたんぽ こーる よくじつもの は 、 まえび の ちゅうしん きんり より も いち ポイント ( ぜろてんぜろさんいちにご ぱーせんと ) たかい にてんきゅう / さんに ぱーせんと 。

にちぎん は この にち も ゆるめ の しきん ちょうせつ を つづけた が 、 つきずえ と あって とし ぎんこう など の しきん じゅよう は つよく 、 あさがた から きんり は きょう ふくんで すいい した 。 しじょう かんけいしゃ は 、 「 かぶか が いぜんと して ふあんていで 、 けいき かいふく の そくど も ゆるやかな ので きんり が きゅうそくに じょうしょう する と は かんがえ にくい 」 ( と ぎん ) と して おり 、 いちに つき いこう も にてんはち / さんに − にてんきゅう / さんに ぱーせんと で の すいい を よそう して いる 。

オープン しじょう の じょうとせいよきん ( CD ) みやこ ぎん しん はつ さん かげつ もの は 、 にてんさんよん ぱーせんと の うり けはい の まま であわ ず 。 どう いち かげつ もの と に かげつ もの は それぞれ ぜろてんぜろいち ぱーせんと じょうしょう し 、 ともに にてんさんろく ぱーせんと と なった 。 1

ユーロえん きんり さきもの さん かげつ もの は 、 こはば ぞくしん ( きんり は ていか ) した 。 あさがた は えんやす と かぶしき そうば の じょうしょう を はいけい に なんちょうだった が 、 ごご はっぴょう さ れた 「 いちぜろ つき の あらがね こうぎょう せいさん そくほう が ぜん つきごろ マイナス に なって しじょう の よそう を したまわった 」 ( しんたく ぎん ) の を うけて きゅうそくに かいもどさ れた 。 ちゅうしん げんげつ の きゅうご ねん ろく つき きりは まえ ひび ぜろてんぜろに ぱーせんと ひくい にてんはちろく ぱーせんと 。

にっぽん えん TIBOR ( J レート 、 キャッシュ ) ろく かげつ もの は ぜろてんぜろぜろろくよんさん ぱーせんと たかい にてんごさんにろくはち ぱーせんと 。 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 07:46 \ \ おおま げんぱつ ちゃっこう を いち ねん えんき 1 ようち ばいしゅう の おくれ など で \

でんげん かいはつ は にきゅう にち 、 あおもり けん しもきた ぐん おおま ちょう に けんせつ を けいかく ちゅう の おおま げんしりょく はつでんしょ に ついて 、 けいかく ぜんたい を いち ねん えんき する こと を きめた 。 ようち ばいしゅう が しゅうりょう して い ない うえ 、 いちぜろ ねん まえ に じっし した かんきょう えいきょう ちょうさ を やりなおして いる ため 。 えんき は はちご ねん に けいかく が けってい して から はち かい め 。

あらたな スケジュール は 、 でんげん かいはつ ちょうせい しんぎかい へ の けいかく じょうてい が いちきゅうきゅうご ねん いちに つき 、 けんせつ ちゃっこう が きゅうはち ねん よん つき 、 うんてん かいし が にぜろぜろよん ねん さん つき 。

おおま げんぱつ は しゅつりょく ろくぜろまんろくぜろぜろぜろ キロワツト で 、 じゅうらい かた より も こうりつ よく ねんりょう を もやせる しんがた てんかんろ ( ATR ) の じっしょう ろ 。 ウラン と プルトニウム の こんごう さんかぶつ ねんりょう ( MOX ) を もやす 。 けんせつ ひ は けいかく けってい とうじ の ためしざん で さんきゅうろくぜろおく えん 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 07:43 \ \ ミニストップ が かいがい てんかい 1 じゃすこ の こがいしゃ \

じゃすこ の こがいしゃ の ミニストップ は にきゅう にち 、 ふぃりぴん の MCA しゃ ( ほんしゃ ケソン し ) に たいし 、 コンビニエンス じぎょう で ぎじゅつ しえん する こと で ごうい した と はっぴょう した 。

MCA しゃ さんか の AMA ・ コンピューター ・ カレッジ しゃ が 、 がっこう うんえい の ほか ビデオ や ハンバーガー の チェーン みせ てんかい を して おり 、 こんご ミニストップ の とくちょう である ファストフード を くみあわせた コンビニ てんかい を すすめる 。

ミニストップ の かいがい で の エリア ・ フランチャイズ けいやく は かんこく に つづき に かこく め 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 07:41 \ \ じゅうき はんざい で とくべつ たいさく ほんぶ 1 はっぽう ぞくはつ で おおさか ふけい \

たはつ する はっぽう じけん に たいおう し 、 じゅうき の てきはつ きょうか と じゅうき を つかった はんざい の そうき かいけつ を はかる ため 、 おおさか ふけい は にきゅう にち 、 まえた けんじ ほん ぶちょう を たいさく ほん ぶちょう と する 「 けんじゅう じはん とくべつ たいさく ほんぶ 」 を せっち した 。

どう ほんぶ は せいかつ あんぜん 、 けいじ など どう ふけい ほんぶ の かく ぶちょう や さんじかん など の かんぶ で こうせい 。 かくぶ かん の じょうほう こうかん を かっぱつに し 、 れんけい を きょうか する の が ねらい で 、 いちに つき じょうじゅん に も いち かい め の かいぎ を ひらく 。

また 、 ねんまつ を ひかえて いる ため 、 いちぜろ 、 いちいち つき の じゅうき とりしまり げっかん を さらに えんちょう し 、 きんゆう きかん に たいする がんどう じけん の よぼう ・ けいかい も とくべつ たいさく の じゅうてん に おく 。

おおさか し ちゅうおう く の どう ほんぶ で どうじつ ひらか れた しょちょう かいぎ で 、 まえた ほん ぶちょう は 「 いちいち つき に はいり わずかの あいだ に ろく けん も の はっぽう じけん が おき 、 しみん に じゅうこう が むけ られる など ちあん の こんかん に かかわる きわめて ゆうりょ す べき じたい 。 とりしまり を いっそう きょうか して ほしい 」 と くんじ した 。

じゅうき たいさく に ついて は 、 むらやま しゅしょう や のなか こっか こうあん いいんちょう ( じちしょう ) 、 くにまつ けいさつちょう ちょうかん が どうにち 、 「 じゅうき はんざい たいさく かんけい かくりょう かいごう 」 など で てきはつ の てってい を さししめして いる 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 07:41 \ \ せいこう の かぎ は コネ づくり 1 ちゅうごく しんしゅつ の なか しょうきぎょう \

ちゅうごく に しんしゅつ して いる なか しょうきぎょう を たいしょう に ていこく データバンク が にきゅう にち まとめた アンケート ちょうさ に よる と 、 げんち で せいこう して いる きぎょう ほど ちゅうごく せいふ や し とうきょく の ようじん と の コネ を じゅうし して いる こと が あきらかに なった 。

ちょうさ は どうしゃ が ちゅうごく に しんしゅつ して いる ぜんこく の ちゅうけん ・ なか しょうきぎょう の うち いちぜろろく しゃ を えらびだし 、 いちぜろ つき じてん で じっし した 。 たいしょう きぎょう の うち ろくにてんぜろ ぱーせんと と はんぶん いじょう が ようじん と の コネ を かくほ 。 とくに 「 しんしゅつ して せいこう だった 」 と じこ ひょうか して いる きぎょう で は よんぜろ しゃ の うち さんいち しゃ と はち わり ちかく が 、 ようじん と の コネ を もって いる 。 ていこく データバンク は 「 コネ づくり が せいこう と むすびついて いる しょうこ 」 と ぶんせき して いる 。 1

この ほか しんしゅつ きぎょう が げんち で かかえる もんだい ( ちょうふく かいとう ) で は げんち の ほうき ・ せいど が よんさんてんよん ぱーせんと と もっとも おおく 、 せいさん ・ ひんしつ かんり ( よんぜろてんろく ぱーせんと ) 、 ぶひん や しざい の ちょうたつ ( さんきゅうてんろく ぱーせんと ) 、 しょひ よう ・ ぶっか の こうとう ( さんさんてんぜろ ぱーせんと ) など が つづいて いる 。 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 07:39 \ \ ちほう の ちゅうおう はなれ きびしく ひはん 1 じんみん にっぽう ひょうろん いん ろんぶん \

【 ぺきん にきゅう にち きょうどう 】 ちゅうごく きょうさんとう きかんし じんみん にっぽう は にきゅう にち 、 「 こっか の せいじ の ちゅうしん は とう ちゅうおう であり 、 ちほう は ちゅうおう の でさき である 」 と してき 、 ちほう せいふ や とう そしき の ちゅうおう はなれ を きびしく ひはん する と ともに 、 ちほう に たいし ちゅうおう の せいさく へ の ふくじゅう を もとめた ひょうろん いん ろんぶん を いちめん トップ に けいさい した 。

ちゅうごく は に かげつ まえ に ひらか れた だい よん かい とうちゅうおういいんかい そうかい ( よん なか そうかい ) コミュニケ でも 「 ちほう の なか に は ちゅうおう の めいれい を じっこう し ない ところ も ある 」 と ちほう の めんじゅう ふくはい ぶり を ひはん した が 、 こんかい の ろんぴょう は いっそう きびしい ひょうげん で ちゅうおう の けんい かくりつ の ひつようせい を うったえて いる 。

これ は ポストトウ おびら ときよ の せっきん に つれ 、 ちゅうおう の きゅうしんりょく が よわまり 、 ちほう の じりつ か けいこう が しんこく か して いる こと を しめして おり 、 ちほう の どうこう を どう コントロール する か は こう たくみん しどう ぶ に とって じゅうだいな かだい と なって きた 。 1

「 ちゅうおう の けんい を みずから ようご しよう 」 と だいした どう ろんぴょう で は 、 「 ちゅうおう と ちほう と は それぞれ どくりつ した に つ の ぶぶん で は なく 、 ちゅうしん は とう ちゅうおう である 」 と してき し 、 いちぶ の ちほう に どくりつ てきな けいこう が ある こと を しさ 1 。 さらに 、 ちほう せいふ や とう そしき の きのう は ちゅうおう の だい ほうしん と ちほう の げんじつ と を むすびつけ 、 こっか はってん の もくひょう を じつげん さ せる こと に ある と きょうちょう し 、 ぶんさん しゅぎ や ちほう しゅぎ に はんたい する よう もとめた 。

ぐたいてきな ちほう の ふ ふくじゅう ぶり に ついて ろんぴょう で は げんきゅう して い ない が 、 たとえば 、 けいざい せいちょう よくせい の ため に ちゅうおう が とうし や ゆうし の ひきしめ を さししめして も 、 ちほう は みずから の ちいき を はってん さ せ たい ため に しじ に したがわ ず 、 くに ぜんたい と して マクロ かんり の こうか が あらわれる など の じたい が おきて いる 。 1

ろんぴょう は また 、 いちぶ の ぶもん や きかん は こっか の せいさく に たいし 、 「 じょうきょう が とくしゅだ と いう りゆう で じんりょく し なかったり 、 いいかげんに あしらったり 、 せいさく が ある なら こちら に は たいさく が ある 」 など の たいど を とって いる と めんじゅう ふくはい ぶり を ひはん して いる 。 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 08:17 \ \ ゆうりょう か して も ごみ へら ない 1 なかぎょう ぎん が しゅふ アンケート \

なかぎょう ぎんこう が にきゅう にち はっぴょう した しゅふ の ごみ もんだい へ の かんしん に ついて の アンケート ちょうさ に よる と 、 ごみ が ねんねん ふえて いる じじつ に たいし 、 「 ごみ しょり を ゆうりょう か して も ごみ の りょう は へら ない 」 と ゆうりょう か の こうか を ぎもん み する みかた が ごさんてんぜろ ぱーせんと と かはんすう に たっした 。

ゆうりょう か で ごみ が 「 おおはばに へる と おもう 」 と こたえた の は ににてんはち ぱーせんと 、 「 すこし は へる 」 が によんてんぜろ ぱーせんと で 、 ゆうりょう か に よって 「 ふほう とうき が ふえる ので は 」 「 どうろ や あきち に こっそり すてる ひと が ふえて まち が きたなく なる ので は 」 と いう いけん も いちぶ に あった 。

ごみ の ゆうりょう か に 「 さんせい 」 と こたえた の は ななてんきゅう ぱーせんと 、 「 どちら か と いう と さんせい 」 は にいちてんなな ぱーせんと 。 「 はんたい 」 は いちろくてんぜろ ぱーせんと 、 「 どちら か と いう と はんたい 」 が よんぜろてんはち ぱーせんと だった 。 1

ゆうりょう か の ほうほう は 「 ごみ ふくろ の してい 」 が さんごてんなな ぱーせんと で トップ 。 「 いってい いじょう は りょう に おうじて しはらう 」 ( にごてんご ぱーせんと ) 「 せたい の にんじゅ に おうじ 、 むりょう わく を こえた もの は はらう 」 ( にぜろてんよん ぱーせんと ) が つづいた 。

なごや し ざいじゅう の どうぎょう の とりひきさき の しゅふ ろくさんぜろ にん を たいしょう に いちぜろ つき に ちょうさ 、 ごさんぜろ にん から かいとう を えた 。 1 \ Nov \ 30 \ 1994 \ 08:29 \ \ さんぜろ にち の ゆうかん から \

〈 いち めん トップ 〉▽ あさひ = ナタデココ に おどった まち 1 せい さんち ふぃりぴん の バブル ものがたり

ブーム は いっしゅん 1 おおぞん ・ よにげ … 「 にほんじん は いや だ 」▽ まいにち = せかい じょうほうもう じつげん へ ろく げんそく 1 GII こうそう 1 りょうきん や きせい 、 きょうつう

に 1 らいねん に つき じょうほう サミット で きょうぎ ▽ よみうり = ひちゃくしゅつし の そうぞく かくさ 1 とうきょう こうさい 、 ふたたび いけん はんだん 1 「 みんぽう あらため

せい 」 さきどり ▽ にっけい = ろっくふぇらー ざいだん 1 ちゅうごく に とうし かいしゃ せつりつ 1 こめ ねんきん に ききん

と くむ 1 しきん りゅうにゅう いちだん と 1

〈 そのた の いち めん じゅうよう ニュース 〉▽ あさひ = 「 こくさい けいじ さばき 」 せっち を 1 こくれん い けつぎ 1 せんそう はんざい も たいしょう ( よん )

ひちゃくしゅつし の そうぞく さべつ きてい 1 こうさい 、 ふたたび 「 いけん 」 ( よん ) 1 ラウンド

じっし ほうあん 1 こめ かいん 、 たいさ で かけつ ( よん )▽ まいにち = たんざにあ 1 にほんじん じょせい 、 じゅうしょう 1 こくれん なんみん じむしょ の くるま 、 じゅう

うち ( よん ) 1 ぼすにあ もんだい 1 ふんそう かいけつ へ しん へいわ かいぎ 1 こめ が ていあん へ

とうじしゃ 、 かんけい くに が さんか ( よこ よん )▽ よみうり = ウ ・ ラウンド ごうい ほうあん 1 こめ かいん 、 たいさ かけつ 1 ひじゅん は かくじつに

WTO ほっそく へ ぜんしん ( よん ) 1 ほうじん じょせい 、 じゅうげき で じゅうたい 1 たんざにあ N

GO メンバー ( ご ) 1 きんし やくぶつ ひ せいはんのう 1 ちゅうごく 、 じじつ みとめる 1 しん

はな しゃ はつ ほうどう 1 ごりん い が きゅうめい を しじ ( さん ▽ にっけい = ラウンド じっし ほうあん 1 こめ かいん 、 たいさ で かけつ 1 ねんない 、 ひじゅん へ いち

ふ 1 あす じょういん さいけつ ( よん ) 1 にち べい おう 1 い やくひん じょうほうもう を せいび 1 ふくさよう

データ など きょうゆう ( よん ) 1 たんざにあ 1 ほうじん じょせい うた れ ふしょう 1 ルワ

ンダ なんみん きゅうえん 1 NGO メンバー ( よん ) 1 OECD じむ きょくちょう 1 ペイ

ユ し が たんき ぞくとう 1 にんき いち ねん はん 1 こうにん ジョンストン し ( さん ) 1 けるびん B

S きょうと さいけん へ 1 きょうと ちさい こうせい てつづき かいし けってい ( さん )

〈 しゃかいめん トップ 〉▽ あさひ = せいじ ひょうろんか の じたく そうさく 1 いちおく えん の きょうかつ ようぎ 1 げんきん じゅじゅ に りっとる

ち あう 1 けいしちょう 1 グループ の ようぎ かため ▽ まいにち = うみ ガメ の てき 1 しめだし ます 1 遠 しゅう なだ かいがん に 「 くるま きんし くいき 」

「 さんらん ち まもれ 」 うったえ みのる 1 あす から じっし ▽ よみうり = “ ワル のり がいこくじん ” おうこう 1 じどう かいさつぐち を “ きょうこう とっぱ ” しゅうまつ

の よる 、 いちぜろぜろ にん いじょう も 1 JR えびす えき 1 どう 々 、 えきいん に ぼうこう も ▽ にっけい = しゅはん かく もと くみ かんぶ に ななごぜろぜろまん えん 1 まつお きょうりょう きょうかつ 1 いちおく えん やく 1 わりに おうじ ぶんぱい 1 “ おどし やく ” の ようぎしゃ は いちぜろぜろぜろまん えん 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 08:14 \ \ のさき さんぎょう しゃちょう に たかつ し 1 なかむら しゃちょう は そうだんやく に \

ちゅうけん しょうしゃ の のさき さんぎょう は にきゅう にち 、 なかむら ゆうじろう しゃちょう が そうだんやく に しりぞき 、 こうにん に たかつ ひろし し じょうむ が しゃちょう に しょうかく する じんじ を けってい した と はっぴょう した 。 しゅうにん は らいねん いち つき よん にち 。

しゅりょく の しょくひん ぶもん など の おちこみ で ぎょうせき が ていめい する なか 、 コスト さくげん の ため の そしき かいかく を じっし した の に あわせて 、 けいえい じん の わかがえり を はかる 。

たかつ 1 ひろし し し ( こう づ ・ ひ ろし ) かんさい がくいん だい けいざい がくぶ そつ 。 あきかず さんはち ねん のさき さんぎょう に はいり 、 とりしまりやく を へて へいせい ご ねん ろく つき から じょうむ 。 ごさん さい 。 ひょうご けん しゅっしん 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 08:14 \ \ かんばつ で いなさく に だげき 1 かんぼじあ \

【 ぷのんぺん にきゅう にち きょうどう 】 かんぼじあ の タオ ・ センフオ のうりんすいさん そう は にきゅう にち 、 しゅうかく き を ひかえた いなさく の かんばつ ひがい が ぜんこく で しんこく か 、 すくなくとも すいでん の いち わり いじょう に あたる にさんまん へくたーる で しゅうかく が みこめ ない こと を あきらかに した 。 せいふ は きゅうすい ポンプ の きんきゅう はいふ を はじめて おり 、 かっこく に も えんじょ を もとめる と いう 。

また ロイ ・ シム ・ チェン こっかい だいいち ふくぎちょう は どうにち 、 かく ぎいん が じもと の かんばつ たいさく に せんねん できる よう こっかい を きゅうかい に する と せんげん した 。

どうこく で は せんげつ から かんき に はいった こんげつ に かけ こうう が すくなく 、 すいでん が ひあがって いる ちいき が おおい 。 こめどころ の せいぶ バタンバン しゅう で は 、 すいでん の はんぶん いじょう が こうはい する おそれ が ある と つたえ られて いる 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 08:13 \ \ おがさはら 1 みのり し しきょ 1 ふこく せいめい ほけん もと じょうむ \

おがさはら みのり し ( おが さわら ・ みのる = ふこく せいめい ほけん もと じょうむ ) にきゅう にち ごぜん いち じ いちぜろ ふん 、 きゅうせい じゅんかん ふぜん の ため とうきょう と せたがや く の くがやま びょういん で しきょ 、 ななはち さい 。 とうきょう と しゅっしん 。 じたく は せたがや く きゅうでん いち − ろく − いちいち 。 そうぎ ・ こくべつしき は いちに つき に にち ごぜん いちぜろ じ から とうきょう と ふちゅう し たま ちょう に − いち − いち 、 たま はふり さいじょう にっか さいじょう で 。 もしゅ は つま ゆりこ ( ゆり こ ) さん 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 08:13 \ \ らいねん 、 ひきしめ を きょうか 1 ちゅうごく 、 けいざい かいぎ が かいかい \

【 ほんこん にきゅう にち きょうどう 】 にきゅう ひづけ の ほんこん かみ めい ほう が ぺきん の しょうそくすじ の はなし と して つたえた ところ に よる と 、 らいねん の けいざい せいさく に ついて とうぎ する ちゅうごく の ぜんこく けいざい こうさく かいぎ が にはち にち から さん にちかん の にってい で ぺきん で はじまった 。 かいぎ で は らいねん の さい じゅうてん かだい を インフレ よくせい と し 、 ひきしめ せいさく の きょうか を きめる 。

ぜんこく の しょう ちょう 、 とう い しょき ら を あつめた かいぎ で は 、 にはち にち ごぜん に こう たくみん そうしょき が かいかい あいさつ 、 ごご に は すもも おおとり しゅしょう が えんぜつ を おこない 、 にきゅう 、 さんぜろ りょうじつ は ぶんか かい ほうしき で とうぎ 、 さいごに しゅ 鎔 もと ふく しゅしょう が そうかつ えんぜつ を おこなう 。

ことし の ちゅうごく の もくひょう は けいざい せいちょうりつ を きゅう ぱーせんと 、 こうり ぶっか じょうしょう りつ を いちぜろ ぱーせんと いない と して いた が 、 せいちょうりつ が いちいちてんご ぱーせんと に たっする いっぽう 、 ぶっか じょうしょう りつ は いちきゅうてんご ぱーせんと に のぼる みとおし と なって いる 。 1

この ため かいぎ で は 、 ぎんこう ゆうし を きびしく よくせい する と どうじに 、 ちほう せいふ の ゆきすぎた こうきょう とうし の ぞうだい を おさえる こと を けってい する こと に なって いる が 、 せいちょう を ついきゅう する ちほう せいふ の しどう しゃ から いろん が でる かのうせい も ある 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 08:12 \ \ ぶっか けんねん で ぜんはん は どるやす か 1 こめ せんもんか が らいねん の みとおし \

【 にゅーよーく にきゅう にち AP ・ DJ = きょうどう 】 べいこく の がいこく かわせ アナリスト に よる と 、 らいねん の ドルそうば は 、 ねづよい インフレけねん と ひきつづき おおはばな けいじょう しゅうし の あかじ の ため 、 ねんあけ はやばや は さげ あつりょく を うけ そうだ が 、 これ ら の もんだい が かいけつ すれば 、 そのご かいふく する かのうせい も ある と いう 。

「 ドルそうば の けいこう は ちゅうき てきに は したむき だ 」 と かたる チェース ・ まんはったん の くりす ・ イゴー し は 、 すくなくとも こんご に 、 さん かげつ は インフレけねん が こめ きんゆう しじょう を おおい 、 けいじょう しゅうし の あかじ に あらわれる じぞく てきな しきん の りゅうしゅつ で ドル うり あつりょく は つよまる だろう と してき する 。 1

らいねん の ドル ・ えんそうば に とって とくに やっかいな の は べいこく の たい にち ぼうえき あかじ と み られる 。 メリルリンチ の まいける ・ ローゼンバーグ し は 「 きほんてきに ドル は たい えん で げらく する と おもう 」 と し 、 らい ねんまつ まで に ドル は いち どる = きゅうに えん まで さげ 、 そのご すう ねんかん も さげ つづける と よそう する 。 「 ( ドルそうば は ) まるで そこなし の あな の ようだ 」 と いう 。

こめ れんぽう じゅんび せいど りじかい ( FRB ) の ドルかい かいにゅう と ごうけい ぜろてんななご ぱーせんと の りあげ で ドルそうば は やすね から もちなおした もの の 、 ほとんど の アナリスト は 、 FRB の そち が ドル の ちょうき てきな けいこう を かえる に は いたって い ない と みて いる 。 チェース の イゴー し は 「 FRB の ( りあげ ) そち が じゅうぶんだ と は おもわ ない 。 もっと りあげ が ひつようだ 」 と いう 。 1

いちぶ に は FRB が こんご インフレ を おさえ こむ ため せっきょくてきな りあげ を じっし でき ない ので は 、 と いった けんねん も ある 。 らいねん いち つき いち にち で こめ れんぽう こうかい しじょう いいんかい ( FOMC ) で とうひょう けん を もつ メンバー が いちぶ いれかわり 、 インフレ に たいして おんけんな メンバー が ふえる こと で 、 インフレ に ひ を つける かのうせい が ある と いう 。 I ・ D ・ E ・ A の じょうせき つうか ストラテジスト 、 エイミー ・ すみす し は 、 インフレけねん で ドル は らいねん ちゅう に きゅういち えん 、 たい マルク で いちてんよんさんぜろぜろ まるく ぜんご まで おちこむ と よそう して いる 。

もう いち つ ドル やすざいりょう と なる かのうせい が ある の が 、 きょうわとう の じょうか りょういん かはんすう かくとく と いう さいきん の ちゅうかん せんきょ けっか だ 。 アナリスト は 、 きょうわとう の かつとし で くりんとん だいとうりょう の とち かいはつ ・ ふせい ゆうし ぎわく ( ホワイトウォーター ぎわく ) など の もんだい で こうちょうかい の かいさい が ふえ 、 だいとうりょう を こんわく さ せる ような じたい も おこり うる と みて いる 。 1

しかし 、 もっと じゅうような の は 、 だいとうりょう と ぎかい の たいりつ で 、 ざいせい あかじ さくげん の うごき が きき に ひんする かも しれ ない てん だ 。 チェース ・ まんはったん の イゴー し は 「 ざいせい あかじ ぞうか が つづけば 、 こめ こくさい しじょう が きょうこう を きたす おそれ が ある 」 と してき する 。 こめ こくさい げらく は どるやす よういん に なる と み られて いる 。

いっぽう こうした よわき みとおし と たいしょうてきな の が ベア ・ スターンズ の しゅにん エコノミスト の ウェイン ・ エンジェル し ( もと FRB りじ ) の けんかい だ 。 どうし は 「 ドル の とうし きかい 」 と だいした さいきん の レポート で 、 いちいち つき いちご にち に じっし さ れた よそう いじょう の おおはば りあげ を うけて ドルそうば の きちょう は はんてん した と し 、 こくさい とうし か が べいこく しさん へ の しんらい を かいふく する の に ともなって こんご いち ねん はん の あいだ に ドル が いちぜろ ぱーせんと ていど じょうしょう する かのうせい が ある と よそう した 。 「 ぜろてんななご ぱーせんと の りあげ は グリーンスパン ( FRB ぎちょう ) に さからう な と いう しじょう へ の けいこく であり 、 ドル に さからう な と の けいこく に も なり うる 」 と いう 。

また ドル は らいねん 、 とくに べいこく の ぼうだいな たい にち ぼうえき あかじ が しゅくしょう する ちょうこう が みえれば 、 はんぱつ する と の みかた も ある 。 にち べい りょうこく が にっぽん の じどうしゃ ・ どう ぶひん しじょう あけはなし に ごうい すれば 、 ドル かいあげ の りゆう に なる と いう 。 ヘルメス ・ キャピタル ・ マネジメント の マーク ・ コーエン せんむ は 「 ぼうえき もんだい が しんてん する に つれ 、 ドル は いちにぜろ えん に むけて もどり ほちょう に なる かのうせい が ある 」 と のべた 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 08:11 \ \ じょうほう すくなく はんめい は いち にん だけ 1 こじ ほうにち ちょうさ 、 こうはん に \

ほうにち ちゅう の ちゅうごくざんりゅうにほんじんこじ いっこう は にきゅう にち ごご 、 に にちかん の かんさい りょこう を おえ 、 しんかんせん で とうきょう に もどった 。 どうにち よる 、 こうせい だいじん しゅさい の こんだん かい に しゅっせき する 。

いちご にちかん の ほうにち ちょうさ は ぜんはん の にってい を おえた が 、 こじ の みもと はんめい に つながる じょうほう は きょくたんに すくない 。 これ まで に こじ さんろく にん の うち よん にん が たいめん ちょうさ に のぞみ 、 みもと が はんめい した の は ふくしま し の むしょく たかはし ぜん たもつ さん ( ななきゅう ) の おい 、 たかはし み さん と わかった てい こうこく さん = すいてい ( ごぜろ ) = の いち にん だけ 。 たの さん にん は けつえき かんてい の けっか まち だ 。

どうように じょうほう の すくなかった さくねん あき の ちょうさ で は 、 ぜんはん を おえた じてん で こじ さんに にん の うち よん にん の みもと が はんめい 、 けつえき かんてい に けつろん を もちこした の は に にん と なって いた 。 さいしゅうてきに は ご にん の みもと が わかり 、 はんめい りつ は いちごてんろく ぱーせんと だった 。 1

これ に たいして こんかい は 、 このまま で は はんめい りつ が ひとけた だい に おちこむ かのうせい が おおきい 。 こうせいしょう は どくじに データ を しょうごう 、 べつり じょうきょう など が にて いる ひと を さがす いっぽう 、 さんぜろ にち ごぜん 、 み はんめい の こじ さんご にん に ついて さいど の めんせつ ちょうさ を じっし 、 こじ の はなし を きいて かず すくない てがかり を ひろいあげる 。

にくしん さがし に ついて の じょうほう は こうせいしょう こくりつ せいしょうねん センター じょうほう せんよう でんわ ぜろさん ( さんよんはちいち ) よんにはちはち まで 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 08:08 \ \ みつびしじゅうこう きょうかつ みすい で きそ 1 やまぐち くみ けい かんぶ ら ろく にん \

みつびしじゅうこうぎょう へ の きょうかつ みすい じけん で 、 とうきょう ちけん は にきゅう にち 、 きょうかつ みすい の つみで 、 もと してい ぼうりょくだん やまぐち くみ けい かんぶ おかた あきら ( ごいち ) 、 してい ぼうりょくだん すみよし かい けい にしい かい かんぶ やまさき ぶんてん ( ごいち ) ら ろく ようぎしゃ を きそ した 。

ぜんいん 、 きそ じじつ を みとめて いる と いう 。

きそじょう に よる と 、 おかた ひこく ら は へいせい さん ねん いちいち つき ごろ 、 みつびしじゅうこう の かんぶ を とない の じむしょ に よびつけ 、 どうしゃ ら きょうりょう かいしゃ で つくる だんたい 「 もみじ かい 」 など が だんごう して いた と する しりょう を しめして 「 こうひょう さ れたら たいへんな こと に なる ぞ 」 など と きょうはく 。 翌 いちに つき から よん ねん に つき ごろ に かけ 「 きしゃ は そしき てき だんごう の ちゅうしん 。 もくさつ する なら 、 けいじ こくそ したり 、 マスコミ を つうじて ばくろ する 」 と かいた ぶんしょ を おくりつける など して げんきん を おどしとろう と した 。 1

この ほか おかた ひこく ら は 、 おおさか しない の おおて きょうりょう かいしゃ から げんきん いちおく えん を おどしとった うたがい も あり 、 けいしちょう で うらづけ そうさ を すすめて いる 。

きょうはん と して 、 ほか に たいほ さ れた かいしゃ やくいん ( ごきゅう ) ら さん にん に ついて は 、 どう ちけん は 「 かんよ の どあい が うすい 」 と して しょぶん ほりゅう で しゃくほう した 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 08:03 \ \ せつび とうし けいかく がく さんてんいちちょお えん 1 つうしん さんぎょう で ゆうせい が ちょうさ \

ゆうせいしょう が にきゅう にち まとめた 「 つうしん さんぎょう せつび とうし とう じったい ちょうさ 」 に よる と 、 NTT や KDD など の でんき つうしん じぎょう しゃ 、 NHK など の ほうそう じぎょう しゃ けい きゅうろくぜろ しゃ の いちきゅうきゅうよん ねんど の せつび とうし けいかく がく は さんちょおいちぜろぜろぜろおく えん ( たい ぜんねんど じっせき ひ にてんよん ぱーせんと ぞう ) に なった 。

この うち 、 でんき つうしん じぎょう しゃ の せつび とうし けいかく がく は 、 にちょおきゅうぜろぜろぜろおく えん ( よんてんいち ぱーせんと ぞう ) 、 ほうそう じぎょう しゃ は ににぜろぜろおく えん ( いちろくてんさん ぱーせんと げん ) だった 。 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 08:02 \ \ かんみん いったい の ぼうりょく ついほう うったえ 1 ぜんこく たいかい で むらやま しゅしょう \

けいさつちょう など が しゅさい する 「 ぜんこく ぼうりょく ついほう うんどう ちゅうおう たいかい 」 が にきゅう にち ごご 、 とうきょう と ちよだ く の はんぞうもん かいかん で ひらか れ 、 へいせい よん ねん の ぼうりょくだん たいさく ほう の しこう に ともない とどうふけん に もうけ られた ぼうりょく ついほう うんどう すいしん センター の かんけいしゃ ら やく いちろくぜろ にん が さんか 。 とうしょ 、 だいりにん の しゅっせき が よてい さ れて いた むらやま とみいち しゅしょう も すがた を みせた 。

むらやま しゅしょう は 「 きょうあくな じゅうき はんざい の たはつ と いう じたい を ぜん に して 、 こくみん の へいおんな にちじょう せいかつ など に じゅうだいな きょうい と そんがい を もたらす ぼうりょくだん を しゃかい から ついほう する こと こそ 、 ゆたかさ を じつげん する ため の だいいっぽ と なる と かくしん して いる 」 と のべ 、 かんみん いったい の ぼうりょく ついほう を うったえた 。 1

これ に さきだち けいさつちょう の くにまつ こうじ ちょうかん は 「 ぼう たい ほう しこう いらい 、 ぼうりょくだん の かつどう に は そうとうな せいやく が くわえ られて いる 」 と し ながら も 「 さいきん の きぎょう テロ や むさべつ はっぽう は しみん に しょうげき を あたえて いる 。 こんご と も ぼうりょくだん が そしきてきに かんり する たんじゅう てきはつ に じゅうてんてきに とりくむ が 、 けいさつ だけ で なく かくかい の ぼうりょくだん はいじょ に むけた はばひろい かつどう が ふかけつ 」 と あいさつ した 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 08:02 \ \ にしん も げんこく の うったえ もんぜんばらい 1 まるがり そしょう で おおさか こうさい \

ひょうご けん おの しない の しょうがく ろく ねんせい の だんじ ( いちに ) と りょうしん が 「 まるがり を さだめた こうそく は けんぽう いはん 」 と して 、 らいしゅん に にゅうがく を よてい して いる しりつ おの ちゅうがく の こうちょう と し きょうい を あいて に 、 こうそく の とりけし など を もとめた 「 まるがり そしょう 」 の こうそしん はんけつ が にきゅう にち 、 おおさか こうさい であった 。

しみず よしふみ さいばんちょう は 「 こうそく は せいと が まもる べき いっぱんてきな こころえ を しめす に とどまり 、 そしょう の たいしょう に は なら ない 」 と いち 審 と どうようの はんだん を しめし 、 うったえ を きゃっか した かんべ ちさい はんけつ を しじ 、 げんこく がわ の こうそ を ききゃく した 。 げんこく は じょうこく する ほうしん 。

はんけつ りゆう で しみず さいばんちょう は 「 こうそく の きてい は みなり など に ついて の きりつ の いち つ だ が 、 いはん した ばあい の しょぶん など ぐたいてきな けんり ぎむ を はっせい さ せる もの で は ない 」 と してき 、 そしょう の たいしょう と なる ぎょうせい しょぶん に あたる と の げんこく がわ しゅちょう を しりぞけた 。 1

また 、 げんこく がわ は 「 こう く の じょうきょう から どう ちゅうがっこう に しんがく し 、 じんけん など が しんがい さ れる の は かくじつ 」 と しゅちょう した が 、 はんけつ は 「 げんこく は どう ちゅうがっこう の ざいこう せい で は なく 、 にゅうがく が よてい さ れて いる せいと と いう たちば に すぎ ない 」 と のべ 、 こうそく の とりけし など を もとめる ほうりつ じょう の りえき が ある と は いえ ない と してき した 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 08:02 \ \ バブルピーク じ から はんげん 1 じょうと しょとく の しんこく もれ \

こじん が とち や たてもの 、 かぶしき など の しさん を ゆずりわたして えた じょうと しょとく に たいする ぜいむ ちょうさ で 、 さくねん なな つき から ことし ろく つき まで の いち ねんかん ( へいせい ご じむ ねんど ) に みつかった しんこく もれ がく は ごろくきゅうはちおく えん と 、 バブル の えいきょう で ピーク と なった へいせい いち じむ ねんど ( きゅうきゅういちよんおく えん ) の はんぶん ていど に へった こと が にきゅう にち 、 こくぜいちょう の まとめ で わかった 。

ぜん じむ ねんど に くらべて も にはちてんに ぱーせんと げん と 、 かこ さいだい の さげ はば と なった 。 ちか げらく や とち とりひき ていめい が つづいた の が おもな りゆう 。

じょうと しょとく の しんこく もれ は バブル の “ しょうちょう ” と いえ 、 へいせい いち じむ ねんど いこう 、 ねんねん げんしょう して おり 、 バブル き まえ の あきかず ろくに じむ ねんど ( ろくごよんよんおく えん ) 、 ろくいち じむ ねんど ( よんよんななはちおく えん ) の すいじゅん に もどった 。 1

ぜいむ ちょうさ は へいせい よん ねん ふん の かくてい しんこく を ちゅうしん に 、 ないよう に ぎもん が あった ケース など さんまんよんさんはちなな にん を たいしょう に じっし 。 にまんよんごいちろく にん から しんこく もれ が みつかった 。 たいはん は とち 、 たてもの の じょうと を めぐる もの だった 。

うち けいり そうさ など に よる いと てきな しょとく かくし は さんよんにはち にん で 、 しょとく かくし がく は ぜん じむ ねんど ひ ににてんいち ぱーせんと げん の よんぜろごおく えん だった 。

しょとく かくし の きんがく など は へった もの の てぐち は こうみょう か 。 ちば けん の かいしゃ やくいん の ばあい 、 ふどうさん かいしゃ に とち 、 たてもの を ゆずりわたした さい 、 ふどうさん かいしゃ を さいけんしゃ 、 じぶん が じじつ じょう けいえい する かいしゃ を さいむしゃ 、 じぶん を れんたい ほしょうにん と する かくうの きんせん しょうひ たいしゃく けいやくしょ を さくせい 。

かいしゃ が はさん と いつわり 、 ふどうさん かいしゃ に たいし じぶん が かわり に とち 、 たてもの で へんさい した と して 、 じょうと しょとく が なかった こと に なる ほしょう さいむ の とくれい を あくよう 。 いちおくろくごいちはちまん えん の しょとく を いちぜろぜろぜろまん えん に あっしゅく し 、 じゅうかさんぜい を ふくめ よんごさんごまん えん を ついちょう さ れた 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 08:01 \ \ さんぜろ にち から よとう ヒアリング 1 きゅうご ねんど よさん へんせい \

れんりつ よとう は にきゅう にち の いんない そうむかい で 、 いちきゅうきゅうご ねんど よさん へんせい に かんれん し 、 よとう ない の 「 かく しょうちょう べつ ちょうせい かいぎ 」 に よる かくしょう から の ヒアリング を さんぜろ にち から かいし 、 いちに つき にご にち に よさんあん の かくぎ けってい を めざす と の せいさく ちょうせい かいぎ の ほうしん を りょうしょう した 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 08:00 \ \ おうしゅう きんゆう しじょう の しょうてん 1 とうきょう ぎんこう ろんどん してん = さいそう \

せんしゅう の こめ かぶ ・ さいけん しじょう の とくちょう は かぶ やすき ・ さいけん こう と いう デカップリング が けんちょに なり つつ あった てん である 。 このような うごき は ねんしょ き 、 はじめて みうけ られる げんしょう であり 、 その はいけい および かわせ そうば に あたえる えいきょう に ついて けんしょう して み たい 。

ねんしょ き の かわせ そうば の てんかい を ふりかえる と 、 べいこく を ちゅうしん と する せかいてきな けいき かいふく が ねんしょ の よそう を うわまわる スピード で すすんだ 。 しじょう は 、 インフレ さいねん の かげ に おびえ 、 どうよう を かくせ ない まま とわに ドル ・ さいけん うり と いう かたち で FED に よる ついか りあげ を さいそく して きた 。 その けっか わずか いちぜろ かげつ の あいだ に FF きんり は にごぜろ bp ひきあげ られ 、 その かてい で ちょうき きんり も いち ねん まえ の ごてんななご ぱーせんと を そこ と して おなじく にごぜろ bp ちかく じょうしょう した 。 いっぽう NY ダウ は FED に よる きゅうピッチの きんゆう ひきしめ に も かかわら ず 、 こうちょうな きぎょう ぎょうせき に ささえ られる かたち で 、 ことし よん つき の さんごごぜろ どる を そこ と して 、 ひかくてき あんてい して すいい して きた 。 1

このような いきさつ を へて おこった こんかい の NY ダウ の げらく に は 、 いか の ような はいけい が ある もの と すいそく さ れる 。

( いち ) じゅきゅう ・ かかく てきな もんだい = ねん はつ き の さいけん とうし に しっぱい した きおく も なまなましい とうし か が 、 かぶしき の じょうしょう ちから が とぼしい なか 、 きんり すいじゅん に くらべて わりだか かん の ある かぶしき に たいして 、 ねんまつ に むけた りえき かくほ の うごき に でた と して も ふしぎで は ない 。

また 、 かかく めん から みて も 、 ちょうき きんり が やく はち ぱーせんと 、 ダウ さんぜろ しゅ の りまわり が さん ぱーせんと いか である と いわ れる げんじょう を かんがえれば 、 かぶしき から さいけん へ の いちぶ ポートフォリオ くみかえ の うごき は しぜんな しきん の ながれ と も いえる 。

( に ) らいねん いこう の けいき の さき よみ FED の りあげ は 、 ななぜろ ねん だい の こう インフレ き に つぐ ハイペースだ が 、 その こうか は まだ けいき げんそく の かたち で あらわれて は い ない 。 1

しかし この ペース の りあげ が つづけば 、 らいねん いこう いずれ か の じてん で けいき の オーバーキル が しょうじ 、 きぎょう ぎょうせき に えいきょう を あたえる と の けんねん が いちぶ で は ある が しょうじ つつ ある 。 このような けいき の さき よみ が こんかい の ダウ きゅうらく を ひきおこし 、 いっぽう で しょうらい の きんり の ピークアウト ・ けいき げんそく きょくめん いり を みこした さいけん ラリー が 、 かぶ から さいけん へ の しきん シフト を もたらした もの と かんがえ られる 。

こんかい の かぶ やすき が こんご の かわせ そうば に あたえる えいきょう に ついて は 、 ことし よん つき の やすね である さんごごぜろ どる で かぶか が サポート さ れ 、 また べいこく ない で の かぶ から さいけん へ の きんゆう しさん の シフト のみ に とどまる なら 、 ほぼ ニュートラルな もの と なろう 。 ただし さんごごぜろ どる を おおきく わりこむ てんかい と なれば 、 たんき てきに は ドル に たいする ネガティブな よういん と みなさ れ 、 しんりてきに も ミニブラック ・ マンデー を おもいおこさ せる こと から 、 ドル うり が かそく する ケース も かんがえ られる 。 1

しかしながら 、 こじん とうし か に よる かぶ 、 ならびに かいがい とうしん の かいやく に ともなう べいこく はん しきん かんりゅう の けんねん も しょうじ 、 ぎゃくせつてきな ドルかい が いずれ おこる かのうせい も ある 。 また ねんしょ き 、 しじょう さんか しゃ に は とわに 「 けいき かねつ 、 インフレけねん 、 ドル うり さいけん うり 」 の シナリオ が あった わけで 、 それ が ここ に きて しょうらい の けいき げんそく の シナリオ を ねんとう に いれはじめた こと は ちゅうもく に あたいする 。 そして それ は ある いみ で りあげ こうか が いちぶ に しんとう し はじめた ちょうこう と も いえる 。 すなわち 、 りあげ こうか が もたらす インフレ の ちんせい か 、 けいき げんそく に ともなう ぼうえき しゅうし の かいぜん と いった ドル じょうしょう の ため の ぜんてい じょうけん の したじ が しょうらい てきに も できる と の きたい かん が しょうじ つつ あり 、 さいきん の 「 ドル じょうしょう ・ さいけん じょうしょう ・ かぶ げらく 」 も その みゃくらく で かんがえる ひつよう が あろう 。 ( とうきょう ぎんこう ろんどん してん じちょう 1 ないとう めい し ) 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 08:00 \ \ さんぎょう サービス で か かくさ が だい 1 つうさん の ないがい か かくさ ちょうさ \

つうさんしょう は にきゅう にち 、 こうざい や せきゆ かがく せいひん など きぎょう が さいしゅう せいひん を つくる とき の そざい ( ちゅうかん ざい ) や 、 ゆそう ひ など さんぎょう むけ サービス の ないがい か かくさ に ついて ちょうさ を まとめ 、 こうひょう した 。 そざい かかく は べいこく に くらべ いちてんいちよん ばい 、 サービス は いちてんろくさん ばい に たっする など 、 サービス ぶんや で の か かくさ が おおきい こと が わかった 。

ことし よん − きゅう つき き に ついて 、 そざい きゅういち ひんもく 、 サービス いちなな ひんもく を たいしょう に 、 きかん ちゅう の へいきん の かわせレート を もと に べいこく など ろく かこく ・ ちいき と ひかく した 。 どうじに 、 たいしょう と した ひんもく の かんけい ぎょうしゅ に も アンケート や ききとり ちょうさ を おこない 、 げんいん を ぶんせき して いる 。

それ に よる と 、 とくに うんゆ 、 ふどうさん 、 きんゆう ・ ほけん など の サービス は どいつ と ひかく する と いちてんななに ばい 、 かんこく と で は ごてんろくなな ばい に たっし 、 かかく さしがさ ら に おおきく なる の が とくちょう 。 「 じんけんひ の さ が おおきい 」 ( ぶっか たいさく か ) と み られ 、 こんご ますます さ が ひろがる かのうせい が おおきい 。

そざい を ひんもく べつ で みる と 、 べいこく 、 どいつ 、 かんこく と の ひかく で きょうつう して かくさ の おおきい の が せきゆ せいひん 、 でんりょく 、 ガス など の エネルギー 。 たい こめ で は にてんいち ばい 、 たい かんこく で いちてんはちさん ばい 、 たい どく でも いちてんごきゅう ばい と なって いる 。

ぎょうしゃ へ の ききとり ちょうさ で は 、 でんき じぎょう ほう で きてい する そうかつ げんか ほうしき ( りょうきん せいど ) や せきゆ もろ ぜい 、 かんぜい など の かくしゅ ほう きせい 、 ガス の けんしん ひんど が おおい こと など かじょう サービス が りょうきん を ひきあげて いる と の こえ が おおい 。

いっぽう 、 か かくさ に も かかわら ず くに さんぴん や サービス が りよう さ れる の は 、 ユーザー が こくない メーカー と の かんけい に はいりょ して じしゅ きせい して いる ため と も してき 。 ゆにゅう かくだい を そがい する と ちゅうこく して いる 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 08:44 \ \ マルク けんちょう 1 フランクフルト がいため しきょう \

【 フランクフルト にきゅう にち AP ・ DJ = きょうどう 】 にきゅう にち あさがた の フランクフルト がいこく かわせ しじょう の ドルそうば は 、 まえび に いちてんごろくななぜろ まるく の すいじゅん を とっぱ でき なかった こと から 、 マルク に たいして なんか して いる 。 にほんじかん ごご ご じ いちご ふん ( ぜろはちいちご GMT ) の たい マルク そうば は いち どる = いちてんごろくにご まるく 。 たい えんそうば は どう きゅうはち えん ろくぜろ せん 。

のるうぇー の こくみん とうひょう で どうこく の おうしゅう れんごう ( EU ) かめい が ひけつ さ れた ため 、 マルク は のるうぇー ・ クローネ など ほくおう つうか に たいして も けんちょう 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 08:43 \ \ かんこう きゃく ごひゃく にん を むりょう しゅくはく 1 ちゅうごく ふけ セン 、 ビザ めんじょ きねん で \

【 ほんこん にきゅう にち きょうどう 】 にきゅう ひづけ の ちゅうごく けい ほんこん かみ 、 ぶん 匯 ほう に よる と ちゅうごく かんとん しょう の ふけ セン し の いちりゅう ホテル いちご しゃ は 、 いちに つき いち にち から ほんこん けいゆ で どう しょう に はいる がいこくじん だんたい かんこう きゃく に かぎって さん にちかん の ビザ めんじょ を とうきょく が じっし する の を きねん 、 いち にち は さんぜろぜろ しつ ごぜろぜろ にん の しゅくはく を むりょう と する 。

ビザ めんじょ と なる の は 、 ふけ セン し してい の りょこう しゃ ろく しゃ が そしき する だんたい りょこう に かぎら れ 、 せんでん が ゆきとどいて い ない ため 、 いち にち に ほんこん を しゅっぱつ する の は さん だんたい 、 けい ろくぜろ よじん と なって いる 。

また いち にち の きねん ぎょうじ と して これ ら かんこう きゃく は 、 ばんり の ちょうじょう や てん やすき もん など ちゅうごく の めいしょ を ミニチュア か した こうえん 「 きんしゅう ちゅうか 」 や しょうすう みんぞく の ふうぞく を しょうかい する 「 みんぞく ぶんか むら 」 、 サファリパーク など が むりょう に なる と いう 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 08:41 \ \ ちゅうごく の かんきょう もんだい など で きょうりょく 1 にち べい じかん きゅう ぜんたい かいごう \

にち べい ほうかつ けいざい きょうぎ の うち エイズ や じんこう もんだい 、 ちきゅう かんきょう もんだい など で の にち べい きょうりょく を はなしあう 「 ちきゅう てき てんぼう に たった にち べい きょうりょく 」 の じかん きゅう ぜんたい かいごう が にきゅう にち 、 とうきょう ・ かすみがせき の がいむしょう で ひらか れ 、 にち べい りょう せいふ は ちゅうごく の かんきょう たいさく など で きょうりょく する こと で いっち した 。

かいぎ ご に きしゃ かいけん した ワース こめ こくむ じかん は 「 ちゅうごく は けいざい せいちょう が あまりに いちじるしい ため 、 かんきょう もんだい が しんこくだ 」 と してき 、 ちゅうごく の かんきょう たいさく で の にち べい きょうりょく に ついて き としはる ひらか れる じかい かいごう で きょうぎ する かんがえ を あきらかに した 。

かいぎ に は 、 にっぽん から はやし がいむしんぎかん 、 おかまつ つうさん しんぎ かん の ほか いちさん しょうちょう の たんとう しゃ 、 べいこく から こくむしょう など の かんけいしゃ が しゅっせき した 。 1

かいごう で は 、 らいねん いち つき に よてい さ れて いる にち べい しゅのう かいだん で きょうどう ほうこく しょ を まとめる こと を かくにん 。 じんこう 、 エイズ 、 こども の けんこう 、 まやく など の もんだい に ついて にち べい の とりくみ を いっそう きょうか し 、 とくに あじあたいへいようちいき を じゅうし して きょうりょく かんけい を つよめる こと で ごうい した 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 08:40 \ \ なとう の きれつ ふかまる 1 たい ぼすにあ せいさく で たいりつ \

【 ろんどん にきゅう にち きょうどう 】 ぼすにあ・へるつぇごびな もんだい へ の たいおう を めぐり きたたいせいようじょうやくきこう ( なとう ) かめいこく の えいこく 、 ふらんす と べいこく の あいだ で かつて ない ほど しんこくな たいりつ が しょうじ 、 とくに こめ はなぶさ かんけい は 「 どんぞこ 」 ( はなぶさ かみ タイムズ ) の じょうたい に なって いる 。

ぼすにあ もんだい を めぐって は 「 だいに の べとなむ か 」 を おそれて ちじょう ぐん を はけん せ ず 、 そら から の かんよ に げんてい して いる べいこく と 、 こくれん ぼうご ぐん に ちじょう ぶたい を はけん して へいわ いじ かつどう を てんかい する えいこく 、 ふらんす と の あいだ で せいさく じょう の たいりつ が つづいて きた 。 とくに べいこく が ぼすにあ へ の ぶき きんゆ かんし かつどう を いちに にち から いっぽうてきに ちゅうし した こと に たいする おうしゅう がわ の ふまん は つよい 。 1

この ふまん の ひだね に あぶら を そそいだ の が 、 どーる こめ じょういん きょうわとう いんない そうむ の はつげん 。 どーる ぎいん は こめ NBC テレビ の インタビュー で 、 ぼすにあ へ の くうばく きょうか を じゃま して いる の は えいこく と ふらんす だ と はげしく ひなん した 。

これ に たいし リフキンド はなぶさ こくぼう そう は 「 ちじょう ぐん を いっぺいそつ も はけん して い ない くに から そのような ひはん を うける いわれ は ない 」 と はげしい ちょうし で はんぱつ し 、 どーる ぎいん の はつげん を 「 はじ ずべ き こうい 」 と ひはん 。 また ハード はなぶさ がいしょう も 「 ばくげき を きょうか すれば せんきょう に えいきょう を あたえる と しんじる の は べいこく の むざんな げんそう である 」 と きめつけた 。

ふらんす も みってらん だいとうりょう と バラデュール しゅしょう が きょうどう で しょうみょう を はっぴょう し 、 ビハチ きんぺん で せんとう が げきか した の は 、 イスラム せいりょく へ の ぶき きんゆ かいじょ を はかる べいこく の せいさく に きいん する と あんに ひなん 、 くうばく を きょうか すれば せんとう は かえって かくだい し かね ない と べいこく に かみついた 。 1

ぼすにあ じょうせい を めぐる こめ おう の かくしつ は 、 ほぼ に ねん はん に わたる こくれん ぼうご ぐん の ちゅうりゅう に も かかわら ず ひたすらに かいけつ の めど が たた ない こと へ の せきにん の なすりつけ あい と いう いちめん も ある 。 さらに これ を き に 、 おうしゅう に おける べいこく の えいきょうりょく を ていか さ せ たい ふらんす と 、 せいさく に くいちがい が あって も べいこく の かく の かさ の いじ と おうしゅう ちゅうりゅう べいぐん の しゅくしょう を さけ たい えいこく の おもわく の ちがい も あり 、 なとう の あしなみ は とうめん 、 そろい そうに ない 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 08:40 \ \ とうさん 、 かいこ で くらし あっか 1 とうきょう と の せろん ちょうさ \

とうきょう と が にきゅう にち まとめた せろん ちょうさ で 、 くらしむき が くるしく なった ひと の わりあい は さくねん より げんしょう した もの の 、 くるしく なった りゆう と して とうさん や リストラ など ふきょう の えいきょう を あげる わりあい が ちょうさ かいし いらい さいこう と なって いる こと が わかった 。

ちょうさ は あきかず よんなな ねん いらい まいとし じっし して おり 、 ことし は なな つき から はち つき に かけて 、 とない に すむ なりと だんじょ さんぜろぜろぜろ にん を たいしょう に じっし 。 かいとう りつ は なないち ぱーせんと だった 。

それ に よる と 、 さくねん と ことし の くらしむき の へんげ に ついて は 「 くるしく なった 」 が さんいち ぱーせんと と さくねん より ろく ポイント げんしょう 。 「 かわら ない 」 は ろくいち ぱーせんと で 、 「 らくに なった 」 は さくねん と おなじ なな ぱーせんと だった 。 1

しかし 、 くるしく なった と こたえた ひと が あげた りゆう は 、 けいき かいふく の おくれ を はんえい して か 「 とうさん 、 けいえい ふしん 、 かいこ など ふきょう 」 が 、 なな ポイント ふえ よんさん ぱーせんと と トップ 。 ついで 「 かてい ない の じじょう で きょういくひ や いりょう ひ など の しゅっぴ が ふえた 」 ( さんなな ぱーせんと 、 さくねん より いち ポイント ぞう ) 、 「 ぶっか じょうしょう 」 ( いちご ぱーせんと 、 どう なな ポイント げんしょう ) の じゅん と なって いる 。

いっぽう 、 こんご の くらしむき に ついて は 「 くるしく なる 」 が よん ポイント げんしょう し にきゅう ぱーせんと で 、 「 らくに なる 」 が はち ぱーせんと 「 かわら ない 」 が ろくさん ぱーせんと だった 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 08:38 \ \ FT いちぜろぜろ しゅ さんはちごさんてんなな 1 ろくてんろく こう で はじまる \

【 ろんどん にきゅう にち AP ・ DJ = きょうどう 】 にきゅう にち の ろんどん かぶしき しじょう の FT いちぜろぜろ しゅ かぶか しすう は 、 ぜん ひび ろくてんろく ポイント こう の さんはちごさんてんなな で はじまった 。 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 08:35 \ \ うま と たづな を ひく ひと の はにわ 1 ろく せいき 、 きんき で うぶの かくにん \

なら けん ・ たわらもと ちょう やお の ささ ほこ やま に ごう 墳 ( えんぷん ) で 、 ろく せいき ぜんはん から なかごろ の もの と み られる はにわ ( はにわ ) かた が たいりょうに しゅつど 。 どう まち きょうい は はへん から たづな を ひく じんぶつ と うまがた の はにわ を に からだ ずつ ふくげん 、 にきゅう にち 、 かんけいしゃ に こうかい した 。

じんぶつ はにわ ( たかさ やく ろくぜろ せんち ) は ともに ひだりて を あげ 、 みぎて を さげた ポーズ 。 ひだり こぶし が なに か を にぎった ような かたち を して いる こと など から 「 うま を ひく ひと 」 の はにわ と わかった 。 かんとう の こふん で は ときおり しゅつど する が 、 きんき で は はっきり わかった れい は はじめて 。 うまがた はにわ と セット で つかわ れた らしい 。

に からだ の うまがた はにわ は けい ごぜろぜろ てん いじょう に われて いた が 、 ほとんど の はへん が さいしゅ さ れ 、 ばぐ や そうしょく を ふくめ さいぶ も すいてい に たよら ず ふくげん さ れた 。 ばそう の へんせん を けんきゅう する うえ で きちょうな しりょう に なる 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 08:33 \ \ ぐんじ ししゅつ は ご ねん で ひゃくおく どる 1 いらん \

【 てへらん にきゅう にち きょうどう 】 にきゅう ひづけ の いらん かみ ケイハン ・ インタナショナルに よる と 、 いらん かいぐん の モフタジ ふく しれいかん は この ほど こくえい いらん ほうそう に たいし 、 どうこく の ぐんじ ししゅつ は かこ ご ねんかん で けい いちぜろぜろおく どる だった と あきらかに した 。

ふく しれいかん は 、 さうじあらびあ は ことし だけ で いちさんきゅうおく どる の ぐんじ よさん を けいじょう して いる と し 、 それ と ひかく すれば いらん の ししゅつ は たがくで は ない と きょうちょう した 。 はなぶさ こくさい せんりゃく けんきゅうじょ はっこう の 「 ミリタリー ・ バランス 」 に よる と 、 いらん の ぐんじ ししゅつ は いちきゅうきゅういち ねん が やく ごはちおく どる 、 きゅうに ねん は へいき こうにゅう を じょがい した よさん ベース で いちはちおく どる 、 きゅうさん ねん は どう いちにおく どる と なって いる 。

ふく しれいかん は また 、 ぺるしゃわん で は どう かいぐん の かんてい よんぜろ せき が じょうじ 、 たこく の かんてい を かんし して いる と のべた 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 08:27 \ \ 「 うみ の にち 」 を あらたな しゅくじつ に 1 なな つき にぜろ にち 、 さらいねん から \

よとう さん とう は にきゅう にち ごご の せいさく ちょうせい かいぎ で 、 なな つき にぜろ にち を 「 うみ の にち 」 と して あらたな こくみん の しゅくじつ と する しゅくじつ ほう かいせい あん を ちかく 、 こっかい に ていしゅつ する こと を きめた 。 やとう 「 かいかく 」 も さんせい する ほうこう で 、 こん こっかい で せいりつ する みこみ 。 しこう にち に かんして は 、 しゅういん ないかく いいんかい りじかい など で きょうぎ する が 、 らいねん の カレンダー に まにあわ ない など の りゆう から さらいねん から の じっし が おおぜい だ 。

こんご の あらたな しゅくじつ せいてい へ の ぐたいてきな はどめ さく と して 、 この にち の せいさく ちょうせい かいぎ で は かっこく と ひかく して きょくたんに しゅくじつ が ふえ ない よう はいりょ する ほか ( いち ) こくみん せいかつ と の かかわり ( に ) こくさい かんけい ( さん ) かく げつ と の きんこう − − など に りゅうい する こと を りょうしょう した 。

この ほか しゃかいとう の ようせい に そって あいぬ しんぽう さくてい の ため の 「 あいぬ もんだい プロジェクトチーム 」 ( かしょう ) を せっち 、 ちかぢか に はつ かいごう を ひらく こと を せいしき けってい した 。 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 08:26 \ \ るいせき あかじ ごぜろぜろおく えん に 1 じしゅ うんよう で かん たもつ じぎょうだん \

ゆうせいしょう は にきゅう にち 、 かんい ほけん ふくし じぎょうだん の かん たもつ しきん の かぶしき など へ の じしゅ うんよう じぎょう で いちきゅうきゅうさん ねんど は よんぜろぜろおく えん ちかい そんしつ を だし 、 るいせき あかじ が ごぜろぜろおく えん ちかく に なる みとおし を あきらかに した 。 かぶしき しじょう など の ていめい で うんよう せいせき が あっか した の が げんいん で 、 に ねん れんぞく の あかじ と なり そう 。

うんよう は 、 かんい せいめい ほけん とくべつ かいけい が どう じぎょうだん に かん たもつ しきん を かしつけて 、 しんたく ぎんこう に うんよう を いたく する 「 たんどく うんよう してい きんせん しんたく ( してい ひとえ ) 」 の かたち を とって いる 。

じしゅ うんよう じぎょう の あかじ は 、 かぶしき が げらく した いちきゅうきゅうに ねんど に よんよんろくおく えん の けっそん を だした の が はじめて 。 この とき は 、 さんよんさんおく えん の じゅんびきん を とりくずし 、 のこり の いちぜろさんおく えん を くりこし けっそん と して かかえこんだ 。 1

どう しょう は 、 ほん ねんど から うんよう の しくみ を みなおし 、 ざい とう きじゅん きんり で どう じぎょうだん に かしつけて いた の を 、 より ひくい きんり で の かしつけ が できる ように して 、 どう じぎょうだん の ふたん を かるく した 。 どう じぎょうだん は 、 かん たもつ しきん の うんよう の ほか 、 かん たもつ かにゅう しゃ の ため に ほよう センター など の ふくし しせつ の せっち 、 うんえい を して いる 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 08:26 \ \ しょうエネ きき は けっか てきに とく 1 おんだん か ぼうし に も こうけん \

ソーラーシステム など しょうエネ きき は かかく が たかい ため に けいえん さ れ 、 ふきゅう が おくれて いる が 、 いちぜろ ねん いじょう の ながい め で みれば けっか てきに とく と なり 、 にさんかたんそ ( C ぜろに ) はいしゅつ りょう も ちきゅう おんだん か ぼうし じょうやく が もくひょう と する いちきゅうきゅうぜろ ねん レベル に おさえ られる と の ためしざん を こくりつ かんきょう けんきゅうじょ の すもも ひがしね きょうどう けんきゅう いん ら が まとめた 。 いばらき けん つくば し で ひらか れて いる かんきょう か がっかい で にきゅう にち 、 はっぴょう した 。

すもも けんきゅう いん ら は おんだん か ガス が きこう へんどう に あたえる えいきょう を さんてい する どう けんきゅうじょ の シミュレーションモデル を もちい 、 かてい や オフィスビル で つかう れいだんぼう や しょうめい が しょうエネ きき に かわる と 、 コスト と にぜろいちぜろ ねん じてん の CO に はいしゅつ りょう が どのように へんか する か しさん した 。 1

かてい で は 、 げんざい の まま で は にぜろいちぜろ ねん の CO に はいしゅつ りょう が いちきゅうきゅうぜろ ねん レベル の いちてんよん ばい に ふえる が 、 だんねつざい を つかう と さいしょ は かね が かかって も だんぼう ひ の せつやく に よって いちぜろ ねん ご に は けっか てきに とくに なり 、 CO に はいしゅつ りょう は やく ご ぱーせんと さくげん できた 。 かかく の たかい ソーラーシステム でも にぜろ ねん で げん が とれ 、 CO に はいしゅつ りょう が によん ぱーせんと げん って ほぼ きゅうぜろ ねん レベル に おさえ られた 。

また オフィスビル や デパート で は 、 いちぜろ ねん いじょう の ちょうき てきな してん で とうし すれば 、 でんりょく の 排 ねつ を きゅうとう など に こうりつ よく りよう できる 「 コジェネレーション 」 を どうにゅう して も 、 エネルギー だい の せつやく で とうし が かいしゅう でき 、 CO に はいしゅつ りょう も やく いちぜろ ぱーせんと さくげん 。 にご ねん で かいしゅう する こと を かんがえて こうかな せつび を つかえば 、 CO に はいしゅつ りょう は きゅうぜろ ねん と おなじ レベル に さがる こと が わかった 。 1

すもも けんきゅう いん は 「 めさき の こと ばかり で なく いちぜろ ねん にぜろ ねん さき を かんがえれば 、 けっきょく やすく なり かんきょう ほご に も やくだつ 。 ふきゅう の ため に は 、 ほじょきん や たんそ ぜい など の せいど が たいせつだ 」 と はなして いる 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 08:23 \ \ せいとう に こうせいな うんえい を もとめる 1 にっぽん しんとう そしょう はんけつ = かいせつ \

さんいん ひれい だいひょう せんきょ の くりあげ とうせん を めぐり 、 にっぽん しんとう の じょめい しょぶん の むこう を りゆう に 、 とうせん けってい を むこう と した にきゅう にち の とうきょう こうさい はんけつ は 、 とうせん の てきひ を せいとう の ないぶ てつづき の だとうせい に ふみこんで はんだん した てん で かっきてきな もの と なった 。

ひれい だいひょう せん は 、 しゅういん せん でも じかい から とりいれ られる こと に なって おり 、 はんけつ は せいとう に こうせいで みんしゅてきな とう うんえい を もとめた と いえ そうだ 。

じゅうらい 、 ぎょうせい そしょう の しほう はんだん で は 「 ぎょうせい がわ に かご が あった か どう か 」 の してん を ちゅうしん に ほうりつ ろん を てんかい し がちで 、 うったえた がわ が もんだい と した ぶぶん に ついて じったい はんだん が さ れて い ない と ひはん も でて いた 。

しかし 、 この にち の はんけつ は 、 ちゅうおうせんきょかんりかい の てつづき そのもの に は かご が なかった と し 、 むしろ にっぽん しんとう の じょめい てつづき に しょうてん を あてた 。 1

はんけつ は 、 ひれい だいひょう せん の とうひょう が すんだ あと に めいぼ とうさい しゃ を じょめい する こと が 「 ( とうひょう した ) ゆうけんしゃ の いし を も むし する こうい 」 と 、 その じゅうだい せい を してき 。 じょめい に いたった いきさつ が こうせいで ない と けつろんづけた 。

じょめい に ついて 、 たとえば じみんとう は 「 せんきょ で はんたい とう の こうほ を おうえん する 」 など 、 しょうばつ の たいしょう と なる こうい を しめした うえ で 、 じょめい など を しんさ する とうき いいんかい や 、 ほんにん へ の こくち 、 べんめい 、 さい しんさ もうしたて など てきせい てつづき を めいぶん で さだめて いる 。

しかし にっぽん しんとう の ばあい 、 「 とう の もくてき に いちじるしく はんする こうい 」 など の ちゅうしょうてきな きてい が ある に とどまり 、 じょめい てつづき に ついて は ほとんど きてい さ れて い なかった 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 08:23 \ \ せいとう に こうせいな うんえい を もとめる 1 にっぽん しんとう そしょう はんけつ = かいせつ \

さんいん ひれい だいひょう せんきょ の くりあげ とうせん を めぐり 、 にっぽん しんとう の じょめい しょぶん の むこう を りゆう に 、 とうせん けってい を むこう と した にきゅう にち の とうきょう こうさい はんけつ は 、 とうせん の てきひ を せいとう の ないぶ てつづき の だとうせい に ふみこんで はんだん した てん で かっきてきな もの と なった 。

ひれい だいひょう せん は 、 しゅういん せん でも じかい から とりいれ られる こと に なって おり 、 はんけつ は せいとう に こうせいで みんしゅてきな とう うんえい を もとめた と いえ そうだ 。

じゅうらい 、 ぎょうせい そしょう の しほう はんだん で は 「 ぎょうせい がわ に かご が あった か どう か 」 の してん を ちゅうしん に ほうりつ ろん を てんかい し がちで 、 うったえた がわ が もんだい と した ぶぶん に ついて じったい はんだん が さ れて い ない と ひはん も でて いた 。

しかし 、 この にち の はんけつ は 、 ちゅうおうせんきょかんりかい の てつづき そのもの に は かご が なかった と し 、 むしろ にっぽん しんとう の じょめい てつづき に しょうてん を あてた 。 1

はんけつ は 、 ひれい だいひょう せん の とうひょう が すんだ あと に めいぼ とうさい しゃ を じょめい する こと が 「 ( とうひょう した ) ゆうけんしゃ の いし を も むし する こうい 」 と 、 その じゅうだい せい を してき 。 じょめい に いたった いきさつ が こうせいで ない と けつろんづけた 。

じょめい に ついて 、 たとえば じみんとう は 「 せんきょ で はんたい とう の こうほ を おうえん する 」 など 、 しょうばつ の たいしょう と なる こうい を しめした うえ で 、 じょめい など を しんさ する とうき いいんかい や 、 ほんにん へ の こくち 、 べんめい 、 さい しんさ もうしたて など てきせい てつづき を めいぶん で さだめて いる 。

しかし にっぽん しんとう の ばあい 、 「 とう の もくてき に いちじるしく はんする こうい 」 など の ちゅうしょうてきな きてい が ある に とどまり 、 じょめい てつづき に ついて は ほとんど きてい さ れて い なかった 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 08:23 \ \ せいとう に こうせいな うんえい を もとめる 1 にっぽん しんとう そしょう はんけつ = かいせつ \

さんいん ひれい だいひょう せんきょ の くりあげ とうせん を めぐり 、 にっぽん しんとう の じょめい しょぶん の むこう を りゆう に 、 とうせん けってい を むこう と した にきゅう にち の とうきょう こうさい はんけつ は 、 とうせん の てきひ を せいとう の ないぶ てつづき の だとうせい に ふみこんで はんだん した てん で かっきてきな もの と なった 。

ひれい だいひょう せん は 、 しゅういん せん でも じかい から とりいれ られる こと に なって おり 、 はんけつ は せいとう に こうせいで みんしゅてきな とう うんえい を もとめた と いえ そうだ 。

じゅうらい 、 ぎょうせい そしょう の しほう はんだん で は 「 ぎょうせい がわ に かご が あった か どう か 」 の してん を ちゅうしん に ほうりつ ろん を てんかい し がちで 、 うったえた がわ が もんだい と した ぶぶん に ついて じったい はんだん が さ れて い ない と ひはん も でて いた 。

しかし 、 この にち の はんけつ は 、 ちゅうおうせんきょかんりかい の てつづき そのもの に は かご が なかった と し 、 むしろ にっぽん しんとう の じょめい てつづき に しょうてん を あてた 。 1

はんけつ は 、 ひれい だいひょう せん の とうひょう が すんだ あと に めいぼ とうさい しゃ を じょめい する こと が 「 ( とうひょう した ) ゆうけんしゃ の いし を も むし する こうい 」 と 、 その じゅうだい せい を してき 。 じょめい に いたった いきさつ が こうせいで ない と けつろんづけた 。

じょめい に ついて 、 たとえば じみんとう は 「 せんきょ で はんたい とう の こうほ を おうえん する 」 など 、 しょうばつ の たいしょう と なる こうい を しめした うえ で 、 じょめい など を しんさ する とうき いいんかい や 、 ほんにん へ の こくち 、 べんめい 、 さい しんさ もうしたて など てきせい てつづき を めいぶん で さだめて いる 。

しかし にっぽん しんとう の ばあい 、 「 とう の もくてき に いちじるしく はんする こうい 」 など の ちゅうしょうてきな きてい が ある に とどまり 、 じょめい てつづき に ついて は ほとんど きてい さ れて い なかった 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 08:21 \ \ よんてんはちご ぱーせんと の こてい きんり ほうしき で 1 どいつ れん ぎん が レポ こうじ \

【 フランクフルト にきゅう にち AP ・ DJ = きょうどう 】 どいつ れんぽう ぎんこう は にきゅう にち 、 こんしゅう の ていれい かいオペ ( レポ ) を きかん いちさん にち 、 よんてんはちご ぱーせんと の こてい きんり いれふだ ほうしき で じっし する と こうじ した 。 1 き おち がく は はちよんごおく まるく 。 1 \ Nov \ 30 \ 1994 \ 09:49 \ \ ★ さんきゅうぜろぜろおく えん の じっしつ ふそく 1 いち にち の しきん じゅきゅう よそう \

ぎんこうけん にさんぜろぜろおく えん ざいせい ・ そのた ▲ にさんぜろぜろおく えん しきん かふそく にち | 1 かしだし

| 1 て かた うりかい ▲ よんぜろぜろぜろおく えん ぎん | 1 かい いり CP

| 1 TB うりかい にぜろぜろぜろおく えん ▲ いちきゅうぜろぜろおく えん ととの | 1 FB うりかい

| 1 さいけん たんき うりかい せつ | 1 さいけん うりかい じっしつ かふそく ▲ さんきゅうぜろぜろおく えん じゅんび あずけきん ざんだか のこり かなめ つみたて がく たいひ 1 \ Nov \ 30 \ 1994 \ 09:49 \ \ ★ にななぜろぜろおく えん の じっしつ ふそく 1 さんぜろ にち の しきん じゅきゅう そくほう \

ぎんこうけん ▲ にぜろぜろおく えん ざいせい ・ そのた 1 さんちょおにななぜろぜろおく えん しきん かふそく さんちょおにごぜろぜろおく えん にち | 1 かしだし ▲ にぜろぜろぜろおく えん

| 1 て かた うりかい ▲ にちょおぜろぜろぜろぜろおく えん ぎん | 1 かい いり CP

| 1 TB うりかい ▲ さんにぜろぜろおく えん にぜろぜろぜろおく えん ととの | 1 FB うりかい ▲ いちちょおさんぜろぜろぜろおく えん

| 1 さいけん たんき うりかい せつ | 1 さいけん うりかい いちぜろぜろぜろおく えん じっしつ かふそく ▲ にななぜろぜろおく えん じゅんび あずけきん ざんだか 1 にちょおきゅうきゅうぜろぜろおく えん のこり かなめ つみたて がく たいひ 1 いちろくぜろぜろおく えん \ Nov \ 30 \ 1994 \ 09:15 \ \ ふほう ( さんぜろ にち ) \

▽ ひがし ぎ いち し ( あずま ・ よし かず = いのうえ きんぞく こうぎょう とりしまりやく ) いちいち つき にきゅう にち ごご はち じ にぜろ ふん 、 いがん の ため なら けん てんり し の てんり よ ろ づ そうだん ところ びょういん で しきょ 、 ろくきゅう さい 。 なら し しゅっしん 。 そうぎ ・ こくべつしき は いちに つき いち にち しょうご から なら し ひらまつ ご − にぜろ − なな の じたく で 。 もしゅ は つま しげこ ( し げこ ) さん 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 08:56 \ \ ぼすにあ で こめ せいけん きゅうち に 1 なとう ない たいりつ に ひはん ぞくしゅつ \

【 わしんとん にきゅう にち きょうどう 】 ぼすにあ・へるつぇごびな もんだい へ の こめ せいふ の たいおう が 、 きたたいせいようじょうやくきこう ( なとう ) の ぶんだん を まねいて いる と の ひはん が べいこく ない で たかまって おり 、 この ところ がいこう めん で とくてん を あげて きた くりんとん せいけん が いってん して きゅうち に おいこま れて いる 。

こめ かみ にゅーよーく ・ タイムズ の ちょめい コラムニスト 、 アンソニー ・ ルイス し は にはち にち の こめ こうきょう テレビ の ばんぐみ で 「 べいこく は えいこく や ふらんす と 、 どうめいこく で は なく てき と して やりあって いる ようだ 」 と のべ 、 けっそく して せるびあ ひと せいりょく の しんこう を くいとめ なかった なとう と べいこく が 「 だいにじたいせん いこう で さいあくの けってい を くだした 」 と ひはん 。 1

じょーじたうん だいがく の うぃりあむ ・ はいらんど きょうじゅ は 、 せるびあ ひと せいりょく の こうせい で かんらく すんぜん の ビハチ じょうせい の こんめい の げんいん は なとう ないぶ の べいこく と おうしゅう の たいりつ で は なく 、 くうばく けってい を くださ ず いまや 「 しょうがい に さえ なって いる 」 こくれん が もんだい だ と しゅちょう 、 こめ せいふ の つよい しどう ちから はっき を うながした 。

いっぽう 、 さき の ちゅうかん せんきょ で あっしょう した やとう きょうわとう は たい ぼすにあ きんゆ そち の 「 いっぽう てき かいじょ を 」 ( じき じょういん がいこう いいんちょう しゅうにん が よてい さ れる ヘルムズ ぎいん ) と いった じゅうらい の しゅちょう を あらためて てんかい 。 どーる じょういん いんない そうむ が おうしゅう を ほうもん して ぼすにあ もんだい の かいけつ を めざす など 、 「 せいふ がいこう 」 と 「 ぎいん がいこう 」 と の に げん せい が おうしゅう と の あしなみ の みだれ を かくだい して いる こと も けねん さ れて いる 。 しかし 「 ぼすにあ もんだい は れいせん が しゅうけつ ご 、 あまりに はやく ふじょう して しまった 」 ( イーグルバーガー ぜん こくむ ちょうかん ) と して 、 ふあんていな れいせん ご せかい の しゅくず である ぼすにあ もんだい へ の たいおう の むずかしさ に どうじょう する みかた も ある 。 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 08:55 \ \ とくしゅ ほうじん みなおし は ふじゅうぶん 1 かとう せいふぜいちょう かいちょう \

せいふ ぜいせい ちょうさかい の かとう かん かいちょう は にきゅう にち 、 ぜい ちょう そうかい ご の きしゃ あいみ で 、 こう ざいせい かいかく の いっかん と して 、 そうむちょう が どうにち はっぴょう した とくしゅ ほうじん みなおし の ちゅうかん ほうこく に ついて 「 げんじょう で は ふじゅうぶん 」 と のべ 、 げんじょう ぶんせき に とどまった ちゅうかん ほうこく に ふまん を しめした 。 そのかみ で 、 かいちょう は 「 こんご ぎょうかく が せいこう する か どう か は ぎょうせい かいかく いいんかい に かかって おり 、 われわれ も そくめん から しえん し たい 」 と のべ 、 せいふぜいちょう と して も 、 ぎょうかく に せっきょくてきに はつげん する しせい を みせた 。

こう ざいせい かいかく ぜんたい の しんてん じょうきょう に は 「 ぎょうせい てつづきほう は おもった いじょう に こうか を あげ つつ あり 、 すこし は すすんで いる 」 と の にんしき を しめした 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 08:55 \ \ かんこく あらがね こうぎょう せいさん いちご ぱーせんと ぞう 1 いちぜろ つき の ぜんねん どう つきごろ \

【 そうる にきゅう にち AP ・ DJ = きょうどう 】 かんこく とうけいきょく にきゅう にち の はっぴょう に よる と 、 いちぜろ つき の こうこうぎょうせいさんしすう は いちよんさんてんなな と ぜんねん どう つきごろ いちごてんぜろ ぱーせんと じょうしょう 、 ことし いち つき ( いちはちてんなな ぱーせんと じょうしょう ) を のぞく と いちきゅうきゅういち ねん ろく つき ( いちきゅうてんろく ぱーせんと じょうしょう ) いらい の おおはば じょうしょう と なった 。 ぜん つきごろ で は いちてんぜろ ぱーせんと の じょうしょう 。

じゅうこうぎょう や せきゆ かがく ぶもん の せいさん が おおはば ぞうか し 、 けいこうぎょう も ちからづよく かいふく した と いう 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 08:54 \ \ にちべんれん かんぶ が ふしょうじ ちんしゃ 1 こうき しゅくせい で しゅうちゅう しんぎ \

しゅういん ほうむ いいんかい は にきゅう にち 、 けんじ の ぼうこう や べんごし の だつぜい ・ おうりょう など ふしょうじ が あいついだ こと を うけ 、 にっぽん べんごし れんごう かい の いなだ かん ・ じむ そうちょう ら を さんこうにん に よび 「 ほうそうかい の こうき しゅくせい もんだい 」 に ついて しゅうちゅう しんぎ した 。

かんとく かんちょう の ない じち だんたい である にちべんれん の しっこうぶ が ふしょうじ で さんこうにん と して こっかい に よばれた の は はじめて で 、 いなだ し は 「 こくみん の べんごし に たいする しんらい を うらぎり 、 お わび し たい 」 と ちんしゃ 。 「 べんごしかい に くじょう しょり まどぐち の せっち を ぎむ か したり 、 べんごし りんり けんしゅう を ぎむづける など ふしょうじ の さいはつ ぼうし に とりくんで いき たい 」 など と 、 しんらい かいふく へ の じしゅ てき どりょく を うったえた 。 1

また 則 さだめ ほうむしょう けいじ きょくちょう は 、 ゼネコン おしょく じけん で ほうむしょう が しゅういん よさん いいんかい に 、 きそ して い ない みい けんせつ もと やくいん の ちゃくふく 、 おうりょう の そうさ けっか を ほうこく した こと に ついて 「 こっかい の ようせい と じけん かんけいしゃ の めいよ 、 しゃかい てき ちゅうもく など を かんがえて さいりょう の せんたく を した もの だ 」 など と のべた 。 じみんとう の やまもと ゆうじ し が 、 「 どう ほうこく で 『 みい けんせつ から こっかい ぎいん へ の けんきん の ため に げんきん を あずかり ほかん ちゅう 』 など と きさい して いる が 、 こうそ ていき さ れて い ない じけん に ついて じじつ にんてい する の は きけんであり 、 もんだい だ 」 など と ただした の に こたえた 。

ほうそうかい の ふしょうじ と して は 、 とくそうぶ おうえん の げんしょく けんじ ( ちょうかい めんしょく ) が さくねん いちぜろ つき に ゼネコン おしょく じけん で じじょう ききとり ちゅう の さんこうにん に にん に ぼうこう を くわえ 、 ふしょう さ せた じけん ( ゆうざい ) など けんじ が さん けん 、 また とうきょう べんごしかい の べんごし が いらい ひと の とち ばいきゃく だいきん を おうりょう し 、 こんげつ に とくそうぶ に たいほ 、 きそ さ れる など ことし きゅう つき いこう さん けん が あいついだ 。 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 08:54 \ \ ほんでん の オデッセイ に けってい 1 カー ・ オブ ・ ザ ・ イヤー \

「 にっぽん じどうしゃ けんきゅう しゃ & ジャーナリスト かいぎ ( RJC ) 」 は にきゅう にち 、 いちきゅうきゅうよん − きゅうご ねん の 「 ニューカー ・ オブ ・ ザ ・ イヤー 」 に 、 ほんでん ぎけんこうぎょう が ことし いちぜろ つき に はつばい した レジャー よう た もくてき くるま ( RV ) 「 オデッセイ 」 を えらんだ 。 じてん は にっさんじどうしゃ の じょうようしゃ 「 セフィーロ 」 。 「 インポートカー ・ オブ ・ ザ ・ イヤー 」 は どいつ ・ オペル しゃ の じょうようしゃ 「 オメガ 」 。

「 アコード 」 を ベース に した オデッセイ は じょうようしゃ の うんてん し やす さ と 、 ろく − なな にん のり ワゴン くるま の ひろい しゃない くうかん の りょうほう を そなえた てん が うりもの 。 はつばい ご いち かげつ で はんばい もくひょう だい すう の きゅう ばい の にまんはちぜろぜろぜろ だい を じゅちゅう した 。

RJC は 、 セダン かた の かのうせい を ひろげる せっけい がいねん と 、 しゃない くうかん を こうりつ よく つかった てん を ひょうか した 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 08:53 \ \ よとう ほうちょう だん 、 とうめん みおくり 1 きたちょうせん が せんけん だん きょひ = さ 替 \

れんりつ よとう は にきゅう にち 、 ちょうせんみんしゅしゅぎじんみんきょうわこく ( きたちょうせん ) へ の さん とう だいひょう だん に さきだち 、 らいげつ さん にち から よてい して いた せんけん だん の はけん を みおくる こと を きめた 。

きたちょうせん がわ が にっぽん せいふ の しせい など を りゆう に 、 げんじてん で の うけいれ が むずかしい と かいとう して きた ため で 、 しゃかいとう の くぼ しょきちょう が どうにち ごご の きしゃ あいみ で あきらかに した 。 これ に より ねんない の ほうちょう だいひょう だん はけん は せんけん だん を ふくめ 「 こくない の もろ にってい も あり こんなん 」 ( くぼ し ) と して とうめん 、 みおくる こと に なった 。 1

くぼ し は どうにち ごご 、 ざいにっぽんちょうせんじんそうれんごうかい ( ちょうせんそうれん ) の もと しゅう よろず ・ せきにん ふくぎちょう ら と かいだん 。 もと し が ( いち ) きたちょうせん の こくれん だいひょう ぶ に たいする ざいまい にっぽん たいしかん こうかん の はつげん ( に ) いちきゅうきゅうぜろ ねん の じみん 、 しゃかい 、 ちょうせん ろうどう の さん とう きょうどう せんげん を みなおす ひつよう が ある と した たけむら ぞうしょう はつげん や 、 ほうちょう まえ に かんこく がわ と の じぜん ちょうせい が ひつよう と した いがらし かんぼう ちょうかん はつげん ( さん ) ほうちょう に さきだつ せんけん だん の メンバー の ほうかん − − など を あげて 「 せんけん だん を うけいれる の は こんなん 」 と つたえた 。

ただ くぼ し は せきじょう 、 「 こんかい の はけん は みあわせる こと と する が 、 はけん に むけ どりょく する こと に しよう 」 と のべ 、 もと し も 「 ゆうこう てきな かんけい 」 を きょうちょう した 。 1

くぼ し は あいみ で 「 ざんねん ながら やむ を え ない と はんだん した 」 と のべる と ともに 、 きたちょうせん がわ が うけいれ こんなん の りゆう と した さん てん に ついて 「 こんご ( じじつ かんけい を ) ぐたいてきに ちょうさ す べき もの は ちょうさ し 、 りゆう が ごかい に もとづく もの ならば 、 ただして いか なければ なら ない 」 と かたらった 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 08:52 \ \ 「 ちゅうかみんこく 」 で の おき さい きょひ 1 にっぽん 、 ひこうしきに と たいわん かみ \

【 ほんこん にきゅう にち きょうどう 】 にきゅう にち の たいわん かみ れんごう ほう の ほんこん はん に よる と 、 たいわん の ざいせい ぶ ( おおくらしょう に そうとう ) は がいこく で の がいかだて さいけん の はっこう を けいかく 、 かっこく に だしん した ところ 、 にっぽん が りりつ が もっとも ひくくて このみ じょうけん だった が 、 にっぽん せいふ は ひこうしきな かたち ながら 「 ちゅうかみんこく 」 な で の おき さい を きょひ した 。

ざいせい ぶ こうかん が にはち にち かたらった もの で 、 ざいせい しゅうにゅう ふそく から まいとし たいりょうの おき さい を して おり 、 みんかん しきん の じゅきゅう に えいきょう する の を さけ 、 ぼうえき を はってん さ せる てん から も かいがい で の おき さい を けんとう して いる 。

どいつ 、 べいこく は きほんてきに どうい して いる もの の 、 りりつ が たかい こと から おき さい が むずかしく 、 ざいせい ぶ で は そのた の ちいき を ふくめ 、 おき さい くに を さいけんとう して いる 。 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 08:48 \ \ ★ おろしうり ぶっか しすう しすう ( きゅうよん ねん いちいち つき ちゅうじゅん ) = にちぎん はっぴょう \

ぜん つきごろ たんい %() ない は ぜんねん どう つきごろ 、 ゆしゅつにゅう ぶっか は えん ベース こくない ゆしゅつ ゆにゅう そうごう

いちぜろ つき − ぜろてんよん 1 ぜろてんに 1 ぜろてんぜろ − ぜろてんさん

( − いちてんさん ) ( − さんてんいち ) ( 1 ぜろてんなな ) ( − いちてんよん )

いちいち つき 1 ぜろてんぜろ − ぜろてんいち 1 ぜろてんいち 1 ぜろてんぜろ じょうじゅん 1 ( − いちてんいち ) ( − よんてんいち ) 1 − ぜろてんなな ) ( − いちてんよん ) [ いちいち つき 1 ぜろてんぜろ 1 ぜろてんよん 1 ぜろてんろく 1 ぜろてんいち 1 ] [ 1 ちゅうじゅん 1 ( − いちてんいち ) ( − さんてんなな ) ( − ぜろてんいち ) ( − いちてんさん ) ]

たい そうごう 1 ぜろてんぜろぜろぜろてんぜろさんぜろてんぜろごぜろてんぜろはち

きよ ど 1 ( − ぜろてんきゅう ) ( − ぜろてんよん ) ( 1 ぜろてんぜろ ) ( − いちてんさん )

ゆび 1 すう きゅうろくてんごはちぜろてんにななさんてんいちきゅうにてんろく ( きゅうぜろ ねん へいきん = いちぜろぜろ ) \ Nov \ 29 \ 1994 \ 08:47 \ \ しんにってつ の こうろ を えいきゅう ほぞん へ 1 「 てつ みやこ 」 きたきゅうしゅう の しょうちょう に \

ほぞん か かいたい か を めぐって ゆれて いた しんにってつ はちまん せいてつじょ の ひがしだ だい いち こうろ ( きたきゅうしゅう し やはたひがし く ) に ついて 、 せいてつじょ と きたきゅうしゅう し が てつ みやこ の シンボルモニュメント と して えいきゅう ほぞん する こと で ごうい 。 にきゅう にち 、 りょうしゃ が ちょういん しき を おこなった 。

ひがしだ こうろ は あきはる さんよん ねん 、 かんえい はちまん せいてつじょ ( とうじ ) が ひいれ した にち ほんしょ の ようしき こうろ で 、 あきかず さんろく ねん に いったん かいたい さ れた あと 、 よくねん に しんせつ さ れ あきかず よんなな ねん まで かどう 。 かいたい する ほうしん だった しんにってつ と ほぞん を ようせい した し の あいだ で 、 こうろ の れきし てき かち や ほぞん ひよう に ついて ぎろん が つづいて いた 。

こうろ は しんにってつ が し に きふ し 、 いじ ひ に ついて は し が しせき に してい し くに の ちいき ぶんかざい ほぜん じぎょう から ほじょ を うける こと で けっちゃく 。 きんだい にっぽん が うんだ さんぎょう ぶんかざい と して すがた を のこす 。 1

とうしょ は しんにってつ も ほぞん の いこう だった が 、 ろうきゅうか が すすみ いったい の さいかいはつ けいかく も ふじょう した こと から 「 いま の こうろ は 、 かいしゅう した ため に けんぞう とうじ の もの で は なく 、 ぶんか てき かち は ひくい 」 と かいたい を けってい 。 そのご 、 しみん の あいだ から ほぞん を もとめる こえ が あがり 、 がくしき しゃ など で そしき する ちょうさ いいんかい は ことし ろく つき 「 さんぎょう ぎじゅつ し てき かち が ある 」 と の けつろん を だした 。

どう せいてつじょ の ふくでん かずひこ しょちょう は 「 ながねん の けんあん じこう が えんまんに かいけつ し 、 ほっと して いる 」 と はなして いる 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 08:46 \ \ にっぽん の じどうしゃ さんぎょう など が きよ 1 たい むけ がいこく とうし あんてい で \

【 ばんこく にきゅう にち AP ・ DJ = きょうどう 】 たい とうし いいんかい の スタポーン じむ きょくちょう は この ほど ダウ ・ ジョーンズ しゃ の エイシャン ・ エクイティーズ ・ リポート ( AER ) の インタビュー に たいし 、 どうこく に たいする がいこく から の ちょくせつ とうし が これ まで の ところ あんてい した すいじゅん を たもって いる りゆう に ついて 、 こくない しじょう じたい の せいちょう に くわえ 、 にっぽん きぎょう が じどうしゃ 、 エレクトロニクスさんぎょう の しえん ぎょうしゅ に あらたに とうし を しゅうちゅう さ せて いる こと を あげた 。

たい が ことし いち ― きゅう つき に しょうにん した がいこく から の とうし がく は ろくななおくはちぜろぜろぜろまん どる ( はちよんろく けん ) に のぼった 。 さくねん の とうし しょうにん がく は ねんかん で ろくきゅうおくきゅうぜろぜろぜろまん どる ( はちよんきゅう けん ) 。

スタポーン し は 「 せかい の けいこう は それほど ゆうきづけ られる もの で は ない が 、 たい は ゆうい せい を そなえた ぶんや で とうし を ゆうち できる 」 と かたらった 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 09:42 \ \ かいき えんちょう 、 ふかひの じょうせい 1 はば めぐり よやとう こうぼう へ \

こっかい は にきゅう にち 、 らいげつ さん にち の かい きまつ を ひかえ 、 せかい ぼうえき きかん ( WTO ) せつりつ きょうてい ・ かんれん ほうあん と ひばくしゃ えんご ほうあん の しょり に からんだ かいき えんちょう もんだい が ひょうめんか した 。

やとう 「 かいかく 」 は こっかい うんえい いいんかい で 、 りょう ほうあん の しんぎ じかん を じゅう ふん かくほ する ため 、 に しゅうかん の えんちょう を ようきゅう して いく ほうしん を きめ 、 しゅうさん りょういん の いいんかい で は しんぎ ひきのばし せんじゅつ に でた 。 これ に たいし 、 よとう さん とう は くに たい いいんちょう かいぎ など で 「 ねんない よさん へんせい の ぼうがい を ねらって いる 」 ( じみんとう くに たい かんぶ ) と はんぱつ 、 げん だんかい で は えんちょう ろんぎ に は おうじ ない ほうしん を さい かくにん した 。

この にち の よやとう きょうぎ で 、 さんぜろ にち に えんご ほうあん の よび しんさ の ため の さんいん ほんかいぎ が セット でき なかった こと など から 、 かいき えんちょう は ふかひの じょうせい と なった が 、 かいき えんちょう はば を めぐって ぎりぎりの ちょうせい が てんかい さ れよう 。

よとう と して は 、 さいしゅうてきに は ご にちかん ていど の こはば えんちょう に は おうじる かまえ 。 ただ 、 いま の じてん で の えんちょう ろん は いいんかい しんぎ に あく えいきょう を およぼす と の けんねん を もって おり 、 WTO ほうあん など が しゅういん を つうか する みこみ の らいげつ いち にち いこう で ない と ぐたい てき ぎろん に は おうじ ない ほうしん だ 。

かいかく がわ は こん こっかい の かいき を ろくご にちかん と きめる さい 、 はちぜろ にち を ようきゅう した いきさつ が あり 、 かいき えんちょう に よって はちぜろ にち ていど の かいき が ひつようだった こと を じっしょう し たい かまえ 。 また せいふ よとう が こうげん して いる ねんない の よさん へんせい を むずかしく さ せよう と 、 ゆさぶり を かける ねらい も ある 。

かいかく は にきゅう にち の しゅう いんぎ うん い りじかい で 、 よやとう かん で ほぼ ごうい に たっして いた WTO ほうあん の らいげつ いち にち の しゅういん つうか の じょうけん と して 、 あらたに ぞうき いしょく ほうあん の しゅし せつめい を ほんかいぎ で おこなう よう ようきゅう 。 また しゅういん こうせい いいんかい で は 、 ひばくしゃ えんご ほうあん の さんぜろ にち さいけつ に なんしょく を しめした 。 1

さんいん でも 、 よとう がわ が さんぜろ にち の ほんかいぎ で えんご ほうあん の しゅし せつめい と しつぎ を おこなう よび しんさ の じっし を もとめた の に たいし 、 やとう がわ は よび しんさ の たよう など に つよく はんぱつ 、 けっきょく さんぜろ にち の ほんかいぎ は ひらか ない こと に なった 。

こうした じょうせい から よとう ない に は 、 みおくり ほうしん を かためて いた むらやま しゅしょう と かいかく の かく とうしゅ と の かいだん を セット し なおして きょうりょく ようせい する こと で 、 だかい の みち を さぐろう と の うごき も ではじめた 。 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 09:42 \ \ るーまにあ で ごうべん きぎょう そうりつ 1 かんこく だい のき じどうしゃ \

【 にいごろも きょうどう 】 れんごう つうしん に よる と 、 かんこく の だい のき じどうしゃ は にはち にち るーまにあ の しゅと ぶかれすと の こっかい ぎじどう で 、 ごうべん きぎょう 、 ロデ じどうしゃ の そうりつ きねん しき を おこなった 。 しきてん に は だい のき グループ の かね のき ちゅう かいちょう 、 イリエスク ・ るーまにあ だいとうりょう ら が しゅっせき した 。

ロデ は 、 るーまにあ だいに の じどうしゃ かいしゃ クライオーバ しゃ と の ごうべん で 、 ふさ とうし がく さんおくろくぜろぜろまん どる 。 だい のき がわ が さくねん いちぜろ つき 、 ごいち ぱーせんと を とうし した 。 あらたに ななおくごぜろぜろぜろまん どる を とうじて 、 らい ねんまつ から じょうようしゃ ねんさん いちぜろまん だい を めざす 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 09:42 \ \ さいしゅつ あつりょく と ぜいしゅう げん が つなひき 1 らい ねんど いっぱん かいけい よさん = かいせつ \

らい ねんど よさん が よんぜろ ねん ぶり に ぜんねんど とうしょ よさん きぼ を したまわる の は 、 かんじんの さいにゅう の はしら である ぜいしゅう の のび が きたい でき ず 、 おおくらしょう が いっぱん さいしゅつ の のび を あっしゅく する など きんしゅく よさん の しきさい を つよめ ざる を え なく なった ため だ 。

しかし 、 ごちょおごぜろぜろぜろおく えん の しょとく げんぜい けいぞく や 、 けいき に はいりょ した こうきょう じぎょう かんけい ひ の たかい のび の かくほ など ここ の よさん ないよう を みる と かならずしも きんしゅく かた と は いえ ない めん も おおい 。 「 さいしゅつ ぼうちょう あつりょく に だいひょう さ れる れんりつ せいけん の した で の おおきなせいふ へ の ゆりもどし と 、 ぜいしゅう の おちこみ を はいけい に さいしゅつ よくせい を かかげる ざいせい とうきょく の せめぎあい 」 ( みんかん シンクタンク ) に より 、 ほうこう せい の はっきりし ない よさん と なり つつ ある 。 1

きゅうよん ねんど よさん で は 、 NTT かぶ ばいきゃく えき かつよう じぎょう の くりあげ しょうかん に ともなう ほじょ ぶん にちょおにろくよんぜろおく えん を かいけい じょう 、 さいしゅつ と さいにゅう に に ど けいじょう 、 みかけ の よさん きぼ が やく よんちょおごぜろぜろぜろおく えん ふくらんだ 。 この とくしゅ よういん を のぞいた きゅうよん ねんど よさん きぼ の じったい は ろくはちちょおごごさんごおく えん で 、 これ を もと に けいさん する と 、 じっしつてきに は きゅうご ねんど よさん は さん ぱーせんと だい の のび りつ に なる 。 けいざい せいちょうりつ が たかい のび を きたい でき ない じょうきょう で さん ぱーせんと だい の のび なら 、 けいき はいりょ かた と も いえよう 。

ろくさんぜろちょお えん の こうきょう とうし きほん けいかく や じぎょう きぼ ろくちょおいちぜろぜろおく えん の のうぎょう たいさく など 、 こんご の さいしゅつ ぞうか よういん と なる じぎょう が らい ねんど から もりこま れる 。 きんしゅく かた に みえる らい ねんど よさん だ が 、 さいしゅつ ぼうちょう の ひだね を ないほう して いる 。 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 09:34 \ \ やまいち しょうけん に ばいしょう めいじる 1 もと してん かんぶ が さしゅ \

やまいち しょうけん ( とうきょう と ちゅうおう く ) の もと してん かんぶ から も うけ はなし を もちかけ られ 、 かね を あずけた が かえして もらえ ない 、 など と して 、 ふくしま けん の だんせい が どうしゃ に やく ごごはちごまん えん の へんかん を もとめた そしょう で 、 とうきょう ちさい の うおずみ つねお さいばんかん は にきゅう にち 、 やまいち しょうけん の しようしゃ せきにん を みとめ 、 にぜろぜろぜろまん えん を しはらう よう めいじる はんけつ を いいわたした 。

だんせい は あきかず ろくさん ねん はじめ から やまいち しょうけん まちだ してん に こうざ を かいせつ して とりひき を かいし 。 してん の もと えいぎょう かちょう の すすめ で 、 てんかん しゃさい の とりひき しきん など と して けい やく ごごはちごまん えん を あずけた が 、 へんさい さ れ なかった 、 と ていそ 。 やまいち しょうけん がわ は 「 もと しゃいん の こじん てき とりひき 」 など と はんろん して いた 。

はんけつ は せいきゅう がく の うち にろくぜろぜろまん えん に ついて 、 もと えいぎょう かちょう が バブル ほうかい に よる きゃく へ の そんしつ を ほてん する ため 、 かぶ かいつけ しきん の めいもく で だまし とった と にんてい 。 げんこく がわ が いほうな そんしつ ほてん を もとめた てん を してき 、 いちぶ を さしひく かたち で やまいち がわ の ばいしょう がく を にぜろぜろぜろまん えん と した 。 1

ざんがく に ついて は 、 しゃさい 、 かぶ の かいつけ しきん に あてられ 、 すでに せいさん さ れて いる 、 として うったえ を しりぞけた 。

もと えいぎょう かちょう は こきゃく から けい いちおくにぜろぜろぜろまん えん を だまし とった と して 、 へいせい よん ねん はち つき 、 よこはま ちさい よこすか しぶ で ちょうえき に ねん はち つき の はんけつ を うけて いる 。

やまいち しょうけん こうほう しつ は 「 はんけつ ぶん を みて たいおう を けんとう し たい 」 と はなして いる 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 09:33 \ \ PC もちこみ の じんざい はけん 1 パソナバンク を せつりつ \

じんざい はけん さい おおて の パソナグループ と コンピューターソフト はんばい おおて の そふとばんく は にきゅう にち 、 パソコン OA かんれん の じんざい はけん かいしゃ 「 パソナバンク ( かしょう ) 」 を きょうどう しゅっし で せつりつ する 、 と はっぴょう した 。 じゅうらい の ように オペレーター など じんざい を はけん する だけ で は なく 、 パソコン や ソフト など を セット に して はけん する 。

りよう きぎょう に は 、 ハード や ソフト を こうにゅう する けいひ の さくげん やや こうにゅう して も つかい こなせ ない リスク が なくなる メリット が ある と いい 、 いちきゅうきゅうきゅう ねんど に は やく いちにぜろおく えん の うりあげ を みこんで いる 。

パソナグループ の いちぜろぜろ ぱーせんと しゅっし こがいしゃ 「 パソナオーエー 」 の かぶしき の はんぶん を いちに つき いち にち に そふとばんく が しゅとく 、 「 パソナバンク 」 ( しほんきん よんぜろぜろぜろまん えん ) と して さい スタート さ せる 。 1

ふくおか けん おおのじょう し の こうきょう こうじ はっちゅう に からむ おしょく じけん で ふくおか ちけん は にきゅう にち 、 しゅうわい の うたがい で たいほ 、 こうち して いた こが てん まえ どう し しちょう ( ろくろく ) = おおのじょう し つつい = と 、 ぞうわい の うたがい で たいほ 、 こうち して いた しみずけんせつ きゅうしゅう してん の ほん えん とも まこと えいぎょう かちょう ( ごぜろ ) = ふくおか し にし く あたご はま 、 はく さかえ どぼく こうぎょう の まつお まさなり しゃちょう ( ろくに ) = おおのじょう し へいや だい = を いずれも しょぶん ほりゅう と した 。

しょぶん ほりゅう の りゆう に ついて ちけん は 「 しょうこがため が ふじゅうぶん 」 と して いる 。

さん にん は 、 おなじ こうじ に からむ きょうばい いれふだ ぼうがい の つみで きそ さ れ こうち ちゅう 。

こが まえ しちょう は しちょう だった へいせい よん ねん ろく つき じょうじゅん 、 どう し が はっちゅう した キャンプじょう せいび こうじ に からみ 、 いれふだ まえ に せっけい きんがく を おしえる など べんぎ を はかった しゃれい と して 、 ほん えん かちょう 、 まつお しゃちょう から げんきん いちぜろぜろまん えん を うけとった と して ふくおか けんけい に たいほ さ れて いた 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 09:33 \ \ PC もちこみ の じんざい はけん 1 パソナバンク を せつりつ \

パソコン どうにゅう コンサルティング や インストラクター の はけん ぎょうむ など も おこない 、 きゅうきゅう ねんど に は とうろく せんもん スタッフ を やく いちごまん にん に する 、 と して いる 。 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 09:27 \ \ きゅうさん ねんど の こくさい でんわ いちぜろ ぱーせんと ぞう 1 のび りつ の げんしょう に はどめ \

ゆうせいしょう が にきゅう にち まとめた こくさい でんわ の いちきゅうきゅうさん ねんど の りよう じょうきょう に よる と 、 はっしん と ちゃくしん を あわせた こくさい でんわ の つうわ りょう ( じかん ベース ) は ぜんねんど ひ いちぜろてんぜろ ぱーせんと ぞう だった 。 のび りつ は はちきゅう ねんど の にごてんよん ぱーせんと ぞう から きゅうに ねんど の はちてんきゅう ぱーせんと ぞう まで まいとし へって いた が 、 げんしょう けいこう に はどめ が かかった かたち 。 KDD など は 「 けいき の さいあくの じょうたい を ぬけだした こと を はんえい する もの 」 と ぶんせき して いる 。

こくべつ で みた ふさ はつ ちゃくしん の じかん シェア は ( いち ) べいこく ( にはちてんぜろ ぱーせんと ) ( に ) かんこく ( きゅうてんきゅう ぱーせんと ) ( さん ) ちゅうごく ( はちてんに ぱーせんと ) で 、 いか 、 たいわん 、 ふぃりぴん 、 ほんこん の じゅん 。

KDD と にっぽん こくさい つうしん ( ITJ ) 、 こくさい デジタルつうしん ( IDC ) の シェア ( はっしん じかん ベース ) は 、 KDD が ろくろくてんきゅう ぱーせんと 、 しん いなずま いなずま に しゃ ( ごうけい ) は ぜんねんど ひ にてんなな ポイント ぞう の さんさんてんいち ぱーせんと に なり 、 しん いなずま いなずま は シェア を のばして いる 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 09:25 \ \ ほゆう けいやく こう の のび せんご さいてい 1 せいほ さんぜろ しゃ の かみはんき ぎょうせき \

せいめい ほけん きょうかい は にきゅう にち 、 かめい さんぜろ しゃ の いちきゅうきゅうよん ねんど かみはんき ( よん − きゅう つき ) の ぎょうせき がいよう を はっぴょう した 。 きゅう つき まつ の ぜんたい の ほけん ほゆう けいやく こう は しんき けいやく が ぜんねん どうき じっせき を わりこんだ ため 、 ぜんねん どうき ひ よんてんはち ぱーせんと ぞう の にぜろろくななちょおにごさんよんおく えん と 、 せんご さいていの のび に とどまった 。

しんき けいやく は けいき かいふく が ずれこんだ こと や 、 ほけんりょう が に ねん れんぞく で ひきあげ られた の を うけて 、 いちぜろごちょおなないちはちごおく えん と ぜんねん どうき ひ よんてんご ぱーせんと げんしょう した 。 とくに 既 けいやく しゃ の しんき ほけん へ の てんかん が おおはばに げんしょう した こと や 、 かいやく も やく いちぜろ ぱーせんと ぞうか した こと など が ひびいた 。

しんき けいやく を しょう しなわけ で みる と 、 しゅりょく しょうひん の こ じんほけん は にてんぜろ ぱーせんと げん 、 こじん ねんきん ほけん は にさんてんきゅう ぱーせんと げん 、 だんたい ほけん が にぜろてんご ぱーせんと げん 。 1

せいふ は にきゅう にち 、 きるぎすたん に たいして さんいちおくにななぜろぜろまん えん の えんしゃっかん を きょうよ する こと を きめ 、 らいじつ ちゅう の ジュマグロフ しゅしょう と の あいだ で しょかん を こうかん した 。

どうこく は 、 しじょう けいざい か に ともない こくさい しゅうし が あっか 。 えんしゃっかん は こくさい しゅうし かいぜん の ため の ゆにゅう ぶっし の こうにゅう しきん や エネルギー 、 うんゆ 、 のうぎょう など の かいはつ しきん に なる 。 きんり は ねん さんてんぜろ ぱーせんと 。 しょうかん きかん は いちぜろ ねん の すえおき きかん を ふくめて さんぜろ ねん 。 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 09:25 \ \ ほゆう けいやく こう の のび せんご さいてい 1 せいほ さんぜろ しゃ の かみはんき ぎょうせき \

うりあげだか に あたる しゅうにゅう ほけんりょう は 、 まんき を むかえた だんたい ねんきん の こうしん が おおかった こと から いちごちょおろくごぜろろくおく えん と いちさんてんさん ぱーせんと の のび を かくほ した 。

ししゅつ は おおはば ぞうか けいこう に あり 、 ほけんきん や きゅうふ かね など の しはらい は ろくちょおきゅうろくよんななおく えん で によんてんに ぱーせんと ぞうか 。 かいやく へん れいきん の しはらい も さんちょおいちはちろくおく えん で いちよんてんなな ぱーせんと ふえた 。

この けっか 、 ふさ しさん は ごうけい いちななよんちょおごろくきゅうぜろおく えん と ななてんご ぱーせんと ぞう に とどまった 。 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 09:13 \ \ のるうぇー の EU かめい きょひ 1 はいけい に きょうれつな しゅけん いしき \

のるうぇー が おうしゅう れんごう ( EU ) へ の かめい を こくみん とうひょう で きょひ した 。 べるりん の かべ ほうかい 、 それん の かいたい ご 、 ぽーらんど や はんがりー など ひがし ・ なか おう しょこく が かめい を もとめ 、 あつい ラブコール を おくって いる EU 。 せいおう の せいじ てき 、 けいざいてきな きかん きこう を じにん する EU に たいして 、 バイキング の しそん の しょうこく は 、 はんらん を おこした 。

こくろん を に ふん した かめい ろんぎ で は 、 EU の ひ みんしゅてきな かんりょう きこう に しゅけん を うばわ れる と はんたい は は しゅちょう した 。 はいけい に は しゅけん 、 どくじ せい に たいして でんとうてきに びんかんな こくみんせい が ある 。

「 わたし は 、 EU かめい さんせい は だ けれど 、 なぜ はんたい は が おおい の か 、 よく わかる 」 ルース ・ ハルボイルセン さん ( ろくぜろ ) が かたる 。 おすろ の おうきゅう の ちかく 、 じょせいかいほうろん あらそい の くちび と なった 「 にんぎょう の いえ 」 の さくしゃ イプセン が いちきゅうぜろろく ねん に しぼう する まで すんだ たてもの の いっかく は いま 、 イプセン はくぶつかん と して さいせい 。 ハルボイルセン さん は あんない かかり だ 。

【 ごぜん 】 なな じ ごはち ふん 、 かんてい 。 はち じ に ふん 、 ぎょうせい かいかく すいしん ほんぶ だい さん かい かいごう 。 きゅう じ ごはち ふん 、 いがらし かんぼう ちょうかん 。

【 ごご 】 ぜろ じ いちぜろ ふん 、 とうきょう ・ しぶたに の NHK ホール 。 ぜんこく ちょうそんちょう たいかい 。 よんなな ふん 、 かんてい 。 に じ ごご ふん 、 しゃかいとう と れんたい する ろうそ かいぎ の はしむら よしお かいちょう 、 よこやま えいいち にっきょうそ いいんちょう ら 。 さん じ さんろく ふん 、 ぜん にっぽん のうぎょう くみあい かいちょう の のさか けんせつしょう ら しん やくいん 。 ごご ふん 、 しゃかい けいざい せいさんせい ほんぶ の たなか ひろあき じょうむ りじ ら 。 よん じ にぜろ ふん 、 ふじもり くないちょう ちょうかん 。 ごに ふん 、 たかむら けいきちょう ちょうかん 。 ご じ いちはち ふん 、 あじあ ちょうさかい シンポジウム さんか しゃ の アマコスト まえ 駐 にち べい たいし ら 。 ごに ふん 、 とうきょう てんいち ばん まち の ダイヤモンドホテル 。 おおいた けん ちょうそんちょう と どうけん せんしゅつ こっかい ぎいん と の こんだん かい 。 ろく じ にご ふん 、 とうきょう ・ きおい ちょう の ホテルニューオータニ 。 マスコミ かくしゃ しゃちょう ら と かいしょく 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 09:13 \ \ のるうぇー の EU かめい きょひ 1 はいけい に きょうれつな しゅけん いしき \

「 のるうぇー は れんごう と いう けいしき で でんまーく に 、 あと に すうぇーでん に とうち さ れた 。 いちきゅうぜろご ねん に どくりつ 、 ようやく じゆう を かくとく した 。 EU も れんごう で は なく 、 きょうりょく きこう 、 どうめい の ような めいしょう なら こくみん に しんり てき ていこう は すくなかった はずだ 」

のるうぇー の ふさ めんせき は にっぽん より すこし ひろい さんはちまんななぜろぜろぜろ へいほう キロ 。 じんこう わずか よんさんぜろまん にん 。 かこうち は こくど の さん 、 よん ぱーせんと だ が 、 らくのう せいひん を ゆしゅつ 、 えんがん は せかい ゆうすう の このみ ぎょば だ 。

「 じんこう が すくなく けわしい ちけい の ため 、 のうみん は むら を けいせい せ ず に 、 さんざい して いる 。 なにごと も じぶん で おこなわ なければ なら ない ため 、 じりつしん が つよく 、 きしつ は がんこだ 」 と ハルボイルセン さん は せつめい する 。

ろくきゅう ねん に はっくつ さ れた ほっかい ゆでん の せきゆ と ガス が けいざい や しゃかい を おおきく かえた 。 げんゆ せいさんりょう は にちりょう にはちぜろまん ばれる 。 せきゆ ゆしゅつ くに と して は せかい で だい よん い 。 らいねん は さらに ふえ 、 いち い の さうじあらびあ に つぐ ゆしゅつ くに に なる みとおし だ 。

【 ほんこん さんぜろ にち AP ・ DJ = きょうどう 】 さんぜろ にち の ほんこん かぶしき しじょう は 、 かいがい すじ から ゆうりょうかぶ の うり が ふくらみ 、 きゅうらく した 。 ハンセン しすう おわりね は ぜん ひび いちきゅうに ポイント やすき の はちよんろくろくてんにろく 。

しじょう さんか しゃ は この にち 、 まとまった じょうしん は きたい して い なかった が 、 がいこくじん が ゆうりょうかぶ を おおきく うり に でた の に おどろいて いた 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 09:13 \ \ のるうぇー の EU かめい きょひ 1 はいけい に きょうれつな しゅけん いしき \

しつぎょうりつ は げんざい 、 よんてんご ぱーせんと ( しょくぎょう くんれん ちゅう を ふくめる と ななてんよん ぱーせんと ) で 、 のるうぇー と して は さいあくの すいじゅん だ が 、 EU かめいこく と くらべる と かくだんに ひくい 。

いま の せいかつ で じゅう ふん 、 へんかく は もとめ ない と いう 「 EU かめい ふひつよう ろん 」 は 、 けいざい めん や ぼうえい めん で とうめん の きょうい が ない と の にんしき が こんてい に ある 。

「 どくじの ぶんか や しせい に たいする うぬぼれ や じこ まんぞく が とくに はんたい は に つよい 。 でんとうてきな がいこく ひとぎらい も こんてい に ある 」 。 アフテンポステン かみ の せいじ きしゃ ホーコン ・ ハルケッツ し の ぶんせき は てきびしい 。

いっぽう 、 はんたい は の じょし こうこう せい は 「 のるうぇー の はってんとじょうこく に たいする えんじょ は 、 こくみん いち にん あたり で は せかい いち だ 。 EU に はいれば 、 あふりか など はってんとじょうこく と せんしんこく の ちょうせい やく を はたせ なく なる 」 。 はんたい は の しゅちょう に は 、 りそう しゅぎ も いろ こい 。 1

らいじつ ちゅう の ろしあ の ソスコベツ だいいち ふく しゅしょう は にきゅう にち ごご 、 とうきょう の にっぽん きしゃクラブ で きしゃ かいけん し 、 ほっぽう りょうど もんだい に ついて 「 にっぽん がわ が ていじ した なか で もっとも むずかしい もんだい だった と おもう 」 と そっちょくに かたり 「 さくねん の えりつぃん だいとうりょう ほうにち じ の とうきょう せんげん の せいしん を じつげん する ため に は そうほう の にんたいづよい どりょく が ひつよう 」 と のべた 。

ふく しゅしょう は 、 ほっぽう よん しま しゅうへん かいいき で にっぽん ぎょせん が ろしあ の こっきょう けいびたい に じゅうげき さ れた もんだい に ついて 「 にほんこく ない で この もんだい が おおきく とりあげ られて いる こと が らいにち して わかった 。 にっぽん がわ と あんぜん そうぎょう に かんする きょうてい を ていけつ する こと に なろう 」 と かたらった 。 1

じぜん の せろん ちょうさ で は 、 とし より ちほう に 、 ねんぱい しゃ より わかもの に 、 そして だんせい より も じょせい に はんたい は が おおかった 。

「 にんぎょう の いえ 」 の しゅじんこう ノラ は 、 さいごに いえ を すてた 。 EU かめい きょひ は 、 せかい で は まれな こう ふくし 、 かんぜん こよう 、 きかい きんとう を ほしょう する しゃかい が EU に くみこま れれば 、 せいかつ すいじゅん の ていか は さけ がたい ので は ない か と いう ききかん を 、 げんだい の ノラ 、 のるうぇー じょせい たち が いちはやく かぎつけた けっか と も いえる かも しれ ない 。 ( おすろ きょうどう ) \ Nov \ 29 \ 1994 \ 09:11 \ \ りょうど もんだい で にんたいづよい どりょく を 1 ろしあ だいいち ふく しゅしょう あいみ \

きょうてい ちょういん じき に ついて は めいげん を さけた が 、 きしゃ あいみ に どうせき した コレリスキー ・ ろしあ ぎょぎょう いいんかい ぎちょう は ふく しゅしょう を ほそく して 「 われわれ は ねんない に も ちょういん する こと が できる が 、 ちょういん する か どう か は にっぽん がわ に けっていけん が うつって いる 」 と せつめい 、 にっぽん が ほっぽう よん しま に たいする ろしあ の しゅけん しょうにん の かいひ に こだわる かぎり 、 きょうてい ちょういん が おくれる かのうせい が ある こと を しさ した 。

にっぽん で の いちれんの かいだん けっか に ついて ふく しゅしょう は 「 にち ロ かんけい を まこと の パートナー どうし と して はってん さ せる こと が できる と かくしん した 」 と まんぞくかん を しめし 、 にち ロ ぼうえき けいざい いいんかい の せっち に かんする おぼえがき に ちょういん できた こと など を ほうにち の せいか と して きょうちょう した 。

ふく しゅしょう は この ほか 、 けいざい きょうりょく を すすめる ため とくに きょくとう ちいき で 、 じもと の しゅう など が にっぽん に つうしょう じょう の とくべつな べんぎ を はかる こと が できる よう ろしあ せいふ が しえん する ようい が ある こと を ひょうめい した 。 ( きょうどう ) \ Nov \ 29 \ 1994 \ 09:11 \ \ まいさわ し は いっぽんか ちょうせい しじ 1 トラブル さける べき だ \

みんしゃとう の まいさわ いいんちょう は にきゅう にち ゆうべ 、 わかやま しない の ホテル で きしゃ かいけん し 、 やとう の 「 しんしんとう 」 の しゅのう じんじ に ついて 「 さいだい の しめい は しんしんとう を スムーズに しゅっこう さ せる ことだ 。 しゅっこう まえ の エンジントラブル は さけ なければ なら ない 」 と のべ 、 せんきょ たいけつ に ともなう しこり を さける ため に こうほしゃ いっぽんか の ちょうせい を す べきだ と の かんがえ を しめした 。

きげん に ついて は 「 ぎりぎり まで と いう いがい に いい よう が ない 。 それ で きまら ない ばあい に は せんきょ だろう 」 と 、 やくいん を せんしゅつ する いちに つき はち にち まで どりょく を つづける かんがえ を きょうちょう した 。

まいさわ し は とうしゅ 、 かんじ ちょう など へ みずから りっこうほ する かのうせい に ついて 「 さいしょ から 、 で たい ひと より だし たい ひと が ベスト と いって きた 。 とうない 、 かく とうは の はなしあい を ベース に 、 でる で ない は きまる 。 あえて わたし が ぜったい でる と いう つもり は ない 」 と のべた 。 1

「 きょうじゅ に は がいこく の せんもんか が すいせん する ひと を 」 「 こくさいか に たいおう して こくばん は えいご しょき で 」 − − 。 とうだい だいがくいん すうり かがく けんきゅうか は にきゅう にち 、 こんな かいぜん かんこく を もった がいぶ ひょうか いいんかい の ほうこく しょ が ていしゅつ さ れた 、 と はっぴょう した 。

どう けんきゅうか は へいせい よん ねん に ほっそく した どくりつ ぶきょく 。 かっせいか の ため みしがん だい すうがくか の ゲーリング きょうじゅ ら べいこく の だいがく の さん きょうじゅ に 「 けんこう しんだん 」 を いらい して いた 。 とうだい で は がっか ごと に がいぶ ひょうか を もとめる うごき が ひろがって いる が 、 ぶきょく たんい の がいぶ ひょうか は はじめて 。 かんこく を うけた どう けんきゅうか は きょうじゅかい の した に いいんかい を もうけ 、 じゅんじ かいかく に とりくむ と して いる 。

ほうこく しょ は きょうかん じんじ の ちゅうしんとなる きょうじゅ に ついて 「 こうほしゃ は がいこく の せんもんか から の すいせん じょう が ひつよう 。 ぎょうせき が こくさいてきに しら れて い ない じんぶつ は こうほしゃ から じょがい す べきだ 」 と してき 。 1

しんしんとう の かんじ ちょう しゅうにん が ゆうりょくし さ れて いる おざわ いちろう しんせい とう だいひょう かんじ に ついて は 「 たのもしい ひと だ 。 いち ねんかん カウンターパート と して きごころ も わかって いる 」 と 、 りきりょう を ひょうか した 。 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 10:37 \ \ きょうじゅ は せかい に つうよう する ひと 1 とうだい だいがくいん すうり かがく けんきゅうか \

きょういく めん で は 、 にほんご で こうぎ する さい 、 りゅうがくせい の ため に こくばん に は じゅうような こと だけ でも えいご で かく よう もとめた 。

この ほか ( いち ) レベル の たかい こうぎ に ついて いけ ない がくせい も すくなく ない はんめん 、 とびきゅう かのうな がくせい も いる こと を ふまえた カリキュラム の みなおし ( に ) がくせい が いつでも コンピューター を りよう できる ように する ( さん ) じょせい の けんきゅう か いくせい の ため 、 そつぎょう ご すうがく で み を たてる の を えんじょ する − − こと など を あげて いる 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 10:34 \ \ どく きゅう つき の こくさい しゅうし の そくほう あたい 1 しほん しゅうし くろじ よんぜろおく まるく \

【 フランクフルト にきゅう にち きょうどう 】 どいつ れん ぎん が にきゅう にち はっぴょう した きゅう つき の こくさい しゅうし ( そくほう あたい ) に よる と 、 どいつ の けいじょう しゅうし の あかじ は ごにおく まるく で 、 はち つき の かくてい あたい ろくろくおく まるく から あかじ はば が しゅくしょう した 。

きゅう つき の ぼうえき しゅうし は ごはちおく まるく の くろじ 。 れん ぎん は 、 はち つき の かくてい あたい なないちおく まるく の くろじ から げんしょう した の は きせつ よういん と してき して いる 。

しほん しゅうし は はち つき の かくてい あたい ろくきゅうおく まるく から よんぜろおく まるく に くろじ が しゅくしょう した 。 ちょうき しほん しゅうし は よんななおく まるく の くろじ 。 たんき しほん しゅうし は 、 はち つき の かくてい あたい ごはちおく まるく の くろじ から 、 はちおく まるく の あかじ に てんじた 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 10:30 \ \ ワイドショー に つよい ひはん 1 いし さいし さつがい じけん の かねつ ほうどう \

「 ワイドショー に だいひょう さ れる じけん の げいのう ニュース か は め に あまる 。 はどめ が なくなって いる ほうどう ぶり を みて いる と 、 あれ が はたして ほうどう の な に あたいする の か ぎもん に おもう 」

いばらき けん つくば し の いし さいし さつがい じけん は 、 いたい はっけん ご から みんぽう かく きょく の ワイドショー が ひがいしゃ の しせいかつ の ばくろ かっせん を てんかい 。 おっと の いし のもと いわお ようぎしゃ ( にきゅう ) が たいほ さ れる に およんで ちょうてん に たっし 、 これ まで おおく の じけん ほうどう を みて きた けいさつちょう かんぶ も あきれる ほど の かねつ ほうどう が くりかえさ れて いる 。

ワイドショー がわ は 「 しちょうしゃ の かんしん に こたえた けっか 」 と しゅちょう して いる が 、 しきしゃ の あいだ に は 「 じんけん しんがい と いって いい ほど の いじょうな ほうどう で 、 テレビ は でんぱ を あつかう ほうどう きかん と して の せきにん を みずから ほうき した 」 と の こえ が ひろがって いる 。 1

【 しんがぽーる さんぜろ にち AP ・ DJ = きょうどう 】 さんぜろ にち の しんがぽーる かぶしき しじょう は 、 ほうこう かん に とぼしく 、 かんさんな あきない で 、 こはば たかで ひけた 。 ST こうぎょう かぶ しすう は ぜん ひび きゅうてんにきゅう ポイント こう の にによんにてんぜろきゅう 。

こめ さいけん ・ かぶしき しじょう が いぜん ふあんていな あたい うごき の うえ 、 ねんまつ が ちかづいて 、 しじょう さんか しゃ が すくなく なって いる 。 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 10:30 \ \ ワイドショー に つよい ひはん 1 いし さいし さつがい じけん の かねつ ほうどう \

▽ きょうみほんい で は ない

ワイドショー が この じけん を ほんかくてきに とりあげ はじめた の は 、 よこはま みなと で みつかった いたい の みもと が のもと ようぎしゃ の つま えいこ さん = とうじ ( さんいち ) = と ちょうじょ まなみ ちゃん = どう ( に つ ) = の に にん と かくにん さ れた こんげつ はち にち ごろ から だった 。

ふくろ つめ に さ れて すて られて いた こと や いしゃ の かぞく と いう わだい せい から 、 そのご れんじつ に わたり ちゃのま の きょうみ を ひく こと に なる が 、 とうしょ は ワイドショー も じじつ かんけい を つたえる の に せいいっぱい で 、 のもと ようぎしゃ いっか の しせいかつ に どそく で ふみこむ ような ほうそう は すくなかった 。

ところが 、 ちょうなん ゆうさく ちゃん = どう ( いち つ ) = が いたい で みつかった いちに にち ぜんご から 、 えいこ さん の わかれた ぜんぷ の インタビュー が ほうえい さ れる など しだいに エスカレート 。 1

けいしちょう まるのうち しょ は にきゅう にち まで に 、 とうきょう と ちよだ く の JR とうきょう えき いち かい の コインロッカー から たんじゅう いち ちょう と じつだん きゅうに はつ を おうしゅう した 。 どう しょ は じゅうとう ほう いはん など の ようぎ で そうさ して いる 。

しらべ に よる と 、 にはち にち ごご よん じ にぜろ ふん ごろ 、 けいしちょう に おとこ の こえ で 「 とうきょう えき やえす みなみぐち の コインロッカー に たんじゅう を いれて きた 」 と でんわ が あり 、 いっぽうてきに きれた 。 どう しょ で しらべた ところ 、 ロッカー から 、 かみぶくろ に つつま れた たんじゅう と じつだん が みつかった 。

たんじゅう は モーゼル しゃ せい の じどうしき で 、 こくひ の ケース に はいって いた 。 じつだん は にご はつ いり の かわ はこ さん はこ と 、 ばら で いちなな はつ 。 たんじゅう と いっしょに かみぶくろ に つつんで おいて あった 。 じゃっかん さび が あり 、 ここ すう ねん つかった けいせき は ない と いう 。

たんじゅう が みつかった ロッカー は じょうか ご だん の うち さい げだん で 、 つうこうにん から もっとも みえ にくい ばしょ 。

いちろく にち に は えいこ さん が ふうぞく みせ で しんや アルバイト して いた こと が はじめて つたえ られた 。 そのご ワイドショー は きょうみほんい いっしょく の ほうどう に そまり 、 しかい しゃ を かん に リポーター や コメンテーター と しょうする ひと たち の “ いどばた かいぎ ” の ような こうけい が くりひろげ られた 。 のもと ようぎしゃ が たいほ さ れた にご にち に TBS の 「 モーニング EYE 」 が 、 どう ばんぐみ の しちょうりつ と して は かこ さいこう の いちろく ぱーせんと だい を きろく する など テレビ かく きょく は こう しちょうりつ が つづいて いる 。

かく きょく の ワイドショー たんとう しゃ は 「 じけん を きょうみほんいに とりあげた こと は ない 」 と いちようの たいおう 。

えいこ さん の ふうぞく みせ アルバイト を ほうそう した TBS しゃかい じょうほうきょく の こまつ ちゅうぎ せんにん ぶちょう は 「 アルバイト の じじつ の うらつけ が とれた ので ほうどう した が 、 えいこ さん の “ ししゃ の めいよ ” を きずつけ ない ように はいりょ した 」 と はなす 。 1

たいわん の にっぽん しじょう で の がいかだて さいけん はっこう に ついて 、 おおくらしょう は 「 たいわん から だしん は ない 」 ( こくさい きんゆう きょく ) と ひてい して いる 。 がいこく かわせかんりほう で がいこく せいふ の ような ひ きょじゅう しゃ が にっぽん しじょう で さいけん を はっこう する ばあい に は とどけいで が ひつようで 、 どう しょう は たいわん の ように にっぽん と こっこう が ないこく が 「 はっこう した ぜんれい は ない 」 ( どう きょく ) と せつめい して いる 。 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 10:12 \ \ とうきょう えき ロッカー に たんじゅう 1 じつだん きゅうに はつ も はっけん \

コインロッカー かんり かいしゃ に よる と 、 JR とうきょう えき に は ロッカー が いちに かしょ に けい ごごぜろぜろ こ あり 、 りよう じかん は ごぜん なな じ から ごご いちいち じ まで 。 どう しょ は やえす みなみぐち の しよう じょうきょう から たんじゅう を かくした ちょくご 、 おとこ が けいさつ に でんわ した と みて 、 しゅうへん の もくげき しゃ を さがして いる 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 10:05 \ \ ?? ひじり 畛 からすき 遏 仝 おに 盜 はん ?? まんじ

タ ?? ?? ゥツタサ き ハ 、 ォ 、 ?? オ 、 ュ 。 ヲ 、 熙 螟 ヲ 、 ソ 。 盧 オエンケネノ ?? メトケ 。 ヒ 」 イ 」 ケニ ?? 畫 娃 みなもと ?? 械 喫 ?? ⊃ かん 堊 かわら さと しょく 疆 いのこ ?? 垤 繕 茲 りょう 詭 攬 瀋 か ぞく , 濃 からすき 遏 ■ くつ げん 弌 E いのこ ?? 埆 仗 はこ ?? ?? 陲 ろん い りん ちょう 莪 貳 崢 ?? よこ 亜 おり こもり 亜 おり 僑 娃 かい A 魑 掘 ?? 霾 むすめ あ 錬 こもり おろし いとま げ ?? ぎ きろ ?? あし ひぐま ?? まめ 枌 錬 かい おり こもり き おり いん ?? 枌 わたる かい 蟷 ?? にょ A くちばし こぶら 郎 くせ みなもと 辧 おおい △ 笋 かい ほう き 鵝 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 10:05 \ \ ろしあ ぐん の はけん を けいこく 1 ちぇちぇん じょうせい で ロ だいとうりょう \

【 もすくわ にきゅう にち きょうどう 】 えりつぃん ・ ろしあ だいとうりょう は にきゅう にち みめい 、 ろしあ なんぶ の ちぇちぇん きょうわこく の ないせん げきか を うけて しょうみょう を はっぴょう 、 しょうみょう から よんはち じかん いない に そうほう が ぶそう かいじょ して ていせん を じつげん し なければ 、 きょうわこく に ひじょう じたい れい を はつれい し ろしあ ぐん を とうにゅう する と けいこく した 。

きょうわこく の ないせん は 、 ろしあ から の どくりつ を せんげん して えりつぃん せいけん と の たいけつ いろ を せんめいに する ドダエフ だいとうりょう せいふ が 、 はん せいふ せいりょく の しゅと しんこう で れっせいに たたさ れて いる 。 えりつぃん せいけん は これ まで おもてむき は ちゅうりつ の たちば を ひょうめい 、 ふかいにゅう を げんそくとして きた 。

しかし にご にち から はじまった はん せいふ せいりょく の しゅと そうこうげき で 、 きょうわこく せいふ がわ の ほりょ の なか に ろしあ へい が ふくま れて いる こと など から 、 きょうこう しせい に てんじた と み られる 。 1

ふらんす の おおて ぎんこう 、 パリバ ぎんこう の こがいしゃ である パリバ しょうけん とうきょう してん ( ほんしゃ ほんこん 、 しほんきん いちぜろぜろおく えん ) は にきゅう にち 、 プルデンシャル しょうけん とうきょう してん が ばいきゃく する とうきょう しょうけん とりひきじょ の せい かいいん けん を しゅとく する ため 、 プルデンシャル がわ と こうしょう する いこう を あきらかに した 。

パリバ しょうけん とうきょう してん は せい かいいん けん しゅとく を めざす りゆう に ついて 「 にっぽん かぶ とりひき は なか ちょうき てきに みれば ビジネス に なる こと から 、 にっぽん かぶ の とりひき を きょうか する ため 」 と はなして いる 。 この ほか はなぶさ すみす ・ ニュー ・ コート しょうけん 、 ひさし わ しょうけん ( ほんしゃ おおさか ) など も ひがし しょう かいいん けん しゅとく の いこう が ある と み られて いる 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 10:01 \ \ けいじょう りえき は のび ゼロ 1 めい しょう の じもと いちさんきゅう しゃ \

まる まん しょうけん けい の まる まん ちょうさ センター が にきゅう にち はっぴょう した なごや しょうけん とりひきじょ じょうじょう の なかべ ちく の きぎょう いちさんきゅう しゃ ( でんりょく を のぞく ) の いちきゅうきゅうよん ねん きゅう つき ちゅうかん けっさん しゅうけい に よる と 、 うりあげだか は さんてんなな ぱーせんと げん と さん ねん れんぞく の げんしゅう だった が 、 けいじょう りえき は のび りつ ゼロ で き はつ の げんえき よそう を うわまわった 。

コストダウン など の ごうりか こうか が あらわれた せいぞうぎょう が いちごてんはち ぱーせんと の ぞうえき に なった の を はじめ 、 きぎょう ぎょうせき の そこいれ けいこう が はっきりして きた 。

ただ 、 ぎょうせき が こうちょうな でんき かんれん など が なかべ ちく に すくない ため 、 ぜんこく ベース に くらべ かいふく の テンポ は おそく なって いる 。

しゅうけい たいしょう きぎょう の うち ぞうえき と なった の は ぜんたい ( でんりょく を ふくむ ) の ごさんてんろく ぱーせんと に あたる ななご しゃ 、 ごうりか の こうか など で げんしゅう ぞうえき と なった きぎょう も ぜんたい の いちろくてんよん ぱーせんと の にさん しゃ に のぼった 。 1

きょうわこく がわ は 、 ろしあ が すでに はん せいふ がわ を ぐんじ しえん して いる と ひはん して いる が 、 ろしあ こくぼうしょう は 、 つかまった の は せいきの ろしあ ぐん へいし で は なく やとい へい である と しゅちょう して いる 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 10:01 \ \ ひつような しゃこうしん の うむ かくにん 1 けんしょうきん つき で 、 にちぎん してんちょう \

にちぎん の ほんま ちゅう よ おおさか してんちょう は にきゅう にち の ていれい きしゃ あいみ で 、 けんしょうきん つき ていき あずけきん に ついて 、 「 きんゆう きかん がわ と こきゃく の あいだ で しょうひん の せいかく を めぐって ( にんしき に ) くいちがい が あれば 、 どういう いみ で の くいちがい か を あきらかに した うえ で 、 ひつような たいおう が いる か どう か かんがえる 」 と のべた 。

こきゃく が 、 けんしょうきん を りそく に おきかえて けいさん せ ず 、 たんに けんしょう めあて で よきん する など 、 こきゃく がわ の にんしき に ふごうりな てん が あれば 、 にちぎん と して なんらか の きせい が ひつよう か どう か を けんとう する ようい の ある こと を しさ した 。

ほんま してんちょう は さらに けんしょうきん つき あずけきん の ぜひに かんし 、 こきゃく が いたずらに しゃこうしん に うごかさ れて よきん した か どう か を かくにん する ひつよう が ある 、 など の けんかい も しめした 。 ただ 、 こうした かくにん さぎょう は こんなん と の みかた が きんゆうかい の いちぶ に あり 、 にちぎん は おおくらしょう と ともに 、 この しゅ の あずけきん の とりあつかい に とうめん くりょ し そうだ 。 1

このみ ぎょうせき が めだつ の は アイシン せいき 、 とうかい りか でんき せいさく ところ など の じどうしゃ かんれん きぎょう 、 ゆしゅつ を のばした ふじ きかい せいぞう 、 にっぽん とくしゅ 陶 ぎょう 、 じゅうたく かんれん の りんない 、 アイホン など 。

ひ せいぞうぎょう で は りゅうつう かんれん が “ かかく はかい ” の えいきょう を うけた が 、 もうしょ で よそう いじょう に じゅよう が のびた なかべ でんりょく 、 ポッカコーポレーション など が こうちょうだった 。

きゅうご ねん さん つき き ( でんりょく を のぞく ) は うりあげだか が ぜろてんきゅう ぱーせんと の げんしゅう 、 けいじょう りえき は いちてんぜろ ぱーせんと ぞう と ゆるやかな かいふく を みこんで いる 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 09:59 \ \ けいき ていめい で にちょお えん きょう の ふそく 1 きゅうよん ねんど ぜいしゅう みとおし \

おおくらしょう は にきゅう にち 、 けいき ていめい に よる ほうじん ぜいしゅう の のびなやみ に よって いちきゅうきゅうよん ねんど の くに の いっぱん かいけい ぜいしゅう が 、 とうしょ よさん みつもり より にちょお えん きょう したまわって ごいちちょお えん ていど に とどまる みとおし を あきらかに した 。 ぜいしゅう の ぜんねんど じっせき われ は よん ねん れんぞく で 、 この ぜいしゅう を どだい に する きゅうご ねんど よさん は きびしい へんせい を よぎなく さ れる 。

どう しょう は きゅうよん ねんど の ぜいしゅう を 、 きゅうさん ねんど の ほせい ご ぜいしゅう みつもり や せいふ けいざい みとおし に よる めいもく けいざい せいちょうりつ よんてんぜろ ぱーせんと を ぜんてい に ごさんちょおろくろくごぜろおく えん と みて いた 。 1

けんしょうきん つき あずけきん は 、 きょうと ちゅうおう しんよう きんこ ( きょうと し ) が しん かね の ぎょうかい だんたい である ぜんこく しんよう きんこ きょうかい が じじつ じょう 、 じしゅく を ひょうめい した ちょくご に とりあつかい を きめて おり 、 かんさい ちく でも わだい を あつめて いる 。 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 09:57 \ \ ふさ しさん の のび りつ よこばい 1 ひがし くに せいめい の かみはんき ぎょうせき \

きゅうよん ねん さん つき き けっさん で せいめい ほけん かいしゃ と して せんご うぶの けいじょう あかじ を だした ひがし くに せいめい ほけん は にきゅう にち 、 いちきゅうきゅうよん ねんど かみはんき ( よん − きゅう つき ) ぎょうせき ほうこく を はっぴょう した 。

きゅう つき まつ の ふさ しさん は ごちょおいちはちよんろくおく えん で ぜんねん どうき に くらべ ほぼ よこばい だった 。 ほけん の しんき けいやく が きゅうてんきゅう ぱーせんと げん すこし 、 しさん うんよう しゅうえき も えんだか の しんこう など うんよう かんきょう が あっか した こと を はんえい して いちさんてんなな ぱーせんと おちこんだ 。

いっぱん きぎょう の うりあげだか に あたる ほけんりょう とう しゅうにゅう は やく いちきゅうてんはち ぱーせんと げんしょう した はんめん 、 ほけんきん とう しはらい かね は やく いちいちてんろく ぱーせんと ぞうか した 。 かぶしき の ばいきゃく えき や ふくみえき は こうひょう して い ない 。 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 09:59 \ \ けいき ていめい で にちょお えん きょう の ふそく 1 きゅうよん ねんど ぜいしゅう みとおし \

しかし じっさいに は 、 きゅうさん ねんど の ぜいしゅう けっさん は ほせい ご より も さらに いちちょおごごぜろぜろおく えん おちこんだ 。 さらに けいき どうこう も せいふ みとおし を したまわる こと が かくじつな じょうせい で 、 きぎょう しゅうえき の かいふく の おくれ に よる ほうじんぜい の のびなやみ が ぜいしゅう の あし を ひっぱる こと に なる 。 また ぜいせい かいかく かんれん ほう の せいりつ に よる しょとく げんぜい で いち − さん つき に やく さんぜろぜろぜろおく えん の げんしゅう が みこま れる 。

もうしょ に よる ビール の うりあげ こうちょうで しゅぜい が ぞうしゅう に なる もの の 、 これ ら の げんしゅう よういん を くわえる と ぜいしゅう は みつもり がく を にちょお えん きょう したまわる みこみ だ 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 09:52 \ \ いち つき しんとう しんちょう ろん いきおい を ます 1 しゃ とう ちゅうしつ ねもころ で ぶんれつ かいひ かくにん \

しゃかいとう は にきゅう にち の ちゅうおう しっこう いいん こんだん かい で 「 みんしゅ しゅぎ ・ リベラル しんとう 」 こうそう の ぐたいか を めぐり 「 まとまって しんとう を つくる 」 こと を かくにん 。 とうない で は 、 らいねん いち つき の つうじょう こっかい しょうしゅう まえ の しんとう けっせい に しんちょうな いけん が いきおい を まして いる 。

くぼ しょきちょう は いち つき しんとう けっせい の ほうしん で 、 「 しん みんしゅ れんごう 」 ( やまはな さだお かいちょう ) に は さきいき りとう を もとめる きゅうしん てき いけん も ある ため 、 いちに つき いちご にち ごろ に ひらく 「 ぜんこく だいひょう しゃ かいぎ 」 を ぜん に ちほう そしき を まきこんだ たすうは こうさく が かっぱつか する と み られる 。

いち つき の かい とうたいかい を もとめる しんみんれん と 、 しんとう けっせい の さき のばし を はかる むらやま しゅしょう しじ は 「 むらやま せいけん を ささえ しゃみん リベラル せいじ を すすめる かい 」 ( なかにし いさお かい かいちょう ) と の あいだ で だきょうてん を みいだせる か が しょうてん だ 。 1

せいふ ぜいせい ちょうさかい の かとう かん かいちょう は にきゅう にち の ぜい ちょう そうかい ご の あいみ で 、 ろんぎ を よんで いる けんしょうきん つき あずけきん に ついて 「 きんゆう きかん の きょうそう を しげき し 、 きんり じゆうか に このましい 。 ( いち じ けんとう して いた ) じしゅく ようせい を やめた おおくらしょう は さすが に りょうしき が ある 」 と けんしょうきん つき あずけきん の とうじょう を かんげい する いっぽう で 、 おおくらしょう の あわて ぶり を チクリ と ひにくった 。

ただ かとう かいちょう は 、 こくぜいちょう が けんしょうきん を こじん の いちじしょとく あつかい と にんてい 、 ひ かぜい と した こと に は 「 けんしょうきん は きんり の いちぶ と かんがえる べきで 、 どう ちょう の はんだん は だとう と は いえ ない ので は 」 と のべ 、 さいきん の ぜいしゅう の おちこみ に はいりょ した はつげん と なった 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 09:44 \ \ あいうら 1 まん さん しきょ 1 おおさか しょうせん みい せんぱく もと しゃちょう の はは \

あいうら まん さん ( あい うら ・ まん = あいうら きいちろう おおさか しょうせん みい せんぱく そうだんやく 、 もと しゃちょう の はは ) にきゅう にち ごぜん はち じ はん 、 きゅうせいしんふぜん の ため とうきょう と すぎなみ く まつのき さん − ご − ろく の じたく で しきょ 、 いちぜろに さい 。 とうきょう と しゅっしん 。 こくべつしき は いちに つき に にち ごご いち じ から なかの く ちゅうおう に − さんさん − さん 、 たから せん てら で 。 もしゅ は ちょうなん きいちろう ( き いちろう ) し 。 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 09:52 \ \ いち つき しんとう しんちょう ろん いきおい を ます 1 しゃ とう ちゅうしつ ねもころ で ぶんれつ かいひ かくにん \

しんみんれん は この にち の やくいん かい で 、 いち つき ちゅうじゅん に しんとう を けっせい する ほうしん を かくにん 。 こっかい かい きまつ まで に しんとう づくり の にってい を かためる ほうしん だ が 、 しんとう の けっせい じき を めぐる 「 ちゅうおう と ちほう の おんどさ 」 ( やまはな し ) も あって 、 あしなみ は みだれて いる 。

やくいん かい で は 「 じみんとう と せいけん を きょうゆう する の は まちがい だ 」 ( ほん おか あきつぐ さんいん ぎいん ) と さきいき りとう を しゅちょう する しょうすう の きゅうしんは と 、 いきおい を ます おんけん は が たいりつ 、 に きょく ぶんかい の けいこう が ひょうめんか した 。 じちろう けい ぎいん を ちゅうしん に 、 いち つき の とういつ かいは や しんとう じゅんび かい など を へた だんかい てきな しんとう けっせい を もさく する うごき も よそう さ れる 。 1

【 ろんどん さんぜろ にち きょうどう 】 さんぜろ にち の ろんどん がいこく かわせ しじょう の えんそうば は 、 まえび おわりね ひ さんご せん えんやす どるだか の いち どる = きゅうきゅう えん ぜろぜろ − いちぜろ せん で はじまった あと 、 ごぜん いちいち じ げんざい どう きゅうはち えん きゅうご せん − きゅうきゅう えん ぜろご せん で とりひき さ れて いる 。

しじょう すじ に よる と 、 とうきょう で の ドル けんちょう の ち あい を ひきついで はじまり 、 ドル を かう うごき が かっぱつだ と いう 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 11:20 \ \ にち べい つうしょう で ふんそう しょり きかん を 1 はしもと つうさんしょう が ていあん \

はしもと つうさんしょう は にきゅう にち 、 じみんとう ほんぶ で にち べい つうしょう かんけい に ついて こうえん した 。 このうち で どう そう は 「 にち べい の つうしょう が はってん する に したがって まさつ も ふえる が 、 まさつ を うまく かいけつ する ほうほう が だいじ 。 にち べい かん で つうしょう ふんそう を しょり する きかん を つくり たい 」 と ていあん 、 に くに かん の ふんそう しょり きかん を つくる かんがえ を あきらかに した 。

きかん の ぐたいてきな イメージ は 「 にっぽん より こめ と の かんけい が はるかに ふかく 、 まさつ も おおい かなだ に は せんもんか に よる そしき が ある 。 ( にち べい かん に も ) きはん の ない 、 ちゅうりつ てきな いけん を のべる ゆるやかな しょり きかん を つくら ねば なら ない 」 と して 、 だい さん もの に よる ちゅうさい きのう を もった きかん と する こと も しさ した 。 どう そう は 、 こんご と も にち べい の きょうちょう かんけい を いじ する こと が ひつよう と した うえ で 、 「 きょうちょう かんけい を すすめる に は にち べい ほうかつ けいざい きょうぎ の のこされた ぶんや を すすめる こと が ひつようだ 」 と してき 、 きせい かんわ ・ きょうそう せいさく など どう きょうぎ の こべつ ぶんや の こうしょう を つづける かんがえ も きょうちょう した 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 09:52 \ \ いち つき しんとう しんちょう ろん いきおい を ます 1 しゃ とう ちゅうしつ ねもころ で ぶんれつ かいひ かくにん \

これ に たいして 「 むらやま せいけん を ささえ しゃみん リベラル せいじ を すすめる かい 」 ( なかにし いさお かい かいちょう ) は しんみんれん が たいりょう りとう する かのうせい は よわまった と はんだん 、 まきかえし を はかる 。 にきゅう にち の やくいん かい でも 「 かいとう − しんとう けっせい が さきに あり きで は しゃかいとう の ほうかい に つながる 」 と つよきの にんしき で いっち 。 しんとう けっせい に しょうきょくてきな いちぶ ちほう そしき の しじ を はいけい に 、 ぜんこく だいひょう しゃ かいぎ で しんとう ろんぎ を トーンダウン さ せ 、 いち つき の とうたいかい かいさい に も はんたい する ほうしん だ 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 11:19 \ \ ジェリー ・ ルービン し しきょ 1 べいこく の もと はんせん うんどうか \

ジェリー ・ ルービン し ( べいこく の もと べとなむ はんせん うんどうか ) かりふぉるにあ だいがく いりょう センター など に よる と 、 にはち にち よる 、 こうつう じこ で にゅういん ちゅう に しきょ 。 ごろく さい 。

いちきゅうろくぜろ ねん だい の べとなむ はんせん うんどう の ちゅうしん メンバー の いち にん 。 ろくはち ねん の しかご みんしゅ とうたいかい で けいかん たい と の しょうとつ じけん を せんどう した と して じょゆう ジェーン ・ フォンダ さん の もとお とむ ・ ヘイドン し ら と ともに つみに とわ れた が 、 けっきょく むざい と なった 。 ななぜろ ねん だい に はいる と せいしん しゅぎ に てんじ 、 ヨガ や じこ にんしき の プログラム を かいはつ 。 さらに ウォールがい で とうき かつどう を おこない 、 はちぜろ ねん だい の とかい の ゆうふくな わかもの そう “ ヤッピー ” の しゅうえ を そしき した 。 きゅういち ねん に ろさんぜるす に てんきょ 、 えいよう いんりょう かいしゃ の はんばい そくしん に つとめて いた 。 いちよん にち 、 ろさんぜるす の じたく ちかく で あかしんごう を むし して どうろ を よこぎって いて くるま に は ね られ 、 にゅういん して いた 。 ( ろさんぜるす AP = きょうどう ) 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 11:18 \ \ つうか きょうきゅう もくひょう の さいよう を 1 ECB で どく ちほう ちゅう ぎん ふくそうさい \

【 フランクフルト にきゅう にち AP ・ DJ = きょうどう 】 どいつ ・ ヘッセン しゅう ちゅうおう ぎんこう の ファブリティウス ふくそうさい は にきゅう にち 、 しょうらい せつりつ さ れる おうしゅう ちゅうおう ぎんこう ( ECB ) の せいさく は つうか きょうきゅう りょう のび りつ もくひょう を しひょう と する の が もっとも のぞましい と の けんかい を ひょうめい した 。

どう ふくそうさい は 、 どいつ れん ぎん が つうか の あんてい で せいこう して きた の は つうか きょうきゅう りょう ( M さん ) の のび りつ もくひょう を せってい して きた ため だ と きょうちょう 、 「 おうしゅう きょうつう の きんゆう せいさく と して 、 つうか きょうきゅう もくひょう に かわって せっとく ちから が あり 、 あんてい を もたらす もの は ほか に ない 」 と かたらった 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 11:17 \ \ いほう しゅうろう の ロ 、 越 じょせい ぞうか 1 ちゅうごく で ばいしゅん など に じゅうじ \

【 ぺきん にきゅう にち きょうどう 】 ちゅうごく えいじ かみ ちゃいな ・ デーリー は にきゅう にち 、 ちゅうごく せいふ が にご にち に がいこくじん の ふほう しゅうろう とりしまり に かんする つうたつ を だした の は 、 ちゅうごく こくない で マッサージ や ばいしゅん に じゅうじ する ろしあ や べとなむ の じょせい が ふえて いる ため だ と ほうじた 。

どう かみ の しゅざい に こうあん しょう しゅつにゅうこく かんり ぶもん の せきにんしゃ は 「 マッサージ や ポルノショー 、 ばいしゅん など で かせぐ がいこくじん じょせい の いほう しゅうろう が もんだい だ 」 と つうたつ の りゆう を せつめい 。 じょせい の こくせき に ついて せきにんしゃ は ふれ なかった が 、 ぺきん の しょうそくすじ が 「 ろしあ や べとなむ を ふくむ きんりん しょこく の じょせい だ 」 と あきらかに した と いう 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 11:14 \ \ たけむら はつげん で きたちょうせん が こうか 1 ほうちょう だん えんき の はいけい \

よとう さん とう の ちょうせんみんしゅしゅぎじんみんきょうわこく ( きたちょうせん ) へ の だいひょう だん はけん もんだい は しきりなおし と なった 。 その はいけい を ぶんせき した 。

【 よとう ない ちょうせい 】 さいだい の ネック は 「 せんご よんご ねん の つぐない 」 を もりこんだ じしゃ りょうとう と ちょうせん ろうどう さん とう の 「 きょうどう せんげん 」 。 じみんとう ない から ないよう に ついて の ひはん が ふきだし 、 せんけん たい はけん が じしゃ しゅどう で きまった こと に はんぱつ して いた と さ れる たけむら さきがけ だいひょう ( ぞうしょう ) の 、 しんちょう はつげん が けっていだ と なった 。

ちょうせん ろうどうとう と ゆうとう かんけい に ある しゃかいとう は いっかん して だいひょう だん はけん に まえむきだった 。 しかし 、 いちきゅうきゅうぜろ ねん の ほうちょう だん さんか しゃ から の じじょう ききとり でも 「 さん とう きょうどう せんげん 」 へ の ひょうか が わかれ 、 よとう ない の ちょうせい は ゆきづまって 1

【 フランクフルト にきゅう にち きょうどう 】 どいつ れんぽう とうけい ちょう が にきゅう にち に はっぴょう した なな つき の きんろうしゃ の げっかん そうしゅうにゅう ちょうさ に よる と 、 きゅう ひがしどいつ の せいぞうぎょう で はたらく ひと の しゅうにゅう は ぜんねん どう つきごろ ななてんなな ぱーせんと ぞう の へいきん さんにろくいち まるく と なった 。 きゅう にしどいつ ちいき の そうしゅうにゅう に たいする ひりつ は ぜんねん の ろくろくてんいち ぱーせんと から ろくはちてんご ぱーせんと に じょうしょう 、 とうざい かくさ は わずか ながら しゅくしょう した 。

いっぽう 、 きゅう ひがしどいつ の きんゆう ほけん ぎょう で は そうしゅうにゅう が ぜんねん どう つきごろ はちてんに ぱーせんと のび 、 かくさ も ぜんねん の ろくきゅうてんご ぱーせんと から ななにてんはち ぱーせんと に かいぜん した 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 11:02 \ \ いたりあ ざいせい あかじ が げんしょう 1 ことし いち − きゅう つき \

【 ろーま にきゅう にち AP ・ DJ = きょうどう 】 いたりあ こっこ しょう にきゅう にち の はっぴょう に よる と 、 ことし いち − きゅう つき の どうこく ざいせい あかじ がく は いちぜろさんちょおにぜろぜろぜろおく リラ ( そくほう あたい ) で 、 ぜんねん どうき の いちぜろはちちょおはちななにぜろおく リラ に くらべ しゅくしょう した 。 ぜいしゅう がく は さんよんななちょおごはちぜろおく リラ 。 さい でびたい は よんさんきゅうちょおいちろくごぜろおく リラ で 、 こっこ しょう ささえ でびたい は いちいちちょおきゅうさんぜろおく リラ だった 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 11:14 \ \ たけむら はつげん で きたちょうせん が こうか 1 ほうちょう だん えんき の はいけい \

【 きたちょうせん の はんぱつ 】 きたちょうせん がわ は 、 けいすいろ てんかん しえん に しんちょうな たいしょ を もとめた なかそね もと しゅしょう の はつげん に ふ かいかん を しめし 、 ひこうしきに 「 かく とう かん の あしなみ の いっち 」 を ようきゅう 。 そのご 、 せんけん たい の うけいれ を ひこうしきに ひょうめい した もの の 、 たけむら はつげん で 「 さきがけ の ひと が ぎもん の はつげん を した 」 ( もと しゅう よろず ・ ちょうせんそうれん せきにん ふくぎちょう ) と いっきに 、 たいど を こうか さ せた 。

さらに かんこく せいふ に よとう だいひょう だん の はけん もんだい の けいか を せつめい する ため 、 せきやま しゃかいとう まつりごと 審 かいちょう ら が きゅうきょ ほうかん した こと が 「 きたちょうせん に さいだいきゅう の ふ かいかん を あたえた 」 ( せいふすじ ) よう だ 。

【 かんこく の ぎしん あんき 】 かんこく は 「 さん とう きょうどう せんげん 」 が なんの まえぶれ も なく ちょういん さ れて いらい 、 にっぽん がわ の うごき に ぎしん あんき と なって おり 、 いちぜろ つき に ほうかん した いがらし かんぼう ちょうかん に たいし 、 かね およぎ さん だいとうりょう は けんねん を ひょうめい 。 さらに 、 にち ちょう こっこうせいじょうか こうしょう が あたまごし で すすむ の を きょくどに けいかい し 、 こんげつ 、 じゃかるた で ひらか れた あじあ たいへいようけいざいきょうりょくかいぎ ( えいぺっく ) の さい も かね だいとうりょう が むらやま しゅしょう に しんちょうな たいおう を もとめて くぎ を さした 。 1

ゆう こん 1 あけみ さん ( あり ちか ・ あけみ = さくし か ほしの てつお = ほし の ・ てつろ う = ほんみょう ゆう こん てつお し の つま ) にはち にち ごご なな じ すぎ 、 くもまく した しゅっけつ の ため とうきょう と こがねい し かじの ちょう さん − ろく − いちぜろ の じたく で しきょ 、 ろくさん さい 。 やまぐち けん しゅっしん 。 そうぎ ・ こくべつしき は いちに つき さん にち ごご いち じ から こがねい し ぜん はらまち さん − さんなな − いち 、 ばん まま いん で 。 もしゅ は おっと てつお し 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 10:48 \ \ のるうぇー の さい しんせい は かのう 1 EU かめい で ドロール いいんちょう \

【 ぶりゅっせる にきゅう にち AP ・ DJ = きょうどう 】 おうしゅう いいんかい の ドロール いいんちょう は にきゅう にち 、 のるうぇー が こくみん とうひょう で おうしゅう れんごう ( EU ) かめい を きょひ した こと に ついて 、 どうこく は かめい を さい しんせい できる と のべた 。

どう いいんちょう は 、 のるうぇー が おうしゅう けいざい ちいき ( EEA ) の いちいん である こと から EU と は ひきつづき つよい つながり を もちつづける と きょうちょう した 。 どう いいんちょう は 、 いちきゅうきゅうろく ねん の おうしゅう れんごう じょうやく ( マーストリヒト じょうやく ) みなおし の ため の せいふ かん きょうぎ の あと に 、 のるうぇー が さいど かめい を しんせい する かのうせい が ある と して いる 。

また どう いいんちょう は 、 まえび よる に えいこく ぎかい が 、 EU へ の よんどころ しゅっきん ぞうがく を もりこんだ EU ざいせい ほうあん を かけつ した てん に ついて 「 はなぶさ メージャー しゅしょう だけ で なく 、 EU に とって も このましい 」 と かんげい した 。 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 10:47 \ \ いっしつりえき に しょうらいせい も こうりょ 1 じへいしょうじ の すいし で とうきょう こうさい \

かながわ けん いせはら し の けんりつ ようご がっこう で すいえい の じゅぎょう ちゅう に すいし した じへいしよう の だんし せいと = とうじ ( いちろく ) = の りょうしん が 、 けん と たんにん きょうし に やく ななぜろぜろぜろまん えん の そんがい ばいしょう を もとめた そしょう の こうそしん はんけつ が にきゅう にち とうきょう こうさい であり 、 ししと たつのり さいばんちょう は いっしん よこはま ちさい はんけつ と どうよう 、 きょうし の かしつ せきにん を にんてい した うえ で 、 いっしつりえき ぶん を にはちぜろまん えん ふやし けん がわ に そうがく さんいちよんぜろまん えん を しはらう よう めいじた 。

ねんしょう しゃ の いっしつりえき さんてい に ついて 、 ししと さいばんちょう は 「 せんざいてきに もつ しょうらい の はってん てき かのうせい を も こうりょ して さしつかえ ない 」 と はんだん 。 しぼう とうじ の せいと の のうりょく の のび と しょうらい の かのうせい を ひょうか し 、 さんてい きそ と して いっぱん きぎょう へ の しゅうしょく に よる どうけん ない で の さいてい ちんぎん を てきよう した 。

はんけつ りゆう で どう さいばんちょう は 「 じへいしよう だ から と いって ちいき さぎょう ところ で の ちんぎん だけ に げんてい する ので は 、 にんげん いち にん の せいめい の かち を はかる きそ と して は あまりに も ひくい すいじゅん で ふ てきせつ 」 と のべた 。 1

よとう さん とう が いまに なって せきやま し ら を かんこく に きゅうは 、 かん のぼり しゅう がいしょう と いし の そつう を はかる こと に なった の は 、 けんねん かいしょう の ため だ が 、 じみんとう ない に は 「 とう かん こうりゅう は じゆう だ 」 ( かんぶ ) と の はんぱつ も でて いる 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 10:46 \ \ くうしょう の さんこうにん しょうち を ようきゅう 1 じ とも が UX せんてい で \

きしゅ せんてい が せいじ もんだい か して いる こうくう じえいたい の じき た ようと きっ U X ) を めぐり じみんとう の むらかみ まさくに 、 きょうさんとう の はしもと あつし りょうし が にきゅう にち の さんいん ないかく いいんかい で 、 ぼうえいちょう の ぞう もと さかえ わ くうしょう の さんこうにん しょうち を ようきゅう した 。

ぞう もと くうしょう は さくねん さん つき まで こうくう ばくりょう 監 ぶ の そうび ぶちょう を つとめて いた 。 むらかみ 、 はしもと りょうし は UX しょうせん で の しょうしゃ 、 きたい せいび かいしゃ と ぞう げん し の かんけい を ついきゅう した 。

ないかく い は いちに つき いち にち の りじ こんだん かい で とりあつかい を きょうぎ する が 、 しんせい 、 こうめい りょうとう は はんたいの しせい を しめして いる 。 むらかみ し は 、 ぼうえいちょう が いったん どうにゅう を ないてい した べいこく せい ガルフストリーム の ゆにゅうしょう しゃ ・ おおくら しょうじ の かわぐち ふじお うちゅう こうくうき ぶちょう の さんこうにん しょうち も もとめた 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 10:44 \ \ せかい しゅよう しんぶん トップきじ てんに ( にきゅう にち ) \

▽ タイムズ ( えいこく ) はなぶさ ぞうしょう が EU ざいせい ほうあん はんたい の ぎいん と たいりつ

▽ インディペンデント ( えいこく ) 1 はなぶさ ぞうしょう が EU ざいせい ほうあん はんたい は を はげしく ひなん

▽ フィガロ ( ふらんす ) ほとけ が きゅう ゆーご の あんぜん ちたい そんちょう を よびかけ

▽ ウェルト ( どいつ ) 1 こーる しゅしょう 、 CDU とうたいかい で そしき の こうちょく せい だは うったえ

▽ イズベスチヤ ( ろしあ ) 1 ちぇちぇん ふんそう で なぜ ろしあ ひと が ほりょ に ?

▽ アルアハラム ( えじぷと ) ムバラク だいとうりょう が ルクソール ほうもん 1 ( きょうどう ) \ Nov \ 29 \ 1994 \ 10:47 \ \ いっしつりえき に しょうらいせい も こうりょ 1 じへいしょうじ の すいし で とうきょう こうさい \

げんこく だいりにん に よる と 、 いっしつりえき の さんてい で 、 ねんしょう しゃ の しょうらいせい など に ふみこんで はんだん した の は めずらしい と いう 。

はんけつ に よる と 、 だんし せいと は こうとう ぶ に ねん だった あきかず ろくに ねん よん つき いちご にち 、 プール で ふりょく ほじょ きぐ を つけて すいえい の こじん しどう ちゅう 、 みず を こわがって あばれた ため 、 たんとう きょうし に あたま を すう かい すいちゅう に おしこま れ 、 たいりょうに みず を のんで まもなく しぼう した 。

いっしん はんけつ は きょうし がわ の かしつ せきにん を みとめ 、 しょうがいしゃ が はたらく ちいき さぎょう ところ に すすむ ようご がっこう そつぎょうせい の わりあい が おおい てん など を こうりょ 、 いっしつりえき の さんてい きそ に ちいき さぎょう ところ の へいきん ちんぎん を てきよう した 。

これ に たいし 、 ししと さいばんちょう は とうじ の がくしゅう じょうきょう など から 、 せいと が しょうらい 、 きぼう して いた ちょうりし に なる かのうせい が あった と してき した 。 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 10:44 \ \ せかい しゅよう しんぶん トップきじ てんいち ( にきゅう にち ) \

▽ じんみん にっぽう ( ちゅうごく ) ちゅうおう の けんい を みずから ようご しよう

▽ ちょうせん にっぽう ( かんこく ) 1 かんこく ・ みんしゅとう が らいしゅう から こっかい とういん へ

▽ かんこく にっぽう ( かんこく ) 1 かんこく ・ みんしゅとう が らいげつ いちに にち いこう に こっかい とういん

▽ ばんこく ・ ポスト ( たい ) 1 ほうせき おうりょう じけん に からむ さつじん じけん で ぜん

けいさつ ちょうかん ら ふきそ に

▽ ネーション ( たい ) けんさつ とうきょく 、 さつじん じけん で ぜん けいさつ ちょうかん

ら を ふきそ しょぶん

▽ わしんとん ・ ポスト ( べいこく ) 1 こめ 、 ぼすにあ もんだい で たい せるびあ ひと せいりょく に じょうほ へ

▽ にゅーよーく ・ タイムズ ( べいこく ) 1 べいこく が たい せるびあ ひと せいりょく へ の きょうこう そち を だんねん ( きょうどう ) \ Nov \ 29 \ 1994 \ 10:43 \ \ ひれい せん の ありかた けんとう 1 とうきょう こうさい はんけつ で さんいん じみんとう かんじ ちょう \

さんいん じみんとう の やまもと とみお かんじ ちょう は にきゅう にち の きしゃ あいみ で 、 とうきょう こうさい の やまさき じゅんつ ・ にっぽん しんとう さんいん ぎいん の とうせん むこう はんけつ に かんれん して 「 しょうげき てきな 、 ドラスチックな はんけつ だ 。 かく とう が きょうつう して かんがえ なければ なら ない ちかい しょうらい の かだい だ 」 と のべ 、 ひれい だいひょう せんきょ の くりあげ とうせん の ありかた を ふくめ もんだい が ある と の けんかい を しめした 。

やまもと し は 「 じみんとう も かこ ( たとう の ひれい とうせん しゃ を ) ひきぬいた が 、 ( せいとう に とうひょう する ) ひれい せいど を かんがえた ばあい おかしい 。 かんじょうてきに わりきれ ない もの が ある 」 と して とうせん ご の せいとう しょぞく の いどう を あげた 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 10:37 \ \ NTT に ごぜろまん えん ばいしょう めいれい 1 ファクス の せつめい ふじゅうぶん と \

NTT の せつめい が ふじゅうぶんだった ため 、 ファクス ないぞう の でんち きれ など で そんがい を うけた と して 、 とうきょう と ちゅうおう く の じょうほう きき はんばい ぎょうしゃ が NTT など を あいて に はんばい だいきん など やく さんさんぜろまん えん の しはらい を もとめた そしょう の はんけつ が にきゅう にち 、 とうきょう ちさい であった 。

うちた けい いち さいばんかん は 「 ファクス は ないぞう の リチウム でんち が きれる と つうわ でき なく なる どくじの せっけい が さ れる など して おり 、 NTT は とりあつかい せつめいしょ など で ぎょうしゃ に せつめい する ぎむ が あった のに 、 これ を おこたった 」 と して 、 NTT に ごぜろまん えん の しはらい を めいじた 。

はんけつ に よる と 、 ぎょうしゃ は へいせい がんねん いち つき と よん つき 、 こきゃく へ てんばい する もくてき で NTT から けい いちにぜろ だい の ファクス を こうにゅう した 。

しかし 、 うれゆき が かんばしく なかった ため はんばい を ちゅうだん 。 しばらく ほかん し 、 ファクス が うれ だした へいせい ご ねん ごろ 、 はんばい を さいかい した が 、 すでに リチウム でんち が きれて いた 。 1

とうきょう と は にきゅう にち 、 ちょう こうれいか しゃかい と なる にぜろ ねん ご を てんぼう し 、 としん で の じゅうたく きょうきゅう ぞう や ざいたく かいご たいせい の かくりつ を めざす など の しさく を まとめた 「 にぜろいちご ねん ちょうき てんぼう 」 を はっぴょう した 。

とちじ の しもん きかん 「 にぜろいちご ねん の とうきょう を かんがえる こんだん かい 」 の ていげん を うけた もの で 、 これ を もと に こんご の ちょうき けいかく を さくてい する 。

それ に よる と ( いち ) じゅうたく しゅとく なん など で りゅうしゅつ する ファミリー せたい そう むけ とみん じゅうたく の きょうきゅう りょう を ふやしたり 、 かくしゅの やちん ほじょ せいど を けんとう する ( に ) しせつ せいび や ホームヘルパー の かくほ など に よる ざいたく かいご たいせい かくりつ ( さん ) けいかん アセスメント の どうにゅう や でんせん ちちゅう か など せいかつ かんきょう せいび − − など を じゅうてん かだい に あげて いる 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 12:30 \ \ きょくとう で にち ロ もんだい しゅっちょう い 1 ろしあ じょういん が らいげつ いちご にち \

【 もすくわ にきゅう にち きょうどう 】 ろしあ じょういん の ポドプリゴラ がいこう い ぎちょう は にきゅう にち 、 きょうどう つうしん に たいして 、 きょくとう の ハバロフスク で いちに つき いちご にち から に にちかん 、 にち ロ かんけい や あじあたいへいようちいき の あんぜん ほしょう もんだい など を しゅよう ぎだい と した うぶの とくべつ しゅっちょう かいぎ を かいさい する こと を あきらかに した 。

きょくとう ちいき の ちじ など で そしき する きょくとう きょうかい と どう いいんかい の きょうさい で 、 にっぽん から すげ ただびと しゅういん がいむ いいんちょう 、 いのうえ しょうへい さんいん がいむ いいんちょう ら の しゅっせき を もとめ せっしょう して いる 。

ソスコベツ だい いち ふく しゅしょう の ほうにち で 、 にち ロ かん の けいざい かんけい かくだい に かんする きほんてきな わくぐみ の せいび が ぜんしん した こと を うけ 、 ぎかい 、 ちいき かん レベル で さらに にち ロ かんけい かくだい の かのうせい を さぐる の が もくてき 。

ろしあ がわ から は 、 どう いいんかい の メンバー の ほか に 、 ほっぽう りょうど を かんかつ する さはりん しゅう の クラスノヤロフ ちじ や 、 たいへいよう かんたい かんぶ など ぐん かんけいしゃ 、 こっきょう けいびたい かんぶ ら が さんか する よてい 。

【 おすろ にきゅう にち きょうどう 】 おうしゅう れんごう ( EU ) へ の かめい の ぜひ を とう のるうぇー の こくみん とうひょう の かいひょう さぎょう は にきゅう にち も つづけ られ 、 どうにち ごご いち じ にぜろ ふん ( にほんじかん どうにち ごご きゅう じ にぜろ ふん ) げんざい 、 のるうぇー こくえい テレビ NRK に よる と 、 かめい はんたい は は ごにてんに ぱーせんと に たいし 、 さんせい は は よんななてんはち ぱーせんと 。 かいひょう りつ は きゅうきゅうてんに ぱーせんと 。

こんかい の こくみん とうひょう の とうひょうりつ は はちはちてんご ぱーせんと の こうりつだった 。 いちきゅうななに ねん に じっし さ れた おうしゅうきょうどうたい ( EC ) かめい に かんする こくみん とうひょう で は はんたい は は ごさんてんご ぱーせんと 、 さんせい は は よんろくてんご ぱーせんと だった 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 10:37 \ \ NTT に ごぜろまん えん ばいしょう めいれい 1 ファクス の せつめい ふじゅうぶん と \

はんけつ は 、 こきゃく から ぎょうしゃ に へんぴん さ れる など した ファクス よんに だい の ほしゅう だいきん など と して ごぜろまん えん の そんがい を みとめた 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 12:19 \ \ のるうぇー の さい しんせい かのう 1 ドロール いいんちょう が げんめい \

【 ぶりゅっせる にきゅう にち AP ・ DJ = きょうどう 】 おうしゅう いいんかい の ドロール いいんちょう は にきゅう にち 、 のるうぇー こくみん とうひょう が おうしゅう れんごう ( EU ) かめい を きょひ した こと に かんれん して 、 どうこく は かめい を さい しんせい できる と のべた 。

いいんちょう は 、 のるうぇー が おうしゅう けいざい ちいき ( EEA ) の いちいん である こと から 、 EU と は ひきつづき つよい つながり を もちつづける と きょうちょう 。 いちきゅうきゅうろく ねん の おうしゅう れんごう じょうやく ( マーストリヒト じょうやく ) みなおし の ため の せいふ かん きょうぎ の あと に 、 のるうぇー が さいど かめい を しんせい する かのうせい が ある と のべた 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 12:30 \ \ きょくとう で にち ロ もんだい しゅっちょう い 1 ろしあ じょういん が らいげつ いちご にち \

ほっぽう りょうど しゅうへん かいいき で の にっぽん ぎょせん の あんぜん そうぎょう もんだい や 、 ほっぽう りょうど に ろしあ が けいかく して いる じゆう けいざい ちく の てんぼう など ほっぽう りょうど もんだい が しょうがい と なって にち ロ かん の ちょうせい が なんこう する もんだい に ついて はなしあう 。

どう いいんかい は これ まで に も 、 こっきょう もんだい で たいりつ する エストニア の ぎいん ら と こっきょう ちたい の プスコフ しゅう で しゅっちょう い を ひらいて いる 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 12:17 \ \ かんこく ほうもん は に にちかん 1 われさ ・ ぽーらんど だいとうりょう \

【 わるしゃわ にきゅう にち きょうどう 】 ぽーらんど だいとうりょうふ は にきゅう にち 、 われさ だいとうりょう が いちに つき ろく にち から きゅう にち まで の にっぽん ほうもん に つづいて 、 きゅう にち から いちぜろ にち まで かんこく を こうしき ほうもん する と はっぴょう した 。 だいとうりょうふ に よる と 、 われさ だいとうりょう は とくべつ き で ご にち ちょう に わるしゃわ を しゅっぱつ 、 ぶだぺすと で ぜんおう あんぽ きょうりょく かいぎ ( CSCE ) しゅのう かいぎ に しゅっせき した あと 、 にっぽん に むかう 。 わるしゃわ に は いちいち にち みめい に もどる よてい 。 1 \ Nov \ 30 \ 1994 \ 12:10 \ \ けんちょう で すいい 1 ろんどん かぶしき しきょう ( しょうご ) \

【 ろんどん さんぜろ にち きょうどう 】 さんぜろ にち の ろんどん かぶしき しじょう の フィナンシャル ・ タイムズ ももくさ かぶか しすう は まえび おわりね ひ にてんよん ポイント やすき の さんぜろごはちてんなな で はじまった あと 、 しょうご げんざい どう はちてんに ポイント こう の さんぜろろくきゅうてんさん を つけて いる 。。

しじょう すじ に よる と 、 まえび はっぴょう さ れた しん よさんあん を こうかん して やくひん かぶ など が かわれた が 、 しんき ざいりょう に とぼしく 、 おおきな うごき に なって い ない と いう 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 12:06 \ \ せいとう の ないぶ きりつ に ふみこむ 1 にっぽん しんとう ぎいん とうせん むこう はんけつ \

げんしょく の にっぽん しんとう さんいん ぎいん の とうせん を むこう と する にきゅう にち の はんけつ で とうきょう こうさい は 、 みんしゅてきで こうせいな てつづき を へ ない ぎいん や こうほしゃ の じょめい は むこう と の はんだん を しめした 。 そしょう は 、 げんこく の もと にっぽん しんとう かんぶ の じょめい を めぐる ないふん が とうない で かいけつ でき ず 、 さいばんしょ に もちこま れた きわめて まれな ケ | ス だ 。

ひこく の ちゅうおうせんきょかんりかい は さいこうさい に じょうこく して はんだん を もとめる かのうせい が つよい 。 さいこうさい が こうさい と どうようの はんだん を くだせば 、 この もと かんぶ が 「 ふっかつ 」 とうせん する ぜんだい みもん の じたい と も なる 。

しほう が せいとう ないぶ の きりつ の ありかた に ついて ふみこんだ の は はじめて で 、 せいじ かつどう の じゆう と の かんれん で かく とう に もんだい を なげかけた 。

こんご 、 せいかい さいへん が すすむ と ぎいん や こうほしゃ の りごう しゅうさん が さらに はげしく なる と よそう さ れる 。 こんかい の じれい は 、 こうした せいじ じょうきょう で は ぎいん の みぶん など を めぐる トラブル が おき かね ない こと を も しめして いる 。

【 フランクフルト にきゅう にち きょうどう 】 どいつ の じどうしゃ メーカー 、 メルセデス ・ ベンツ ( ほんしゃ シュツットガルト ) は にきゅう にち 、 どうしゃ の みなみあふりか こがいしゃ 、 メルセデス ・ ベンツ みなみあふりか ( MBSA 、 ほんしゃ イーストロンドン ) が にっぽん の みつびし じどうしゃ こうぎょう と ていけい して ピックアップ かた トラック 「 コルト 」 の せいさん を かいし した と はっぴょう した 。

ねんかん せいさん だい すう は はちぜろぜろぜろ だい の よてい 。 ベンツ は こんご ご ねんかん に いちおく まるく を みなみあふりか に とうし する と して いる 。 1 \ Nov \ 30 \ 1994 \ 12:05 \ \ あじあ ・ たいようしゅう の かぶか しすう おわりね ( APDJ ) \

さんぜろ にち まえび ばんこく SET = いちさんろくにてんよんよんいちさんごさんてんさんよん ほんこん ハンセン = 1 はちよんろくろくてんにろくはちろくごはちてんにろく じゃかるた そうごう = 1 よんはちにてんろくさんによんはちごてんよんいちきゅう くあらるんぷーる そうごう = 1 いちぜろいちさんてんいちさんいちぜろぜろさんてんろくきゅう ふぃりぴん そうごう = 1 きゅうじょう 1 きゅうじょう かんこく そうごう = 1 いちぜろななよんてんよんいちいちぜろはちいちてんにろく しゃんはい SC ぎん = ろくろくてんさんにろくななてんになな ふけ セン SC ぎん = いちぜろいちてんななはち 1 いちぜろいちてんよんはち しんがぽーる ST こうぎょう = 1 にによんにてんぜろきゅうににさんにてんはちぜろ おーすとらりあ そうごう = いちはちきゅうぜろてんなな 1 いちはちきゅういちてんさん たいわん かじゅう へいきん = 1 ろくさんろくさんてんななにろくさんはちはちてんいちぜろ とうきょう へいきん かぶか = いちきゅうぜろななごてんろくに 1 いちはちきゅうにろくてんよんきゅう にゅーじーらんど よんぜろ しゅ = いちきゅうきゅうぜろてんきゅうななにぜろぜろよんてんろくご \ Nov \ 29 \ 1994 \ 12:00 \ \ きんゆう せいさく は かわら ず 1 のるうぇー ちゅう ぎん そうさい \

【 おすろ にきゅう にち AP ・ DJ = きょうどう 】 のるうぇー ちゅうおう ぎんこう の モランド そうさい は にきゅう にち 、 AP ・ DJ つうしん と の あいみ に おうじ 、 まえび の こくみん とうひょう で どうこく が おうしゅう れんごう ( EU ) かめい を ひけつ した てん に ついて 、 きんゆう せいさく の へんこう に は つながら ない と の けんかい を ひょうめい した 。

どう そうさい は 、 われわれ の きんゆう せいさく の ガイドライン は クローナ の たい おうしゅう つうか そうば を あんてい さ せる こと を もくひょう と して おり 、 この ガイドライン は EU かめい もんだい と は かんけいなく さくてい さ れて いる と きょうちょう した 。

どう そうさい は また 、 ざいせい ひきしめ の ついか そち が ひつようだ と のべた 。 のるうぇー せいふ は 、 EU かめい の こくみん とうひょう が ひけつ さ れた ばあい は ついか ざいせい そち を とる と して おり 、 どう そうさい は すう しゅうかん いない に ぎかい で ひきしめ そち が きまる と みて いる 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 12:06 \ \ せいとう の ないぶ きりつ に ふみこむ 1 にっぽん しんとう ぎいん とうせん むこう はんけつ \

はんけつ は 、 もと にっぽん しんとう かんぶ だった まつさき てつひさ し の じょめい を むこう と みとめ 、 この かんぶ に かわって くりあげ とうせん した やまさき じゅんつ ( えん よりこ ) ぎいん の とうせん を むこう と した 。 どう とう の じょめい しょぶん に ついて は 「 みんしゅてきで こうせいな てつづき きてい を さだめて い ない 」 と してき 。 じょめい たいしょう しゃ に はんろん の きかい を あたえる こと など を もとめて いる 。

げんざい 、 せいとう の うんえい や そしき に かんする ほうりつ や せいれい は なく 、 はんけつ は ほうりつ じょう も じゅうぶんな ないぶ きてい を さだめる よう せいとう に ようきゅう して いる と いえよう 。

かく とう は とうたいかい など の てつづき を へて とう きやく を きめて いる 。 じょめい に ついて も ほんにん の しゃくめい を きいた うえ で きりつ いいんかい で けってい する など の きてい が ある 。

しかし 、 にっぽん しんとう の きてい に は ふび が あった こと が はんけつ で してき さ れた こと に なる 。 たとえ きてい を せいび して も 「 うんよう が もんだい だ 」 ( じみんとう せん たい ) と の してき も ある 。 1

しょうひん とりひき かいしゃ 「 セントラル しょうじ 」 ( とうきょう と ちゅうおう く ) の えいぎょう マン の ふとうな はんぷく うりかい や しょうこきん の むだん りゅうよう など で 、 そんがい を うけた 、 として いばらき けんない はらまち の だんせい が どうしゃ に やく さんぜろぜろぜろまん えん の そんがい ばいしょう を もとめた そしょう の はんけつ が にきゅう にち 、 とうきょう ちさい であった 。

あまの のぼり よしはる さいばんかん は 「 とりひき の ようたい 、 おお すぎる うりかい かいすう など から 、 だんせい の じゆうな いし に よる とりひき だった と みとめ られ ず 、 とりひき は ぜんたい と して いほうだった 」 と して 、 セントラル しょうじ に やく いちいちよんぜろまん えん の しはらい を めいじた 。

はんけつ に よる と 、 あきかず ろくに ねん さん つき 、 だんせい は けいえい する かいしゃ で えいぎょう マン の ほうもん を うけ 、 めんし 、 ききんぞく 、 ゴム など の しょうひん とりひき を かいし 。 ろくさん ねん に つき まで に いちさんよん かい の うりかい が さ れ 、 だんせい は けい よんよんぜろぜろまん えん の しょうこきん を さしいれた が 、 さいしゅうてきに やく いちぜろぜろぜろまん えん しか へんきん さ れ なかった 。 1

【 わるしゃわ にきゅう にち きょうどう 】 ぽーらんど の われさ だいとうりょう は にきゅう にち 、 いちに つき ろく にち から の にっぽん ほうもん を ぜん に きょうどう つうしんしゃ など と かいけん し 、 たい にち かんけい に ついて 「 にっぽん がわ は ぽーらんど しじょう で は かつどうてきで は ない 」 と して げんじょう に ふまん を ひょうめい 、 こんかい の ほうもん で は 「 りょうこく かんけい に もっと しげき を くわえる ような ぎろん を し たい 」 と の きぼう を ひょうめい した 。

だいとうりょう は たい にち かんけい に ついて 、 りょうこく かん に ていき こうくうろ が ない こと など おおく の もんだいてん を してき する と ともに 、 にっぽん の たい ぽーらんど とうし を ふやす ため の じょうけん せいび を おこない たい と の いこう を ひょうめい 。 こんかい の ほうもん で そうほう の しゅちょう に かんする りかい を ふかめ たい と のべた 。 1

【 フランクフルト にきゅう にち AP ・ DJ = きょうどう 】 どいつ れん ぎん にきゅう にち の はっぴょう に よる と 、 がいこくじん とうし か に よる どうこく さいけん の かいこし がく は きゅう つき に きゅうはちおくよんはちぜろぜろまん まるく で 、 ことし いち つき いらい の さいこう を きろく した 。 はち つき は ごごおくにはちぜろぜろまん まるく 、 なな つき は さんぜろおく まるく の かいこし で 、 この けっか 、 だい さん しはんき ぜんたい で は いちはちさんおくななろくぜろぜろまん まるく の かいこし と なる 。 だいに しはんき は いちきゅういちおくななぜろぜろぜろまん まるく の うりこし だった 。 ねんしょ き の ごうけい で みる と 、 まだ ににおくごろくぜろぜろまん まるく の うりこし と なって いる 。

いっぽう 、 かぶしき を みる と 、 がいこくじん とうし か は きゅう つき に いちきゅうおくさんにぜろぜろまん まるく うり こして いる 。 はち つき は いちよんおくななきゅうぜろぜろまん まるく の かいこし だった 。 1 \ Nov \ 30 \ 1994 \ 11:29 \ \ つきずえ で こーる さらに こはば じょうしょう 1 どいつ たんき きんゆう しきょう \

【 ろんどん さんぜろ にち きょうどう 】 さんぜろ にち の フランクフルト たんき きんゆう しじょう は 、 つきずえ に ともなう しきん じゅよう の ぞうか で 、 こーる きんり が さらに こはば じょうしょう した 。 フランクフルト じかん しょうご すぎ の よくじつもの けはい あたい は 、 ろくてんぜろぜろ − ろくてんぜろご ぱーせんと と 、 ロンバード ( さいけん たんぽ かしつけ ) きんり を こえる すいじゅん まで じょうしょう した ( まえび は ごてんななご | ろくてんぜろぜろ ぱーせんと ) 。

じゅんび あずけきん の つみ さい しゅうじつ の ため 、 しきん じゅよう が たかまり 「 こーる きんり は あさがた の とりひき で は ろくてんにご ぱーせんと まで じょうしょう した 」 ( デュッセルドルフ の トレーダー ) 。

この にち の しゅう れい たんき かいオペ ( レポ ) は さんはちおく まるく の しきん きょうきゅう と 、 おおかた の よそう より は ゆるめ だった もの の 「 ちゅうりつ てきな ちょうせつ 」 ( どう ) と うけとめ られ 、 めだった はんのう は なかった 。 また 「 こぎって の けっさい ほうしき へんこう の えいきょう は いちじてきな もの 」 ( どう ) で 、 つきがえ わりと なる いちに つき いち にち に は 、 こーる きんり は ていか する と み られて いる 。 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 12:06 \ \ せいとう の ないぶ きりつ に ふみこむ 1 にっぽん しんとう ぎいん とうせん むこう はんけつ \

しゅういん で あらたに ぜんこく いちいち ブロック の ひれい だいひょう せんきょ が どうにゅう さ れる が 、 この せんきょ で の とうせん しゃ の りとう が ほうてきに ゆるさ れる の か と いう いけん が いちぶ で ねづよく ある 。 「 とう の かんばん と しえん で とうせん して おき ながら 」 ( じみんとう せん たい ) と いう わけだ 。

そこ で じみんとう は 、 たとう の こうほ を おうえん する 「 りてき こうい 」 を したら じょめい する と いった こうほしゃ せんてい きじゅん を もうけた 。

しかし 、 こうした とりきめ も 、 こくみん に ちょくせつ えらば れた ぎいん の みぶん を ほしょう して いる けんぽう と の かねあい が あり 、 どこ まで こうそくりょく が ある か こっかい など で ぎろん さ れ そうだ 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 11:27 \ \ すぺいん あらがね こうぎょう せいさん 1 きゅう つき は ななてんご ぱーせんと ぞう \

【 まどりーど にきゅう にち AP ・ DJ = きょうどう 】 すぺいん こくりつ とうけい けいざい けんきゅうじょ にきゅう にち の はっぴょう に よる と 、 きゅう つき の どうこく こうこうぎょうせいさんしすう は いちぜろよんてんよん ( いちきゅうきゅうぜろ ねん = いちぜろぜろ ) で 、 ぜんねん どう つきごろ ななてんご ぱーせんと じょうしょう した 。 ぜん つきごろ で は ろくよんてんよん ぱーせんと の じょうしょう で 、 また ねんしょ らい で みる と ろくてんなな ぱーせんと の じょうしょう と なる 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 11:25 \ \ とちぎ しんぶん の ろうし が わげ 1 かいこ てっかい 、 におく えん しはらう \

とちぎ しんぶん の はいかん と どう ろうそ くみあいいん へ の かいこ つうこく を めぐる ろうどう そうぎ で 、 どう ろうそ ( くみあいいん さんさん にん 、 いしかわ よしあき いいんちょう ) と けいえい がわ は にきゅう にち 、 ちゅうおう ろうどう いいんかい の たちあい で こうしょう した けっか 、 けいえい がわ は ろうそ がわ に たいしょくきん など けい におく えん を しはらい 、 ろうそ がわ は せんゆう して いる しゃおく を らいねん いち つき さんいち にち に けいえい がわ に あけわたす こと など で わげ が せいりつ した 。

どう ろうそ は こんご も あたらしい スポンサー さがし など とちぎ しんぶん の ふっかん かつどう を つづけて いく と いう 。

わげ で は 、 この ほか けいえい がわ が どうけん ない の にっかんし に しんぶん の はっこう を ていし した こと に ついて の しゃざい こうこく を けいさい する こと や 、 ことし さん つき まつ の くみあいいん へ の かいこ つうこく を てっかい して にんい たいしょく と する こと など を きめた 。 1

みつびしじゅうこうぎょう きょうかつ みすい じけん で たいほ さ れた もと ぼうりょくだん かんぶ ら が 、 だんごう ぎわく を ざいりょう に おおさか しない の おおて きょうりょう ( きょうりょう ) けんせつ かいしゃ 「 まつお きょうりょう 」 から げんきん いちおく えん を おどしとって いた こと が わかり 、 けいしちょう そうさ よん か は にきゅう にち 、 きょうかつ の うたがい で もと してい ぼうりょくだん やまぐち くみ けい くみ みき の ぶ おかた あきら ( ごいち ) 、 まつお きょうりょう もと しゃいん の さくらい やすひろ ( よんぜろ ) 、 もと べんごし の うちやま てっぷ ( よんろく ) ら ろく ひこく = いずれも きょうかつ みすい ようぎ で きそ = を さい たいほ した 。

おかた ようぎしゃ ら は にっぽん きょうりょう けんせつ きょうかい かいちょう の みつびしじゅうこう しゃちょう たく ら の ほか 、 まつお きょうりょう など どう きょうかい かめい の よんぜろすう しゃ の えいぎょう たんとう かんぶ やく いちよんぜろ にん の じたく に きょうはく ぶんしょ を そうふ 、 ぎょうかい ぜんたい を きょうはく して いた と み られ 、 どう か は べつの かいしゃ も ひがい に あって い ない か どう か くわしく しらべる 。

おかた ようぎしゃ ら の ほか に さい たいほ さ れた の は してい ぼうりょくだん すみよし かい けい にしい かい かんぶ の やまさき ぶんてん ( ごいち ) 、 ちょじゅつぎょう はつ かわ まつじ ( ななよん ) 、 もと やまぐち くみ けい くみいん わたなべ あきら ( よんご ) の さん ようぎしゃ 。

【 そうる にきゅう にち きょうどう 】 ないがい つうしん に よる と 、 ちょうせんみんしゅしゅぎじんみんきょうわこく ( きたちょうせん ) の ちょうせん ちゅうおう つうしん は にきゅう にち 、 ぺきん で さんぜろ にち から ひらか れる けいすいろ てんかん しえん の べいちょう せんもんか かいぎ に しゅっせき する きたちょうせん だいひょう だん が どうにち 、 ぴょんやん から くうろ ぺきん に むかった と ほうじた 。 かね まさとも ・ たいがい けいざい いいんかい ふく いいんちょう が だいひょう だん だんちょう を つとめて いる と いう 。

ちゅうおう つうしん は また 、 いちに つき ろく にち から わしんとん で ひらか れる べいこく と きたちょうせん の れんらく じむしょ そうご せっち の ため の せんもんか かいぎ に しゅっせき する きたちょうせん がいむしょう だいひょう だん も どうにち 、 くうろ ぴょんやん を しゅっぱつ した と ほうじた が 、 だいひょう だん の メンバー に ついて は あきらかに し なかった 。

ぺきん で の かいぎ は さん にちかん の よてい と いう 。 かね まさとも だんちょう は かね しょうにち しょき の そっきん と いわ れる わかて かいかく は 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 13:36 \ \ どく ヘキスト ちゅうごく で ごうべん じぎょう 1 げんち きぎょう と けんちく ほじょ ざい せいさん \

【 フランクフルト にきゅう にち きょうどう 】 どいつ の かがく おおて ヘキスト ( ほんしゃ フランクフルト ) は にきゅう にち 、 どうしゃ の ちゅうごく こがいしゃ と ちゅうごく の しょうしゃ 、 けんせつ ざい メーカー さん しゃ が ごうべん で ポリエステル けい の けんちく ほじょ ざい ( じゅうてん ざい ) の せいさん を おこなう けいやく を むすんだ と はっぴょう した 。

はっぴょう に よる と 、 ヘキスト は にきゅうぜろぜろまん どる を とうし 、 しゃんはい こうがい に さいしん せつび の せいさん こうじょう を けんせつ する 。 どうしゃ の しゅっし ひりつ は ろくぜろ ぱーせんと で 、 きゅうろく ねん の かどう を よてい して いる 。

ヘキスト は あて ん ざい の メーカー と して せかいいち の シェア を もつ 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 11:25 \ \ とちぎ しんぶん の ろうし が わげ 1 かいこ てっかい 、 におく えん しはらう \

さん つき まつ の はいかん 、 かいこ の はっぴょう ご 、 けいえい がわ は ろうし こうしょう を いっさい きょひ 。 この ため 、 ろうそ がわ の もうしたて で とちぎ けん ちほう ろうどう いいんかい が なな つき に だんこう かいさい を めいれい した が 、 ふふく と した けいえい がわ が ちゅうろうい に さい しんさ を せいきゅう して いた 。

わげ に ついて 、 けいえい がわ の べんごし は 「 いっさい コメント でき ない 」 と して いる 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 13:32 \ \ 「 むらやま ビジョン 」 けんとう へ 1 しゅしょう が せいさく ブレーン と こんだん \

むらやま しゅしょう は にきゅう にち よる 、 しゅしょう の わたし てき せいさく ブレーン の あつまり 「 にいち かい 」 に しゅっせき 。 みやさき ゆう やまと そうけん りじ ちょう 、 やまぐち じろう ほくだい きょうじゅ ら どう かい メンバー と こんだん 、 かこ を ふまえ ながら みらい を てんぼう する なか ちょうき てきな せいさく の ほうこうづけ となる 「 むらやま ビジョン 」 を まとめる こと を きめた 。 かいごう に は のさか けんせつしょう 、 たなか しゅう しちょう しんとう さきがけ だいひょう だいこう が どうせき した 。

どう かい は 、 しゅしょう の ねんあけ の きしゃ あいみ など で 「 ビジョン 」 の いちぶ を ひょうめい できる よう 、 さらに けんとう する よてい 。

いけん こうかん で は けいざい せいさく や ぎょうかく もんだい など に ついて 「 ( あたらしい ) けいざい けいかく を かんがえる じき で は ない か 」 「 ぎょうかく に ( しょうちょう が ) しょうきょくてきな いんしょう が ある 。 より きょうりょくに すすめる ひつよう が ある 」 など の いけん が ださ れた 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 13:11 \ \ きたちょうせん の すな を かんこく しゃ が ゆにゅう 1 ご ねんかん に ごぜろぜろまん とん \

【 そうる にきゅう にち きょうどう 】 さんぜろ ひづけ の とうあ にっぽう はやさ はん に よる と 、 かんこく とうぶ の えはら みち とうかい し の けんせつ かいしゃ が ちょうせんみんしゅしゅぎじんみんきょうわこく ( きたちょうせん ) の かわすな いちまんさんぜろぜろぜろ とん を はじめて ゆにゅう する 。 この すな は きたちょうせん の 咸 かがみ きたみち の きよめ つ みなと ちかく の かわ の すな で 、 さんぜろ にち に りくあげ さ れる よてい 。

この かいしゃ は むこう ご ねんかん 、 まいとし いちぜろぜろまん とん ずつ ゆにゅう する と して おり 、 かんこく の すな より いち りっぽうめーとる あたり さんぜろぜろぜろ − ななぜろぜろぜろ ウオン ( やく よんぜろぜろ − きゅうぜろぜろ えん ) やすい と いう 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 13:10 \ \ こうみょうな おどし の テクニック 1 まつお 、 ぎょうかい だいひょう で かね はらう ? \

いちぶ じょうじょう きぎょう から アングラ しゃかい に いちおく えん の かね が ながれて いた − 。 だんごう ぎわく を ざいりょう に した もと ぼうりょくだん かんぶ ら の まつお きょうりょう ( きょうりょう ) きょうかつ じけん 。 にきゅう にち に さい たいほ さ れた もと してい ぼうりょくだん やまぐち くみ けい くみ かんぶ おかた あきら ようぎしゃ ( ごいち ) ら が まつお きょうりょう から たがくの げんきん を おどしとった はいけい に は 、 だんごう ぎわく の はっかく を おそれる きょうりょう けんせつ ぎょうかい の ききかん に じょうじた おかた ようぎしゃ ら の こうみょうな “ おどし の テクニック ” が あった と み られる 。

けいしちょう そうさ よん か の しらべ で は 、 おかた ようぎしゃ ら は だんごう を してき する ないぶ しりょう を にゅうしゅ ご 、 「 だんごう もんだい を こくはつ する かい 」 など の めいしょう で ぎょうかい かくしゃ に ぶんしょ を おくりつけた 。 ぶんしょ を さくせい した の は もと べんごし の うちやま てっぷ ようぎしゃ ( よんろく ) 。 だんごう が 「 じゅうだいな しゃかい もんだい に なる の は ひつぜんてき 」 「 しかるべき かいとう を もとめる 」 など と して いる が 、 ほうりつ ちしき の ある うちやま ようぎしゃ は きょうかつ ようぎ に なら ない よう げんきんな どの ようきゅう は せ ず 、 きょうはく てき ぶんげん の しよう も たくみに さけて いた 。 1

【 てへらん にきゅう にち きょうどう 】 こくえい いらん ほうそう に よる と 、 ないせん が つづく あふがにすたん の かくは だいひょう ら が しゅっせき する かずへい きょうぎ が にきゅう にち 、 てへらん で ひらか れた 。 きょうぎ は いらん が よびかけ 、 いすらむしょこくかいぎきこう ( OIC ) や ぱきすたん 、 さうじあらびあ だいひょう も さんか した 。

きょうぎ は ざんてい ていせん を めざし 、 かくは が こべつ に はなしあう かたち で はじまった 。 ぱきすたん の しゅと いすらまばーど で おこなわれて きた きょうぎ を うけ 、 イスラム せいりょく かくは に それぞれ えいきょうりょく を もつ かっこく の きょうりょく を うながし ていせん じつげん を はかる と み られる 。 1 \ Nov \ 30 \ 1994 \ 11:54 \ \ むら やまばん にっし − に ( さんぜろ にち ) \

【 ごぜん 】 なな じ ごはち ふん 、 かん くぎ はち じ に ふん 、 ぎょうせい かいかく すいしん ほんぶ だい さん かい かいごう 。 きゅう じ ごはち ふん 、 いがらし かんぼう ちょうかん 。

【 ごご 】 ぜろ じ いちぜろ ふん 、 とうきょう ・ しぶたに の NHK ホール 。 ぜんこく ちょうそんちょう たいかい 。 よんなな ふん 、 かんてい 。 に じ ごご ふん 、 しゃかいとう と れんたい する ろうそ かいぎ の はしむら よしお かいちょう 、 よこやま えいいち にっきょうそ いいんちょう ら 。 さん じ さんろく ふん 、 ぜん にっぽん のうぎょう くみあい かいちょう の のさか けんせつしょう ら しん やくいん 。 ごご ふん 、 しゃかい けいざい せいさんせい ほんぶ の たなか ひろあき じょうむ りじ ら 。 よん じ にぜろ ふん 、 ふじもり くないちょう ちょうかん 。 ごに ふん 、 たかむら けいきちょう ちょうかん 。 ご じ いちはち ふん 、 あじあ ちょうさかい シンポジウム さんか しゃ の アマコスト まえ 駐 にち べい たいし ら 。 ごに ふん 、 とうきょう てんいち ばん まち の ダイヤモンドホテル 。 おおいた けん ちょうそんちょう と どうけん せんしゅつ こっかい ぎいん と の こんだん かい 。 ろく じ にご ふん 、 とうきょう ・ きおい ちょう の ホテルニューオータニ 。 マスコミ かくしゃ しゃちょう ら と かいしょく 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 13:00 \ \ あふりか に エイズ けんきゅう ききん 1 「 サミット 」 に えんじょ ようせい へ \

【 ぱり にきゅう にち きょうどう 】 エイズ もんだい が もっとも しんこくな あふりか の かがくしゃ 、 けんきゅう しゃ が にきゅう にち 、 ぱり の こくれん きょういく かがく ぶんか きかん ( ユネスコ ) ほんぶ で あふりか どくじ の とりくみ を きょうぎ 、 よぼう ・ けんきゅう の ため の とくべつ ききん せっち を きめた 。

ききん は あふりか で しか はっけん さ れて い ない しんがた の エイズウイルス けんきゅう の ほか 、 エイズ の たいりょう かんせん の はいけい と なって いる あふりか どくとく の せい しゅうかん の しゃかいがく てき けんきゅう に も あて られる 。 いちに つき いち にち に ぱり で ひらか れる エイズ ・ サミット で ききん へ の ざいせい えんじょ など を ようせい する 。

もろっこ の パスツール けんきゅうじょ の ベンスリマン きょうじゅ ら に よる と 、 あふりか で は ようやく けんきゅう しゃ が そだって きた だんかい で 、 ちいき どくじ の よぼう たいさく や けんきゅう など を ちょうせい する きかん の せっち が きんきゅう かだい だ と いう 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 13:10 \ \ こうみょうな おどし の テクニック 1 まつお 、 ぎょうかい だいひょう で かね はらう ? \

かんけいしゃ に よる と 、 へいせい よん ねん とうじ 、 すう しゃ が この ぶんしょ を もって けいしちょう に そうだん に おとずれた が 、 じっさいに げんきん を とら れた ひがい が なかった こと も あり 、 ほんかくてきな そうさ に は いたらなかった と いう 。

けいしちょう に は まつお きょうりょう から の そうだん は なく 、 ぎょうかい かくしゃ から の そうだん も そのご 、 たちぎえ に なった 。 しかし 、 じっさいに は まつお きょうりょう が いちおく えん を しはらって おり 、 かんけいしゃ は 「 まつお きょうりょう の もと しゃいん が しりょう を もちだした ため 、 どうしゃ が ぎょうかい を だいひょう する かたち で おかた ようぎしゃ ら の ようきゅう を のんだ ので は 」 と かたる 。 もんだい の しりょう は まつお きょうりょう もと しゃいん の さくらい やすひろ ようぎしゃ ( よんぜろ ) が しゃない から もちだして おり 、 ぎょうかい にに しゃ の じゅちゅう じっせき を しるした 「 ほしとり ひょう 」 も あった 。 ぎょうかい ない で しゃいん の 「 ふしょうじ 」 を してき さ れ 、 どうしゃ が おかた ようぎしゃ ら と の こうしょう に のぞんだ かのうせい も ある 。

さくらい ようぎしゃ は どうしゃ で おもに とうほく ちほう の じちたい はっちゅう こうじ の えいぎょう を けいけん 。 いれふだ など に さんか した こと も あり 、 だんごう が あった と すれば 、 じったい を よく しる たちば だった と いう 。 1 \ Nov \ 30 \ 1994 \ 12:56 \ \ ニュースサマリー てんさん ( さんぜろ にち ) \

▽ WTO は に にち しゅういん つうか へ = かいき えんちょう ご にちかん ていど で ちょうせい

こっかい は さんぜろ にち 、 せかい ぼうえき きかん ( WTO ) せつりつ きょうてい の しょうにん あんけん と かんれん ほうあん など の しゅういん つうか じき と 、 かいき えんちょう もんだい を めぐり よやとう こうぼう が てんかい さ れた 。 よとう がわ は いちに つき いち にち に しゅういん WTO とくべつ いいんかい て さいけつ した あと 、 ほんかいぎ に きんきゅう じょうてい する よう もとめた が 、 やとう 「 かいかく 」 の はんたい て だんねん 。 どう きょうてい と かんれん ほうあん は に にち に しゅういん ほんかいぎ で かけつ 、 さんいん に そうふ さ れる みとおし と なった 。 ( さんななさんいちぜろ )▽ ごりん しせつ で べいこく を さべつ ? = こめ ぎょうかい が ひはん 、 にっぽん は はんろん

いちきゅうきゅうはち ねん の ながの とうきオリンピック しせつ の いち つ 、 スピードスケート ば に つかわ れる もくざい ちょうたつ で 、 こくない ぎょうしゃ の じゅちゅう が けってい した こと に たいし べいこく ごうはん きょうかい が 「 ぎょうしゃ せんてい が ふめいりょうで 、 しじょう あくせす を ほしょう した にち べい ごうい に はんする うたがい が ある 」 と こうぎ の こえ を あげて いる が 、 せいふ は 「 みんかん で けじめ を つける べき もんだい 」 と はんろん して いる 。 ( さんななにきゅうに ) 1 WTO は に にち しゅういん つうか へ 1 かいき えんちょう ご にちかん ていど で ちょうせい 1 さんななさんいちぜろ ごりん しせつ で べいこく を さべつ ? 1 こめ ぎょうかい が ひはん 、 にっぽん は はんろん 1 さんななにきゅうに しんとう けっせい しゅどう に つよい いよく 1 しゅしょう 「 すていし に なって も 」 1 さんななにはちいち かいがい ふどうさん とうし いち わり いか に 1 きゅうさん ねんど 、 ふきょう で てったい ひびく さんななにろくよん けんきゅう ひ 、 かこ よんぜろ ねんかん で うぶの げん 1 きゅうさん ねんど 、 かがく ぎじゅつ とぎ さんななにごご りんじ とうし そくしん ぜいせい ねんない かぎり 1 せいふ ・ よとう が そ 特 みなおし で さんななにごに らいねん さん つき き は はちてんぜろ ぱーせんと ぞうえき 1 かくしゃ の ちゅうかん けっさん はっぴょう が しゅうりょう さんななによんぜろ せいぞうぎょう 、 さん ねん れんぞく で げんしょう 1 きゅうよん ねんど せつび とうし けいかく 1 さんななににさん せいさん しすう に かげつ れんぞく の ていか 1 ねんかん で さん ねん ぶり じょうしょう みとおし さんななにいちよん えんだか で よん しゃ が げんしゅう 1 おおて ろく しょうしゃ の ちゅうかん れんけつ さんななにぜろきゅう げんえき かんりょう か 、 みんかんじん の きよう か 1 ぎょうかく い じむ きょくちょう で たいりつ 1 さんななにぜろろく とよた しゅい 、 ぎんこう は こうたい 1 けいじょう りえき ランキング さんなないちきゅうはち ( ちゅう ) JST いちごぜろぜろ − ににぜろぜろ の ニュース 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 12:56 \ \ こ 廖 うけ こころざし し の ちょうなん が しょう ちょう に 1 ちゅうごく かんとん しょう 、 と たいわん かみ \

【 ほんこん にきゅう にち きょうどう 】 にきゅう にち の たいわん かみ れんごう ほう の ほんこん はん は 、 にっぽん うまれ の ちにち は と して しら れた 廖 うけ こころざし ・ もと ちゅうごく きょうさんとう せいじ きょくいん の ちょうなん の 廖 あきら ・ こくむいん 僑 つとめ べん こうしつ しゅにん ( ごに ) が らいしゅん 、 かんとん しょう ちょう に しゅうにん する と つたえた 。

げんざい の しゅ しんりん しょう ちょう ( ろくよん ) は こうれい の ため いんたい する 。 廖 あきら し は ぺきん そだち だ が 、 せき は かんとん しょう の めぐみ ひ で 、 いちきゅうろくご ねん に ぐんじ こうてい がくいん を そつぎょう 、 じんみんかいほうぐん ふさ さんぼう ぶ そうび ぶ さんぼう を つとめた あと 、 はちさん ねん に 僑 つとめ べん こうしつ ふく しゅにん と なり よくねん 、 ちちおや も つとめた こと の ある どう べん こうしつ しゅにん と なった 。

この じんじ に ついて は 胡 にしき 濤 ・ せいじきょく じょうむ いいん が すでに かんとん しょう を おとずれ 、 じもと しどう しゃ たち の りょうかい を とりつけて いる と いう 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 12:49 \ \ こくさいてんねんごむきょうてい を えんちょう 1 きゅうご ねん いちに つき まで \

【 くあらるんぷーる にきゅう にち AP ・ DJ = きょうどう 】 まれーしあ の ベルナマ つうしん に よる と 、 こくさい てんねん ゴム きかん ( INRO 、 ほんぶ くあらるんぷーる ) の とうきょく しゃ は にはち にち 、 げんこう の こくさいてんねんごむきょうてい ( INRA ) の ゆうこう きげん が いちきゅうきゅうご ねん いちに つき にはち にち まで いち ねん えんちょう さ れた こと を あきらかに した 。

しん きょうてい が せいりつ して い ない ため で 、 きゅうご ねん に つき に じゅねーぶ で しん きょうてい こうしょう が よてい さ れて いる 。 1 \ Nov \ 30 \ 1994 \ 12:56 \ \ ニュースサマリー てんさん ( さんぜろ にち ) \

▽ しんとう けっせい しゅどう に つよい いよく = しゅしょう 「 すていし に なって も 」

むらやま しゅしょう は さんぜろ にち ごご 、 しゃかいとう の めざす みんしゅ リベラル しんとう に ついて 「 へいわ けんぽう を ふまえた せいとう が ひつようだ と かんがえて いる ひと は おおく 、 そういう ひと たち が ほんとうに けっしゅう できる なら さん きょく の いち きょく に なり うる 。 その ため に は すていし に なって も いい 」 と のべ 、 けっせい に しゅどうけん を はっき する と いう つよい いよく を しめした 。 ( さんななにはちいち )▽ かいがい ふどうさん とうし いち わり いか に = きゅうさん ねんど 、 ふきょう で てったい ひびく

にっぽん の ふどうさん ぎょうしゃ に よる いちきゅうろくさん ねんど の かいがい ふどうさん とうし は やく いちいちごきゅうおく えん で 、 ピーク だった はちきゅう ねんど の いちちょおにぜろいちろくおく えん の いち わり いか まで おちこんだ こと が さんぜろ にち 、 けんせつしょう の ふどうさん そうごう ちょうさ で あきらかに なった 。 ながびく ふきょう の えいきょう で 、 おおて ゼネコン が かいがい の かんれん こがいしゃ を せいさん したり 、 ほゆう ふどうさん を しょぶん する など 、 かいがい ふどうさん じぎょう の てったい が ひびいた 。 ( さんななにろくよん ) 1

【 もすくわ にきゅう にち きょうどう 】 えりつぃん ・ ろしあ だいとうりょう は にきゅう にち みめい 、 ろしあ なんぶ ちぇちぇん きょうわこく で ないせん を つづけて いる どぅだえふ だいとうりょう は と はん せいふ せいりょく の そうほう に たいし 、 どうにち ごぜん ろく じ から よんはち じかん いない に そうほう が ぶそう かいじょ 、 ていせん し なければ 、 きょうわこく に ひじょう じたい れい を こうふ 、 ろしあ ぐん を とうにゅう する と けいこく した 。

きょうわこく の しゅと ぐろずぬい はつ タス つうしん に よる と 、 どぅだえふ だいとうりょう は きんきゅう かくぎ を しょうしゅう 、 たいおう を きょうぎ して いる 。 しゅと で は こども 、 じょせい ら の ひなん が はじまって おり 、 しない かくち に は だいとうりょう を しじ する しみん ら が じゅう を て に しゅうけつ して いる と いう 。

いんたふぁくす つうしん に よる と 、 きんきゅう かくぎ で は もすくわ と の だきょう を うながす せいりょく と 、 あくまで はん せいふ せいりょく と の せんとう けいぞく を しゅちょう する せいりょく が たいりつ して いる 。 1

みつびしじゅうこうぎょう きょうかつ みすい じけん で たいほ さ れた もと ぼうりょくだん かんぶ ら が 、 だんごう ぎわく を ざいりょう に おおさか しない の おおて きょうりょう ( きょうりょう ) けんせつ かいしゃ 「 まつお きょうりょう 」 から げんきん いちおく えん を おどしとって いた こと が わかり 、 けいしちょう そうさ よん か は にきゅう にち 、 きょうかつ の うたがい で もと してい ぼうりょくだん やまぐち くみ けい くみ かんぶ おかた あきら ( ごいち ) 、 まつお きょうりょう もと しゃいん さくらい やすひろ ( よんぜろ ) 、 もと べんごし うちやま てっぷ ( よんきゅう ) ら ろく ひこく = いずれも きょうかつ みすい ようぎ で きそ = を さい たいほ した 。

この ほか に さい たいほ さ れた の は してい ぼうりょくだん すみよし かい けい にしい かい かんぶ やまさき ぶんてん ( ごいち ) 、 ちょじゅつぎょう はつ かわ まつじ ( ななよん ) 、 もと やまぐち くみ けい くみいん わたなべ あきら ( よんきゅう ) の さん ようぎしゃ 。

おかた ようぎしゃ ら は にっぽん きょうりょう けんせつ きょうかい かいちょう の みつびしじゅうこう しゃちょう たく の ほか 、 まつお きょうりょう など どう きょうかい かめい の ろくぜろすう しゃ の えいぎょう たんとう かんぶ やく にぜろぜろ にん の じたく に きょうはく ぶんしょ を そうふ 、 ぎょうかい ぜんたい を きょうはく して いた と み られ 、 どう か は べつの かいしゃ も ひがい に あって い ない か どう か くわしく しらべる 。 1

【 もすくわ にきゅう にち きょうどう 】 にきゅう ひづけ の ゆうかん もすくわ かみ に よる と 、 もすくわ し ちゅうしんぶ に ちかい せんしょう きねん こうえん に てんじ さ れて いる せんかん の たいほう の そば で 、 しぜんかい に そんざい する より いちぜろぜろぜろ ばい いじょう も たかい ほうしゃせん が けんしゅつ さ れ 、 し えいせい きょく など が こうえん へ の たちいりきんし しょち を けんとう して いる 。

もすくわ の かがく けんきゅうじょ 「 ラドン 」 が こうえん ない の たいほう ちかく で つうじょう の いちろくぜろぜろ − よんぜろぜろぜろ ばい に あたる はち マイクロクーロン / きろぐらむ の ほうしゃせん を そくてい した 。 はっせい みなもと は ラジウム を ふくんで いる たいほう の しょうじゅんき と の みかた が つよい 。 どう けんきゅうじょ は こんご 、 たの てんじ もの から も ほうしゃせん が そくてい さ れて こうえん の ほうしゃのう おせん が かくだい する おそれ が ある と けいこく して いる 。

どう こうえん は だいに つぎ せかい たいせん かつとし を きねん した やがい こうえん で 、 クツーゾフ おおどおり わき の ポクロン おか に ある 。 きゅう それん せい の たいほう 、 せんしゃ 、 そうこうしゃ など が てんじ さ れ 、 きゅうじつ は こども つれ の かぞく で にぎわう 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 15:00 \ \ しゅうしょくなん で がくせい が おおはば ぞう 1 たく けん しけん の ごうかく しゃ \

たくち たてもの とりひき しゅにん しゃ しけん の ごうかく しゃ が さんぜろ にち に はっぴょう さ れる が 、 バブル ほうかい ご へって いた ごうかく しゃ が よん ねん ぶり に ふえた こと が にきゅう にち 、 しけん じむ を うけもつ ざいだん ほうじん ふどうさん てきせい とりひき すいしん きこう の まとめ で わかった 。

ほん ねんど の たく けん しけん の ごうかく しゃ は ぜんねんど ひ はちてんよん ぱーせんと ぞう の さんまんごぜろぜろ にん 、 ごうかく りつ は いちごてんいち ぱーせんと だった 。 にぜろ − にご さい みまん の じゃくねん そう の ごうかく しゃ が いちごてんきゅう ぱーせんと と おおはばに ふえた が 、 なか でも がくせい が ぜんねん に くらべ にろくてんぜろ ぱーせんと ぞう と どう きこう が しけん を じっし する ように なって いらい 、 さいこうの のび りつ と なった 。 どう きこう の あしだち 頴 いちろう じょうむ りじ は 「 しゅうしょくなん を はんえい して 、 しかく を とって すこし でも しゅうしょく かつどう を ゆうりに し たい と の おもわく が はたらいた ので は 」 と ぶんせき して いる ▽ けんきゅう ひ 、 かこ よんぜろ ねんかん で うぶの げん = きゅうさん ねんど 、 かがく ぎじゅつ とぎ

そうむちょう が さんぜろ にち はっぴょう した いちきゅうきゅうさん ねんど の きぎょう や だいがく など の かがく ぎじゅつ けんきゅう ひ ちょうさ に よる と 、 そうがく は いちさんちょおななぜろきゅういちおく えん で 、 ぜんねんど ひ いちてんよん ぱーせんと げん と ごさん ねん の ちょうさ かいし いらい 、 かこ よんぜろ ねんかん で はじめて ぜんねんど を したまわった 。 ( さんななにごご )▽ りんじ とうし そくしん ぜいせい ねんない かぎり = せいふ ・ よとう が そ 特 みなおし で

せいふ ・ よとう は さんぜろ にち 、 さくねん き の けいき たいさく の なか で 、 ほうじん ・ じぎょうぜい ふたん を けいげん する ため さくねん なな つき に そうせつ 、 かくじゅう した りんじ の とうし そくしん ぜいせい を ことし いっぱいで うちきる ほうしん を かためた 。 そぜい とくべつ そち の みなおし の いっかん 。 ( さんななにごに ) 1

【 にゅーよーく にきゅう にち きょうどう 】 べいこく せいさん ざいこ かんり きょうかい ( APICS ) が にきゅう にち に まとめた げつれい の こめ せいぞうぎょう ちょうさ に よる と 、 いちいち つき の そうごう けいきょう しすう は きせつ ちょうせい ご で よんきゅうてんろく と 、 いちぜろ つき の ごごてんきゅう から きゅう ていか した 。 はち つき の よんきゅうてんろく と ならんで ふたたび ごぜろ を わりこんだ 。

そうごう しすう の うち 、 せいさん 、 しゅっか 、 こよう 、 ざいこ の よん つ の けいき いっち しひょう で こうせい さ れる げんじょう しすう は ごさんてんさん ( ぜんげつ ごはちてんご ) 、 しんき じゅちゅう 、 じゅちゅう ざん 、 せいさん けいかく 、 ざいこ りつ の よん つ の けいき さきいき しひょう で こうせい さ れる しょうらい しすう は よんごてんきゅう ( ごさんてんよん ) に それぞれ ていか した 。

どう しすう は 、 さきいき しひょう の こうせい ひ が ご わり と おおきい こと など から 、 つきごと の ふれ が おおきく 、 とくに さいきん すう かげつ は はっきり と した ほうこう かん を しめして い ない 。 かこ いち ねんかん で は に つき の ごろくてんなな が ピーク で 、 はち つき と いちいち つき の よんきゅうてんろく が さいてい 。 1

しけん は いちぜろ つき いちろく にち に ぜんこく いちきゅういち かいじょう で じっし さ れた 。 じゅけん しゃ 、 ごうかく しゃ と も ふどうさん ブーム が ちょうてん だった いちきゅうきゅうぜろ ねん を さいこうに さん ねん れんぞく で げきげん した が 、 ことし は じゅけん しゃ も にぜろまんいちごよんに にん と よん ねん ぶり に さん ぱーせんと ぞうか した 。 ごうかく しゃ の へいきん ねんれい は さんさんてんに さい で 、 さい こうれいしゃ は ななきゅう さい の だんせい だった 。

ごうかく しゃ めいぼ は さんぜろ にち 、 とどうふけん ちょうしゃ など に けいじ さ れる 。

たく けん しゅにん しゃ は たくち 、 たてもの の うりかい や ちんたい など の ふどうさん とりひき の こうせい を かくほ する ため 、 たく けんぎょう ほう で さだめ られた しかく 。 ふどうさん ぎょうしゃ は 、 じゅうぎょういん ご にん に いち にん の わりあい で たく けん しゅにん しゃ を おく こと が ぎむづけ られて いる 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 14:54 \ \ ビハチ こうがい で げきせん つづく 1 イスラム きょうと どうし も こうせん \

【 べおぐらーど にきゅう にち きょうどう 】 サラエボ ほうそう に よる と 、 ぼすにあ・へるつぇごびな きた せいぶ ビハチ の せんとう は にきゅう にち 、 し ちゅうしんぶ から みなみ に やく に きろ はなれた ジェガル で はげしい ほうげき や じゅうげき が つづいて いる 。 せるびあ ひと せいりょく は なんとう ほうめん から ちゅうしんぶ まで ななぜろぜろ めーとる に せまって いる が 、 ぜんせん は こうちゃく じょうたい で 、 ちゅうしんぶ は ひかくてき しずかだ 。

どう ほうそう は 「 ビハチ びょういん に は ににぜろぜろ にん が しゅうよう さ れて いる が 、 でんき 、 みず 、 い やくひん 、 しょくりょう など なにも ない 」 と つたえた 。 ビハチ を まもる イスラム きょうと せいりょく の スポークスマン は 「 さいご まで たたかう 」 と かたらった 。

ざぐれぶ から の ほうどう に よる と 、 ビハチ の きた やく よんぜろ きろ に ある ベリカクラドゥシャ で は 、 ぼすにあ せいふ ( イスラム きょうと しゅどう ) に てきたい する アブディッチ は の イスラム きょうと せいりょく が せいふ けい イスラム きょうと せいりょく へ の こうせい を つよめて おり 、 こくれん ぼうご ぐん とうきょく しゃ は ベリカクラドゥシャ が よんはち じかん いない に かんらく する かのうせい が ある と かたらった 。 1

しすう の かいはつ ・ しゅうけい を たんとう した エバンズ ・ エコノミクス しゃ は ちょうさ けっか に ついて 、 いちに つき も どうような けいこう が つづけば 「 らいねん はじめ の せいぞうぎょう の かつどう ペース は ことし に くらべ かなり げんそく する こと に なる 」 と みて いる 。 エバンズ で は 、 きんり じょうしょう 、 こう すいじゅん の ざいこ 、 しょうひしゃ の さいむ きゅう かくだい の さん てん から 、 らいねん ぜんはん に けいき が きゅう げんそく する リスク も ある と してき して いる 。

ぜんこく ベース の いちいち つき の けいきょう ちょうさ で は 、 ぜん つきごろ いちてんきゅう ポイント じょうしょう と なった カーナーズ せいぞうぎょう しんらい かん しすう ( にいち にち はっぴょう ) と くいちがい を みせた 。 かくしゅ ちょうさ で は 、 あしもと の かつどう すいじゅん が ひじょうに たかい てん で いっち が み られる が 、 しょうらい の みとおし ぶぶん が おおきく ふれる ため に 、 かく しすう が まちまちの ほうこう を しめす けいこう が ある 。 これ まで は 、 きぎょう の みとおし が すう かげつ ご の げんそく を みこんで いた に も かかわら ず 、 じっさいに は みとおし を うわまわる かくだい を つづけて きた 。 1

【 わしんとん にきゅう にち きょうどう 】 ぶっしゅ まえ こめ せいけん で ふく だいとうりょう を つとめた クエール し ( よんなな ) が にはち にち ゆうべ 、 いきぐるしさ を うったえ インディアナ しゅう インディアナポリス の だいがく びょういん に にゅういん した 。 びょういん の はっぴょう に よる と 、 はい ないぶ に けっせん が みつかり 、 いち しゅうかん ていど の にゅういん が ひつようだ が 、 びょうじょう は あんてい して いる 。

クエール まえ ふく だいとうりょう は いちきゅうきゅうろく ねん の じき だいとうりょう せんきょ の きょうわとう の ゆうりょく こうほ の ひとり 。 ちかく ひょうめい する と み られて いた しゅつば せんげん を ぜん に して の にゅういん は 、 だいとうりょう せん の てんかい に えいきょう を およぼす と み られる 。

はい ないぶ の けっせん は 、 ひどい ばあい 、 こきゅう しょうがい から しに いたる ケース が ある と いう 。 1

【 わしんとん にきゅう にち MNS = きょうどう 】 ブラインダー こめ れんぽう じゅんび せいど りじかい ( FRB ) ふくぎちょう は にはち にち 、 MNS と の あいみ で 、 こめ けいき は ことし に つき よん にち の だい いちじ りあげ まで じっし さ れて いた きんゆう かんわ さく の えいきょう が なお のこって おり 、 けいき の かねつ が つづけば 、 さいど りあげ を じっし する ひつよう が ある と の けんかい を あきらかに した 。

また 、 ラウェアー FRB りじ も MNS に たいし 、 インフレ へ の けいかい を とく に たる じゅうぶんな けいき どんか の きざし は ない と の みかた を しめした 。

ただし 、 ブラインダー ふくぎちょう は 、 いちに つき にぜろ にち の つぎ かいまい れんぽう こうかい しじょう いいんかい ( FOMC ) まで に けいき の ほうこう を みきわめる うえ で じゅうぶんな データ が あつまる と は おもわ ない と のべ 、 じかい FOMC で は 、 これ まで の りあげ の こうか を みまもる ため きんり の げんじょう いじ を しゅちょう する かんがえ を しさ した 。 1

せるびあ ひと せいりょく は にきゅう にち ひる に なって も 、 ビハチ で の ていせん に おうじる か どう か を かいとう して い ない 。 はなぶさ BBC ほうそう に よる と 、 どう せいりょく は にはち にち しんや 、 しどう しゃ の カラジッチ し や ムラディッチ しれいかん ら が パレ で ちょうじかん に わたり しどう ぶ の かいぎ を ひらいた が 、 ないよう は あきらかに なって い ない 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 14:40 \ \ けいき どんか なければ さい りあげ 1 FRB ふくぎちょう が あいみ \

ブラインダー ふくぎちょう は 、 いちいち つき いちご にち の ぜんかい FOMC で ぜろてんななご ぱーせんと の りあげ に さんせい ひょう を とうじた りゆう に ついて 、 インフレ は FRB の ちょうき もくひょう けん に おさまって いる が 、 けいざい は すくなくとも きょうきゅう のうりょく の げんかい に きて おり 、 これ を とっぱ して インフレ を かそく する おそれ が ある ため だ と してき した 。

また どう ふくぎちょう に よる と 、 ぜんかい の FOMC で は いちぶ メンバー が 、 どるやす を ぜろてんななご ぱーせんと の りあげ を せいとう か する ため の じゅうような よういん と しゅちょう した 。 1 \ Nov \ 30 \ 1994 \ 14:39 \ \ あきない かんさん 、 まちまち 1 フランクフルト かぶしき しきょう \

【 フランクフルト さんぜろ にち AP ・ DJ = きょうどう 】 さんぜろ にち の フランクフルト かぶしき しじょう は ようす み ムード が つよまり 、 あきない かんさん の うち に 、 たかやす まちまち に ひけた 。 おわりね の どいつ かぶか しすう ( DAX ) は ぜん ひび さんてんきゅうはち ポイント こう の にぜろよんはちてんにろく と こ はんぱつ した 。

まえび の にゅーよーく かぶ が よこばい けん で ひけた うえ 、 この にち の たちあい しゅうりょう ご に こくないそうせいさん ( GDP ) など こめ けいざい とうけい の はっぴょう を ひかえて 、 ようす み ムード が つよまった 。 どるだか マルク やすき が 、 かぶか の したざさえ ざいりょう と なった 。

BMW 、 VW 、 ベンツ の じどうしゃ かぶ が けんちょう 。 かがく かぶ は ヘキスト 、 バイエル が しっかりの はんめん 、 BASF は さえ ない 。 ぎんこう かぶ は そうじて こ うごき だった 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 14:33 \ \ こむぎ ざいこ いちご ねん ぶり てい すいじゅん 1 せいさん が ぜんねん ひ さんせんまん とん げん \

【 ろんどん にきゅう にち きょうどう 】 こくさい こむぎ りじかい ( IWC ) が にきゅう にち に はっぴょう した こくもつ しじょう リポート に よる と 、 いちきゅうきゅうよん ねんど ( きゅうよん ねん なな つき − きゅうご ねん ろく つき ) の こむぎ ざいこ が ぜんねん より によんぜろぜろまん とん げんしょう 、 いちおくよんぜろぜろまん とん と いちご ねん ぶり の てい すいじゅん に なる と よそう して いる こと が あきらかに なった 。 しゅよう せい さんち である ろしあ 、 うくらいな の せいさん が おちこんで いる ほか きろくてきな かんばつ で おーすとらりあ の ていか が よそう さ れる ため だ 。 この けっか 、 こんねんど の せいさん は 、 さくねん ど より さんにぜろぜろまん とん げん すこし 、 ごおくにろくぜろぜろまん とん に なる と みこんで いる 。

こくべつ で は 、 ろしあ が やく いちななてんご ぱーせんと げん の さんごきゅうぜろまん とん 、 うくらいな は どう にななてんいち ぱーせんと げん の いちごさんぜろまん とん 、 おーすとりあ は 、 どう ごごてんろく ぱーせんと げん の ななごぜろまん とん と それぞれ よそう して いる 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 14:29 \ \ しん しゅしょう に アディカリ ぎちょう 1 ねぱーる に きょうさんとう せいけん \

【 にゅーでりー にきゅう にち きょうどう 】 ねぱーる の ビレンドラ こくおう は にきゅう にち よる 、 こんげつ いちご にち の そうせんきょ で だい いち とう に なった さいだい やとう 、 とういつ きょうさんとう ( UML ) の マン ・ モハン ・ アディカリ ぎちょう ( ななよん ) を しん しゅしょう に にんめい した 。 アディカリ し は いちりょうじつ ちゅう に かくりょう めいぼ を こくおう に ていしゅつ 、 しょうにん を えて しん ないかく を ほっそく さ せる ほうしん 。 ぜっけん くんしゅせい の した で の きょうさんとう せいけん の たんじょう は せかい で はじめて 。

しかし UML は しん かいん ( ていすう にぜろご ) で はちはち ぎせき と 、 かはんすう を せいして い ない ため 、 しん しゅしょう は けんぽう の きてい に したがい 、 にんめい から さんぜろ にち いない に かいん で しんにん とうひょう を え なければ なら ない 。 この ため せいさく は すでに こうやく して いる とおり ( いち ) ぜっけん くんしゅせい の いじ ( に ) たいがい あけはなし 、 しじょう けいざい たいせい の けいぞく − − など た せいとう の いこう も はいりょ し ながら の げんじつ ろせん を すすむ こと に なり そうだ 。 1

【 にゅーよーく にきゅう にち きょうどう 】 にきゅう にち の にゅーよーく がいこく かわせ しじょう の えんそうば は 、 まえび おわりね ひ ご せん えんだか どるやす の いち どる = きゅうはち えん ろくぜろ − ななぜろ せん で はじまり 、 そのご も そうじて こはば な あたい うごき で すいい して いる 。

のるうぇー の こくみん とうひょう で おうしゅう れんごう ( EU ) へ の かめい が きょひ さ れた こと を はいけい に 、 おうしゅう つうか ない で マルク 、 スイスフラン など が かわれ 、 そうたいてきに ドル は やや じゃく ふくんで いる が 、 ほうこう かん の ある おおきな うごき に は なって い ない 。 ふたたび じょうしょう けいこう を みせて いる こめ ちょうき きんり の どうこう が めさき の ちゅうもく ざいりょう だ が 、 たい えん で は 、 きゅうはち えん だい こうはん で こう ちゃくした じょうたい が つづき 、 しゅうまつ の こめ こよう とうけい など の じゅうよう しひょう を ぜん に 、 そうば は いちだん と うごき が にぶって いる 。 ある トレーダー は 「 のるうぇー からみ の うごき も 、 まえび の とうきょう しじょう が はじまる まえ の いっかせい の うごき に おわった ようだ 。 たい えん で は こぐち の うりかい が きんこう して いる だけ で 、 うごき づらい と いう より は 、 たんじゅんに やる き が ない と いった ムード 」 ( くに ぎんすじ ) と はなして いる 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 13:58 \ \ ちゅう こくしょ の とちしようけん きょうばい かい 1 きゅうろく ぶっけん が たいしょう \

【 ぺきん にきゅう にち きょうどう 】 にきゅう にち の しん はな しゃ いなずま に よる と 、 ちゅうごく なんぶ の ひろめ にし チワン うから じちく の みなみ むしろ で にはち にち から ちゅうごく で はじめて の とちしようけん きょうばい かい が ひらか れ 、 はつひ だけ で なな ぶっけん が よんおくはちにぜろぜろまん げん ( やく ごごおく えん ) で せりおとさ れた 。

きょうばい かい は ちほう せいふ が しゅさい し 、 べいこく 、 かなだ 、 たい 、 まれーしあ 、 しんがぽーる 、 ほんこん の ぎょうしゃ が さんか 。 きゅうろく の たいしょう ぶっけん が せり に かけ られて おり 、 もっとも ちゅうもく さ れた みなみ むしろ し せいふ ちょうしゃ しゅうへん の とちしようけん ( めんせき は ふめい ) は ほんこん の ふどうさん かいしゃ が いちおく げん ( やく いちいちおくごぜろぜろぜろまん えん ) で かくとく した 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 13:39 \ \ クエール まえ ふく だいとうりょう が にゅういん 1 つぎ きまい だいとうりょう せん に えいきょう \

【 わしんとん にきゅう にち きょうどう 】 ぶっしゅ まえ こめ せいけん で ふく だいとうりょう を つとめた クエール し ( よんなな ) が にはち にち ゆうべ 、 こきゅう こんなん を うったえ 、 インディアナ しゅう インディアナポリス の だいがく びょういん に にゅういん した 。 だいがく びょういん の はっぴょう に よる と 、 はい ないぶ に けっせん が みつかり 、 いち しゅうかん ていど の にゅういん が ひつようだ が 、 びょうじょう は あんてい して いる と いう 。

クエール まえ ふく だいとうりょう は いちきゅうきゅうろく ねん の じき だいとうりょう せんきょ の きょうわとう の ゆうりょく こうほ の ひとり 。 げきむ である だいとうりょう しょく は けんこうである こと を ようきゅう さ れる こと から 、 ちかく ひょうめい する と み られて いた しゅつば せんげん を ぜん に して の にゅういん は 、 クエール し の せいじ せいめい も ふくめ 、 だいとうりょう せん レース に えいきょう を およぼす と み られる 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 14:29 \ \ しん しゅしょう に アディカリ ぎちょう 1 ねぱーる に きょうさんとう せいけん \

そうせんきょ で は UML が しょうり した もの の 、 ご ぎせき さ の はちさん ぎせき で だいに とう に あまんじた よとう ねぱーる かいぎ は ( NCP 、 そうさい バタライ まえ ざんてい しゅしょう ) が UML に たいこう して じとう を じく と する れんりつ せいけん じゅりつ に むけて たすうは こうさく に うごいた 。 しかし とうない しゅ りゅうは である コイララ しゅしょう は の はんたい や 、 こんかい の せんきょ で おおきく ぎせき を まし だい さん とう に やくしん した こくおう しんせい ときよ の しはい そう を ちゅうしん と する こくみん みんしゅとう ( NDP 、 タパ そうさい ) が NCP と の れんりつ を きょひ した ため しっぱい 、 けっきょく 、 UML が せいけん を になう かたち で けっちゃく を みた 。

アディカリ し は いんど どくりつ うんどう 、 ねぱーる の ろうどう うんどう など に ちから を いれ 、 りょうこく で とうごく さ れた けいけん を もつ だいひょうてきな さよく うんどうか 。 しかし さいきん で は げんじつてきな おんけん ろせん を しゅちょう 、 いちぜろ ちかく に ぶんれつ した ねぱーる きょうさんとう の うち の ご は を まとめて きゅういち ねん に げんざい の とういつ きょうさんとう を けっせい 、 きゅうに ねん から どう とう ぎちょう を つとめて いる 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 15:55 \ \ どーる し が なとう と きょうぎ 1 ぼすにあ もんだい で \

【 ぶりゅっせる にきゅう にち きょうどう 】 こめ じょういん の どーる きょうわとう いんない そうむ は にきゅう にち 、 ぶりゅっせる の きたたいせいようじょうやくきこう ( なとう ) ほんぶ を おとずれ 、 クラース じむ そうちょう や かっこく じょうちゅう たいし と ぼすにあ・へるつぇごびな ふんそう へ の たいおう を きょうぎ した 。 たい ぼすにあ ぶき きんゆ かいじょ や こくれん ぼうご ぐん の てったい もんだい など が ろんぎ さ れた も よう 。

どーる ぎいん は きょうぎ に はいる ぜんき しゃ だん に たいし 「 なとう に は いよく が ある が 、 こくれん に は わたし の しる かぎり いよく が ない 」 と あらためて こくれん を ひはん 、 「 われわれ は ふらんす や えいこく と けんかい を ことにする が 、 これ は かいけつ できる と きたい して いる 」 と のべた 。

どーる ぎいん は 、 ぼすにあ の くうばく もんだい を めぐって えいこく と ふらんす を なざし で ひなん 、 これ に たいし りょうこく が つよく はんぱつ して おり 、 ぼすにあ せいさく を めぐる べいこく と おうしゅう の きれつ を いちだん と きわだた せて いる 。 1 \ Nov \ 30 \ 1994 \ 15:41 \ \ そこがたく 、 よこばい けん 1 フランクフルト さいけん しきょう \

【 ろんどん さんぜろ にち きょうどう 】 さんぜろ にち の フランクフルト さいけん しじょう は 、 こめ こくないそうせいさん ( GDP ) の はっぴょう を うけて したね を ためす ばめん も あった もの の 、 そこがたく すいい 、 よこばい けん で おわった 。

げんぶつ さい の じじつ じょう の しひょう めいがら である いちぜろ ねん もの こくさい ( ひょうめん きんり ななてんご ぱーせんと 、 にぜろぜろよん ねん しょうかん ) は 、 フランクフルト じかん ごご よん じ げんざい で 、 ぜん ひび ぜろてんぜろご ポイント やすき の いちぜろぜろてんきゅうよん 。 りまわり は ななてんさんろくいち ぱーせんと 。 いちぜろ ねん もの どいつ しんたく こうしゃさい ( どう ななてんごぜろ ぱーせんと 、 にぜろぜろよん ねん しょうかん ) は 、 どう ぜろてんぜろきゅう ポイント やすき の いちぜろぜろてんなないち 。 りまわり は ななてんさんはちはち ぱーせんと 。 さんぜろ ねん もの こくさい ( どう ろくてんにご ぱーせんと 、 にぜろによん ねん しょうかん ) は 、 どう ぜろてんいちなな ポイント やすき の はちにてんにご 。 りまわり は ななてんはちいちぜろ ぱーせんと 。

ごぜん は 、 どいつ れん ぎん が いちに つき じょうじゅん の れんぽう せいふ さい 、 しんたく こうしゃさい の はっこう を とりやめる と はっぴょう した の を はいけい に 、 きょう ふくむ ばめん が あった が 、 うわね は おもく 、 おしもどさ れた 。 ごご も 、 もみあい に しゅうし した 。

【 ろんどん にきゅう にち きょうどう 】 えいこく の クラーク ぞうしょう は にきゅう にち 、 ぎかい で おこなった らい ねんど よさんあん えんぜつ で 、 えいこく の けいき かいふく は きどう に のって おり 、 らいねん の どうこく こくないそうせいさん ( GDP ) せいちょうりつ は さんてんにご ぱーせんと に なる と の みとおし を しめした 。 また インフレ りつ も おちつき を みせ 、 じゅうたく きんり を のぞいた じっしつ インフレ りつ は いち − よん ぱーせんと の はんい ない に おさまる と の みとおし を しめした 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 15:31 \ \ すいしん きかん せっち の よさん そち を 1 ちほう ぶんけん で れんりつ よとう が ようきゅう \

れんりつ よとう の ちほう ぶんけん プロジェクト ( ざちょう ・ かまた ようじん じみんとう ちほう ぎょうせい ぶ かいちょう ) は にきゅう にち 、 せいふ に たいし ( いち ) ちほう ぶんけん の すいしん ( に ) ぶんけん たいこう の そうき せいてい ( さん ) ぶんけん すいしん の ため の きほんほう の せいてい ( よん ) ぶんけん すいしん きかん の せっち の ため の よさん そち − − など を もとめる よん こう め の もうしいれ しょ を まとめた 。 に にち に も よとう せいさく ちょうせい かいぎ の りょうしょう を えて 、 むらやま しゅしょう に ていしゅつ する ほうしん 。

もうしいれ しょ は 、 ちほう せいど ちょうさかい とうしん や ぎょうせい かいかく すいしん ほんぶ の ちほう ぶんけん ぶかい の せんもん いん ほうこく を ふまえ 、 むらやま せいけん が さい じゅうてん せいさく に かかげる ちほう ぶんけん を よとう と して きょうりょくに バックアップ する しせい を あらためて しめす と ともに 、 よそう さ れる ちゅうおう しょうちょう の ていこう を けんせい する の が ねらい 。 1

きしもと 1 やすひろ し ( きし も と ・ やす ひろ = もと にっぽん しんぱん せんむ 、 ファーストクレジット かいちょう ) にきゅう にち ごぜん さん じ ごご ふん 、 しんふぜん の ため とうきょう と みなと く の とら の もん びょういん で しきょ 、 ろくきゅう さい 。 とっとり し しゅっしん 。 じたく は ねりま く しゃくじいだい ご − よん − いちきゅう 。 そうぎ ・ こくべつしき は いちに つき に にち しょうご から しんじゅく く すが ちょう いちよん 、 よつや たちばな かいかん で 。 もしゅ は つま しずこ ( しず こ ) さん 。 1 \ Nov \ 30 \ 1994 \ 15:41 \ \ そこがたく 、 よこばい けん 1 フランクフルト さいけん しきょう \

ごご に なって はっぴょう さ れた だい さん しはんき の こめ GDP ( いち つぎ かいてい あたい ) が よそう を うわまわり 、 どいつ さい は いち じ 、 こめ さい に つれ やすき と なった 。 しかし 、 そのご はっぴょう さ れた いちぜろ つき の こめ せつび かどうりつ が かほう かいてい さ れた こと で こめ さい が そこがた さ を しめした ため 、 どいつ さい も さげしぶった 。

ここ すう にち は 、 ごご に なって から こめ さい に つれ やすき に なる と いう てんかい が つづいて いた が 、 こめ さい に れんどう した うごき と いう てん で は 、 この にち も おなじだった 。 いちに つき いち にち の ぜん べい しいれ きょうかい ( NAPM ) しすう 、 に にち の こよう とうけい と しゅうない は じゅうよう こめ けいざい とうけい の はっぴょう を ひかえて いる ため 、 こめ さい にらみ の てんかい が つづく と み られて いる 。

この にち ごぜん に じっし さ れた よん ねん もの れんぽう せいふ さい の いれふだ に ついて は 「 はっこう がく を みる かぎり 、 そうば へ の えいきょう は なさ そう 」 ( フランクフルト の トレーダー ) と うけとめ られて いる 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 15:23 \ \ ★ ついか りあげ の かのうせい しさ 1 こめ ぼすとん れん ぎん そうさい \

【 ランドルフ ( こめ まさちゅーせっつ しゅう ) にきゅう にち MNS = きょうどう 】 こめ ぼすとん れん ぎん の ミネハン そうさい は にきゅう にち 、 サウスショア しょうぎょう かいぎしょ で の こうえん の なか で 、 これ まで の れんぽう じゅんび せいど りじかい ( FRB ) の きんゆう ひきしめ は けいき を げんそく さ せる ところ まで いたって い ない と してき 、 しょうらい の さい りあげ に ついて 「 メイビー ( ある かも しれ ない ) 」 と のべて 、 ついか りあげ の かのうせい を しさ した 。

ミネハン そうさい は ことし の れんぽう こうかい しじょう いいんかい ( FOMC ) の メンバー で は ない が 、 らいねん は メンバー の いち にん と して さいけつ に くわわる 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 15:16 \ \ ざいせい あかじ さくげん で ごうい 1 どく ほとけ ていき きょうぎ \

【 ぼん にきゅう にち AP ・ DJ = きょうどう 】 どいつ 、 ふらんす の りょうこく ぞうしょう 、 ちゅうおう ぎんこう そうさい は にきゅう にち 、 ていれい の きんゆう ・ けいざい きょうぎ を おこなった 。

かいぎ しゅうりょう ご 、 どいつ の ワイゲル ぞうしょう と ふらんす の アルファンデリー けいざい そう は 、 おうしゅう れんごう じょうやく ( マーストリヒト じょうやく ) に さだめ られた つうか とうごう の ため の けいざい じょうけん を たっせい する ため ざいせい あかじ の さくげん どりょく を けいぞく する こと で ごうい した こと を あきらかに した 。

また りょう そう は 、 おうしゅう れんごう ( EU ) かめいこく の あいだ でも ざいせい あかじ を さくげん する こと が ごうい に なって いる と してき する と ともに 、 つうか とうごう の ため の けいざい じょうけん は げんみつに まもる ひつよう が ある と の てん でも いっち した 。

らいねん の けいざい みとおし で は 、 ゆしゅつ と ともに ないじゅ の かくだい で どいつ 、 ふらんす ともに けいき かいふく の ちゃくじつな みち を あゆむ と の みかた で いっち 、 けいざい せいちょうりつ は ことし の やく に ぱーせんと に たいして 、 らいねん は やく さん ぱーせんと に たっする かのうせい が ある と の みかた を しめした 。

どうにち 、 ひらか れた かいごう で は 、 もうしいれ しょ に めいじ する よさん そち を めぐり しょうちょう がわ から 「 らい ねんど の よさん へんせい じき も せまって おり 、 もりこむ の は むずかしい 」 と しょうきょくてきな いけん が ださ れた が 、 どう プロジェクト の メンバー は 「 せいふ いったい で ちほう ぶんけん を すすめよう と いう この じき に こうたい は ゆるさ れ ない 」 など と はんぱつ 。 ちほう せいど ちょうさかい など が もとめて いる どくりつ の じむきょく を もち 、 かんし きのう を そなえた ぶんけん すいしん いいんかい の ひつようせい を きょうちょう した 。

こんかい の もうしいれ しょ は 、 そうろん てきに こうもく を ならべる に とどめ 、 けんげん の いじょう や くに と ちほう の やくわり ぶんたん など の ぐたいてきな しゅほう に ついて は ひきつづき どう プロジェクト で つめる 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 15:13 \ \ さいけん うら れ ダウ はんらく 1 NY かぶしき しきょう ( ごぜん ) \

【 にゅーよーく にきゅう にち きょうどう 】 にきゅう にち の にゅーよーく かぶしき しじょう の ダウ こうぎょう かぶ さんぜろ しゅ へいきん かぶか は はんらく 、 まえび おわりね ひ ごてんぜろご どるやす の さんななさんよんてんごいち どる で はじまった あと 、 ごぜん いちぜろ じ げんざい 、 さんななさんななてんはちはち どる で すいい して いる 。

あさがた から ちょうきさい が うら れた こと から 、 ダウ も ぜんぱんてきに こはば やすき と なって いる 。 しじょう は 、 ぜんかい の おおはば りあげ に ともなう こめ けいき の しっそく に いぜん つよい けんねん を いだいて おり 、 「 とうぶん は よわき ムード が せんこう する 」 と の みかた が つよい 。 この ところ そうば を ささえて きた こうり かんれん めいがら が りぐわ れ 、 じどうしゃ の いちぶ も うら れて いる 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 15:12 \ \ ぎょうかく いいん に だい たく し ら ないてい 1 のこり いち にん は さいしゅう ちょうせい \

せいふ は にきゅう にち 、 ぎょうせい かいかく の かんし やく と なる ぎょうせい かいかく いいんかい いいん に ついて 、 すでに ないてい して いる みつびしじゅうこうぎょう かいちょう の いいた よう たろう し の ほか 、 けいざい ひょうろんか の たなか なおき 、 じちろう いいんちょう ( れんごう かいちょう だいこう ) の ことう もりしげ 、 ひょうろんか の だい たく えいこ の かくし を きよう する こと を きめた 。

どう いいん は ご にん で 、 のこる いち にん に ついて は 、 しんとう さきがけ が むらやま せいけん の ぎょうせい かいかく へ の しせい を しめす いみ から 、 いいん けん じむ きょくちょう と して かんりょう しゅっしん しゃ いがい から きよう する よう ようきゅう 。 これ に たいし 、 かんりょう サイド が いいん で ない せんにん の じむ きょくちょう に かんりょう しゅっしん しゃ を あてる よう はたらきかけて おり 、 さいしゅう ちょうせい を のこして いる 。

かく いいん は こん こっかい で どうい を えて 、 ねんない に ぎょうかく い が ほっそく する よてい 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 15:11 \ \ ロ だいとうりょう が ぐんじ かいにゅう けいこく 1 ちぇちぇん しゅと くうばく = さ 替 \

【 もすくわ にきゅう にち きょうどう 】 えりつぃん ・ ろしあ だいとうりょう は にきゅう にち みめい 、 ろしあ なんぶ ちぇちぇん きょうわこく で ないせん を つづけて いる ドダエフ だいとうりょう は と はん せいふ せいりょく の そうほう に たいし 、 いちに つき いち にち ごぜん ろく じ ( にほんじかん どうにち しょうご ) まで に そうほう が ぶそう を かいじょ 、 ていせん し なければ 、 きょうわこく に ひじょう じたい れい を はつれい し ろしあ ぐん を とうにゅう する と けいこく した 。

いっぽう 、 いんたふぁくす つうしん は 、 ちぇちぇん さんぼう ほんぶ の じょうほう と して 、 ろしあ ぐん の ひょうしき を つけた スホイ になな せんとうき ろく き が にきゅう にち ごご 、 きょうわこく の しゅと ぐろずぬい ちゅうしんぶ と くうこう を ばくげき した と ほうじた 。 この うち いち き は せいふ ぐん が げきつい した 。 ばくげき に より しない かくち で かさい が はっせい 、 ふしょう しゃ が でた と いう 。

えりつぃん だいとうりょう の けいこく を うけ 、 ドダエフ だいとうりょう は きんきゅう かくぎ を しょうしゅう 。 かくぎ ご きしゃ かいけん した ドダエフ だいとうりょう は 「 きょうわこく の しゅけん を まもる 」 と のべ 、 はん せいふ せいりょく と の だきょう を こばむ しせい を きょうちょう した 。 1

おうしゅう いいんかい の みとおし で は 、 どいつ の ことし の せいちょうりつ は にてんご ぱーせんと 、 らいねん は さんてんぜろ ぱーせんと と なって おり 、 ふらんす は ことし が にてんに ぱーせんと 、 らいねん は さんてんに ぱーせんと と の よそう に なって いる 。

また りょう そう は 、 げんざい の しつぎょうりつ は うけいれ られる すいじゅん で は ない と して 、 こんご も ちんぎん よくせい など に とりくむ こと で ごうい した 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 15:09 \ \ ちゅうちょう が つうしん じぎょう で きょうりょく 1 まめ みつえ りゅういき かいはつ けいかく の いっかん \

【 ぺきん にきゅう にち きょうどう 】 にきゅう にち の しん はな しゃ いなずま に よる と 、 ちゅうごく の きつりん しょう と ちょうせんみんしゅしゅぎじんみんきょうわこく ( きたちょうせん ) と の あいだ に ひかりつうしん よう の ケーブル ふせつ さぎょう が すすんで おり 、 ことし いちに つき に こうじ が かんせい 、 らいねん ご つき か ろく つき に つうしん かいせん が かいつう する みとおし と なった 。

ちゅうごく 、 ろしあ 、 きたちょうせん こっきょう の まめ みつえ りゅういき かいはつ けいかく の いっかん と して 、 ちゅうちょう りょうこく が どくじに すすめて いる きょうりょく じぎょう 。 ケーブル は きつりん しょう 琿 はるいち から まめ みつえ を わたり 、 きたちょうせん の つうしん きち に ふせつ さ れる 。

また 、 きたちょうせん は ちゅうごく せい の でんわ こうかんき ろくぜろぜろぜろ だい の こうにゅう けいやく を すませ 、 きよめ つ や うすもの つ に せっち する よてい で 、 ちゅうごく と の こうかんき の ごうべん せいさん も けいかく ちゅう と いう 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 15:08 \ \ こめ ねんまつ しょうせん はやくも げんそく ? 1 よんてんご ぱーせんと ぞう 、 テレチェック \

【 にゅーよーく にきゅう にち AP ・ DJ = きょうどう 】 こめ ねんまつ しょうせん の さいしょ の しゅうまつ と なった にろく − になな にち の こうり うりあげだか に ついて 、 こめ テレチェック ・ サービス しゃ が ぜん べい の いちまん てんぽ いじょう を たいしょう に まとめた けっか に よる と 、 きそん みせ ベース の ぜんねん ひ で よんてんご ぱーせんと ぞう と なり 、 にご にち の ごてんなな ぱーせんと ぞう から どんか した 。

どうしゃ の じょうせき こもん エコノミスト 、 うぃりあむ ・ ふぉーど し ( もと アトランタ れん ぎん そうさい ) は 「 にご にち の ごてんなな ぱーせんと ぞう ほど ちからづよく なかった が 、 はつひ ( にご にち ) に はんばい そくしん さく が かっぱつだった こと の はんどう が しゅうまつ の げんそく の いちいん かも しれ ない 。 いちぶ ちいき の あくてんこう も おしさげ よういん と なった かのうせい が ある 。 しょうひしゃ は かいもの を シーズン こうはん に おくらせる けいこう が あり 、 ぜんたい で ご − なな ぱーせんと ぞう と の みとおし は かえて い ない 」 と してき した 。 1 \ Nov \ 30 \ 1994 \ 17:11 \ \ こめ れん ぎん が よくじつもの システムレポ 1 たんき きんり は また じょうしょう \

【 にゅーよーく さんぜろ にち きょうどう 】 こめ れん ぎん は さんぜろ にち ごぜん 、 ていれい の こうかい しじょう そうさ じかんたい ( ごぜん いちいち じ なかばすぎ ) に よくじつもの の じこ かんじょう かいオペ ( システムレポ ) を じっし した 。 に 、 ご ねん もの こめ こくさい いれふだ の けっさい や つきずえ よういん で FF きんり は ごてんななご ぱーせんと に じょうしょう して おり 、 オペ は ほぼ しじょう の よそう どおり 。

ごぜん の たんき きんゆう しじょう は 、 GDP かいてい や しかご しいれ きょうかい かかく しすう の じょうしょう など が あっぱく ざいりょう に なり 、 ごぜん いちいち じ なかばすぎ の TB レート は ぜん ひび ぜろてんぜろろく − ぜろてんぜろはち ぱーせんと の おおはば ぞくしん 。 かぶか はんぱつ を いちいん に 、 TB さん かげつ もの レート は しゅうしょ から ぜろてんさん ぱーせんと も じょうしょう して いる が 、 スワップ ・ ポジション の てじまい に ともなう ユーロドル かね さきうり など の しじょう ないぶ よういん も からみ 、 かならずしも そうき の りあげ かんそく の つよまり を はんえい した うごき と は み られて い ない 。 さい りあげ は いぜん らいねん に つき いち にち せつ が おおい 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 15:11 \ \ ロ だいとうりょう が ぐんじ かいにゅう けいこく 1 ちぇちぇん しゅと くうばく = さ 替 \

ろしあ ないむしょう ぐん の クリコフ しれいかん は にきゅう にち いんたふぁくす つうしん に たいし 、 ないむしょう ちあん ぶたい が ちぇちぇん きょうわこく と の きょうかいせん ちかく に しゅうけつ して おり 、 ひじょう じたい れい が どうにゅう さ れれば 、 きょうわこく に とうにゅう さ れる こと を あきらかに した 。

しゅと で は こども 、 じょせい ら の ひなん が はじまって おり 、 しない かくち に だいとうりょう を しじ する しみん ら が じゅう を て に しゅうけつ して いる と いう 。

えりつぃん せいけん は これ まで おもてむき は ないせん に ちゅうりつ の たちば を とって いた 。 しかし 、 はん せいふ せいりょく の しゅと そうこうげき で 、 はん せいふ がわ の ろしあ ひと へいし が きょうわこく せいふ がわ の ほりょ に なった ため 、 きょうこう しせい に てんじた と み られる 。

ドダエフ せいけん は ろしあ が はん せいふ がわ を ぐんじ しえん して いる と ひなん して いる が 、 ろしあ こくぼう そう は つかまった の は ろしあ せいきぐん の しょうへい で は なく 、 やとい へい だ と しゅちょう して いる 。 1 \ Nov \ 30 \ 1994 \ 16:55 \ \ きゅうはち えん こうはん で しゅうりょう 1 ろんどん がいため しきょう \

【 ろんどん さんぜろ にち きょうどう 】 さんぜろ にち の ろんどん がいこく かわせ しじょう の えんそうば は 、 まえび おわりね ひ にご せん えんやす どるだか の いち どる = きゅうはち えん きゅうぜろ せん − きゅうきゅう えん ぜろぜろ せん で おわった 。

しじょう すじ に よる と 、 ドル けんちょう の うごき の なか で 、 べいこく の だい さん しはんき の こめ こくないそうせいさん ( GDP ) いち つぎ かいてい あたい が よそう より よかった こと から いち じ ドル が かわれ 、 きゅうきゅう えん いちご せん まで ドル が じょうしん した が 、 すぐ うり が でて 、 もみあった まま しゅうりょう した と いう 。

だいいち かんぎょう ぎんこう ( ろんどん ) トレジャリーセールス か の すぎうら いちろう じちょう は 、 ドル ・ えん が けんちょうだった はいけい と して 「 しかご すじ を ちゅうしん に 、 さん かげつ さき の ドル の こーる ・ オプション を かう うごき が かっぱつか して いる 」 と してき 、 「 ドル ・ えん は らいしゅう に も いちぜろぜろ えん を ためす てんかい に なる 」 と よそう して いる 。 1

【 わしんとん にきゅう にち きょうどう 】 ぜん べい みんかん エコノミスト きょうかい は にきゅう にち 、 「 こめ けいざい が ことし だいし しはんき から げんそく し 、 らいねん は にてんご ぱーせんと の せいちょう ( だいし しはんき たいひ ) に どんか する 」 と の よそく を はっぴょう した 。

この よそく は 、 どう きょうかい の エコノミスト よんなな にん の ぶんせき に もとづいて いる 。 どう ほうこく は 「 こめ けいざい は 、 ことし だい さん しはんき に さんてんよん ぱーせんと と よそう いじょう の つよい せいちょう を たっせい した が 、 ざいこ つみ まし と ぼうえい ぶもん の のび と いう いちじてき よういん に よる ところ が おおきく 、 だいし しはんき に は その はんどう で にてんはち ぱーせんと せいちょう に どんか する 」 と よそう して いる 。

きゅうご ねん は ざいこ とうし の げんしょう が つづく うえ 、 きんり じょうしょう で じゅうたく および きぎょう の せつび とうし が げんしょう する こと から 、 にてんご ぱーせんと ていど に せいちょう が どんか する と いう 。 1

【 ろんどん さんぜろ にち きょうどう 】 さんぜろ にち の ろんどん かぶしき しじょう の フィナンシアル ・ タイムズ いちぜろぜろ しゅ かぶか しすう は まえび おわりね ひ にぜろてんさん ポイント こう の さんぜろはちいちてんよん で おわった 。

しじょう すじ に よる と 、 まえび はっぴょう さ れた しん よさんあん に こうかん して やくひん かぶ など が かわれ 、 ぜんぱんてきに けんちょう の まま すいい した 。 にゅーよーく しじょう が じゅんちょうに はじまった こと も かい を ささえた と いう 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 16:35 \ \ こよう じょうせい の ひょうか おおきく かいぜん 1 いちいち つき こめ しょうひしゃ しんらい かん しすう \

【 にゅーよーく にきゅう にち きょうどう 】 ぜん べい さんぎょう しんぎかい ( コンファレンス ・ ボード = CB ) が にきゅう にち に はっぴょう した いちいち つき の こめ しょうひしゃ しんらい かん しすう ( いちきゅうはちご ねん = いちぜろぜろ ) は いちぜろいちてんさん で 、 ぜんげつ の はちきゅうてんいち ( かいてい あたい 、 とうしょ はっぴょう はちななてんろく ) から いちにてんに ポイント の いれいの きゅう じょうしょう を しめした 。 どう しすう は さくねん いちぜろ つき の ろくぜろてんご を そこ に ことし ろく つき の きゅうにてんご まで ほぼ いっぽんぢょうしに じょうしょう した あと 、 ぜんげつ まで こうげん じょうたい で すいい して いた が 、 いちいち つき は やく よん ねん ぶり の こう すいじゅん へ と いっきに すいじゅん が あがり 、 しょうひしゃ が こめ けいき じょうせい を ひじょうに あかるく ひょうか する ように なった こと を しめした 。

げんじょう しすう は ぜんげつ の きゅうぜろてんきゅう ( かいてい まえ きゅうぜろてんさん ) から いちぜろはちてんさん に きゅうとう 、 こんご の みとおし を はんえい した きたい しすう も ぜんげつ の はちななてんきゅう ( かいてい まえ はちごてんきゅう ) から きゅうろくてんなな へ と おおはばに じょうしょう した 。 1

【 ろんどん にきゅう にち きょうどう 】 えいこく の クラーク ぞうしょう は にきゅう にち 、 ぎかい で おこなった らい ねんど よさんあん えんぜつ で 、 らいねん の どうこく インフレ に ついて こうり ぶっか しすう ( じゅうたくローン きんり を のぞく ) の のび りつ は らいねん かみはんき に にてんご ぱーせんと に なる と の みとおし を しめした 。 どう ぞうしょう は 、 そのご は やや ていか する と して いる 。 1 \ Nov \ 30 \ 1994 \ 16:55 \ \ きゅうはち えん こうはん で しゅうりょう 1 ろんどん がいため しきょう \

だいいち すすむ ぎん の すぎうら し は 、 ドル ・ まろに ついて 「 にっぽん の ゆしゅつ きぎょう の じつじゅ うり を こうりょ して うり もち して いる とうき すじ が おおい が 、 オプション からみ の ぎんこう の ドル てあたり が 、 ゆしゅつ きぎょう の うり を のみこむ てんかい が よそう さ れる 」 と してき 、 ドル ・ マルク より も じょうしょう よち が おおきい と みて いる 。 ドル ・ マルク に ついて は 「 べいこく の インフレけねん や ざいせい あかじ さくげん へ の けんねん から 、 そろそろ じょうしょう が いっぷく する 」 と よそう する 。

いっぽう 、 ケミカル ぎんこう ( ろんどん ) の エコノミスト 、 でびっど ・ コッカー し は 、 ドル ・ マルク の とうめん の うごき に ついて 「 めさき は ちょうせい きょくめん を むかえる もの の 、 そのご は ふたたび うわね を ためす てんかい に なる 」 と よそう する 。 「 こめ きんゆう とうきょく の りあげ ペース が おそい こと へ の けんねん や 、 ねんまつ の てびかえ ムード に よって 、 ドル ・ マルク は いったん いちてんごよん まるく ぜんご まで さげる かのうせい が ある 」 もの の 「 べいこく と どいつ の きんり さ かくだい を はいけい に 、 ふたたび じょうしょう 、 いちてんろくさん まるく を めざす 」 と みて いる 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 16:03 \ \ ついか りあげ の かのうせい を しさ 1 こめ ぼすとん れん ぎん そうさい \

【 ランドルフ ( こめ まさちゅーせっつ しゅう ) にきゅう にち MNS = きょうどう 】 こめ ぼすとん れん ぎん の ミネハン そうさい は にきゅう にち 、 サウスショア しょうぎょう かいぎしょ で こうえん し 、 れんぽう じゅんび せいど りじかい ( FRB ) の すうじ に わたる ひきしめ も けいき を げんそく さ せる まで に は いたって い ない と のべた 。

そうさい は さらに 、 つよい けいざい データ が あいついで いる ため 、 ウォールがい は FRB の ひきしめ が おわら ない ので は ない か と けいかい して いる と してき 、 しょうらい の ひきしめ に ついて 「 メイビー ( ある かも しれ ない ) 」 と のべ 、 ついか りあげ の かのうせい を しさ した 。

FRB の せいさく に ついて そうさい は 「 いっぽう で 、 らいねん かみはんき に インフレ あつりょく が つよまる こと を さける ひつよう が ある 。 どうじに たほう で は 、 りあげ の こうか が じゅうぶんに はっき さ れた だんかい で けいき が げんそく し すぎ ない よう 、 ひきしめ の ゆきすぎ に ちゅうい する ひつよう が ある 」 と のべた 。

こよう じょうせい の げんじょう ひょうか でも 「 しょく が じゅうぶんに ある 」 と の かいとう ひりつ が ぜんげつ の いちろくてんいち ぱーせんと から にぜろてんなな ぱーせんと に きゅう じょうしょう する など 、 いちじるしい かいぜん が しめさ れた 。 どう ひりつ は さくねん いちいち つき に は きゅうてんご に とどまって いた 。 「 しょく に つく の が こんなん 」 と の かいとう ひりつ も ぜんねん どうげつ の さんろくてんいち ぱーせんと から にななてんに ぱーせんと ( ぜんげつ にきゅうてんなな ぱーせんと ) まで ていか した 。

いっぽう 、 こうばい けいかく ちょうさ で は 、 こんご ろく かげつ いない に じょうようしゃ を かう よてい の しょうひしゃ の ひりつ は ぜんげつ の ろくてんろく ぱーせんと から よんてんきゅう ぱーせんと に ていか し 、 じゅうたく こうにゅう よてい は どう にてんはち ぱーせんと で よこばい に とどまり 、 きんり じょうしょう の えいきょう が うかがわ れた 。 ただ 、 せんたくき 、 テレビ など の しゅよう かでん せいひん の こうばい よてい ひりつ は にさんてんろく ぱーせんと から にななてんさん ぱーせんと へ と じょうしょう して おり 、 ぜんぱん に は しょうひ いよく は つよい と いえ そうだ 。 1

【 ろんどん にきゅう にち きょうどう 】 どいつ れん ぎん にきゅう にち の はっぴょう に よる と 、 どうにち げんざい の ロンバード かしだし こう は さんいちおく まるく で 、 まえび の におく まるく から おおはばに じょうしょう した 。

また ぎんこう じゅんび こう は にはち にち げんざい よんはちろくおく まるく で 、 ぜん しゅうまつ の よんにきゅうおく まるく から ぞうか した 。 ひょう ざん で は よんさんぜろおく まるく だった 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 16:00 \ \ ゴマ の じえいたい に きょうりょく ようせい 1 ゆくえ ふめい はなぶさ くにびと の そうさく で \

【 ゴマ にきゅう にち きょうどう 】 こくれんなんみんこうとうべんむかんじむしょ ( UNHCR ) は にきゅう にち 、 ざいーる とうぶ の ゴマ に はけん さ れて いる じえいたい に たいし 、 にご にち の カタレ ・ キャンプ で おきた ざいーる ぐん に よる じゅうげき じけん に まきこまれ 、 ゆくえ ふめいに なって いる えいこく の ひせいふそしき ( NGO ) 「 アシスト UK 」 の はなぶさ くにびと スタッフ の そうさく きょうりょく を ようせい した こと を あきらかに した 。

じえいたい は ぼうえいちょう など と きょうぎ 、 たいおう を けんとう して いる が 、 はけん ぎょうむ に がいとう し ない かのうせい も ある ため 、 たいおう に あたま を いためて いる 。

はなぶさ くにびと スタッフ は カタレ じけん の ちょくぜん に ざいーる ぐん が どうろ ふうさ を した さい 、 たの げんち スタッフ と ともに うんてん して いた くるま から おりて 、 ちかく の みんか に にげこんだ 。 しかし 、 そのご 、 いち にん で べつの ところ に いどう した あと 、 しょうそく が わから なく なって いる 。 1

【 まどりーど にきゅう にち AP ・ DJ = きょうどう 】 にきゅう にち の まどりーど かぶしき しじょう は 、 ち あい わるく ぞくらく した 。 おわりね の まどりーど しょうけん とりひきじょ そうごう しすう は 、 ぜん ひび さんてんいちぜろ ポイント やすき の にきゅうきゅうてんななろく 。

しじょう すじ に よる と 、 ち あい が あっか した ほか 、 にゅーよーく しじょう やすき も あくざいりょう に なった 。

レプソル ( かがく ) が ぞくらく した ほか 、 けんせつ かぶ も そうじて ていらく 。 テレフォニカ ( つうしん ) も やすかった 。 ぎんこう かぶ は サンタンデール ぎん はじめ のきなみ やすで 、 タバカレラ ( たばこ ) も さげた 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 16:03 \ \ ついか りあげ の かのうせい を しさ 1 こめ ぼすとん れん ぎん そうさい \

けいき の げんじょう に ついて ミネハン そうさい は 「 こくないそうせいさん ( GDP ) せいちょうりつ や せつび かどうりつ 、 こうり うりあげだか など 、 どの しひょう を みて も けいき の つよさ に ぎもん の よち は ない 。 アナリスト の いう 『 ぶっか あつりょく を じょうしょう さ せ ない さいぜん の しつぎょうりつ 』 に きわめて ちかい ところ に いる 」 と の にんしき を しめした 。

そうさい は 「 これ まで の ところ 、 きぎょう の せつび とうし が よわまる きざし は ない 。 たいきゅうざい の はんばい も こうちょうで 、 こじん しょうひ は のび つづけて いる 」 と してき 、 「 その いちいん は 、 じゅうたくローン きんり が ちょうき こくさい の りまわり ほど じょうしょう して い ない など 、 ゆうし きんり の じょうしょう が ひかくてき にぶい こと に ある 」 と のべた 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 18:15 \ \ MCI かぶ の ひょうか さげる 1 こめ メリルリンチ しょうけん \

【 にゅーよーく にきゅう にち AP ・ DJ = きょうどう 】 こめ おおて しょうけん かいしゃ メリルリンチ の アナリスト 、 ダニエル ・ ラインゴールド し は にきゅう にち 、 ちょうきょりでんわ かいしゃ MCI の かぶ の ひょうか を 、 これ まで の たんき 、 ちょうき と も 「 かい 」 から たんき 「 ちゅうりつ 」 、 ちょうき 「 へいきん いじょう 」 に ひきさげた 。

ちょうきょりでんわ しじょう で MCI の のび が にぶって いる ため で 、 だいし しはんき ( いちぜろ − いちに つき ) に は 、 ちょうきょりでんわ しじょう で の MCI の シェア に ついて どうし は 、 しゅうにゅう ベース で は わずかに かくだい する が 、 すうりょう ベース で は しゅくしょう する と よそう して いる 。

どうし に よる と 、 ぎょうかい ぜんたい で は だいし しはんき の ちょうきょりでんわ りよう じかん は きゅう ぱーせんと ぞうか する と よそう さ れる が 、 MCI の のび は ななてんご ぱーせんと に とどまる みとおし と いう 。 1

【 フランクフルト にきゅう にち AP ・ DJ = きょうどう 】 クリストファーセン おうしゅう い ふく いいんちょう は にきゅう にち 、 フランクフルト で ひらか れた おうしゅう きんゆう かいぎ で えんぜつ 、 おうしゅう つうか とうごう に ついて 、 こん せいき ちゅう に だい さん だんかい に すすむ こと が かのうで 、 そのご すぐに たんいつ つうか が どうにゅう さ れる と の みとおし を しめした 。

ふく いいんちょう は 、 おうしゅう の けいき かいふく に よって 、 おうしゅう れんごう ( EU ) の いく つ か の かめいこく が いちきゅうきゅうなな ねんまつ まで に つうか とうごう さんか の ため の ざいせい きじゅん を たっせい する かのうせい が たかまった 、 と の らっかんてきな けんかい を ひょうめい 。 また 、 おうしゅうつうかせいど ( EMS ) の かわせ そうば メカニズム ( ERM ) の きょよう へんどう はば に ついて は 、 せまい へんどう はば に もどる こと は なく 、 げんざい の いちご ぱーせんと と いう かくだい へんどう はば が ふつうの じょうたい と みなさ れる ように なる と の かんがえ を しめした 。

おうしゅう の インフレ ・ きんり どうこう に ついて は 、 けいき かいふく に も かかわら ず インフレ が いちだん と ちんせい か する と ともに 、 どいつ の ちょうき きんり と たの おうしゅう しょこく の ちょうき きんり と の さ が ちぢまる よち が ある と してき した 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 16:00 \ \ ゴマ の じえいたい に きょうりょく ようせい 1 ゆくえ ふめい はなぶさ くにびと の そうさく で \

UNHCR は これ まで るわんだ に てんかい して いる こくれん るわんだ しえん だん ( UNAMIR ) など に そうさく を ようせい し 、 UNAMIR が ヘリコプター など で さがして いた が 、 ゴマ に ちゅうりゅう して いる ぶたい が にっぽん の じえいたい しか ない ため 、 きょうりょく ようせい に ふみきった 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 17:54 \ \ よん にち ぶり に はんらく 1 ぱり かぶしき しきょう \

【 ぱり にきゅう にち AP ・ DJ = きょうどう 】 にきゅう にち の ぱり かぶしき しじょう は 、 こめ しょうひしゃ しんらい かん しすう の じょうしょう に よる にゅーよーく かぶ やすき が いやき さ れて よん にち ぶり に ていらく した 。 おわりね の CAC よんぜろ しすう は 、 ぜん ひび いちにてんよんいち ポイント やすき の いちきゅうさんきゅうてんきゅうなな 。

のるうぇー が こくみん とうひょう で おうしゅう れんごう かめい を ひけつ した こと は 、 よそう どおり で も あり 、 しじょう に は ひびか なかった 。 あきない は かんさんだった 。

ユーロトンネル が ていらく 。 アルカテル ・ アルストム ( でんき ) 、 ローヌ ・ プーラン ( かがく ) は さげ 、 エルフ ・ アキテーヌ ( せきゆ ) など も さげた 。 はんめん 、 トムソン CSF ( エレクトロニクス ) 、 カールフール ( こうり ) は けんちょうだった 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 17:47 \ \ もようながめ め で もちあい 1 ミラノ かぶしき しきょう \

【 ミラノ にきゅう にち AP ・ DJ = きょうどう 】 にきゅう にち の ミラノ かぶしき しじょう は 、 この にち の かくぎ しゅうりょう まち で もようながめ め きぶん が つよく 、 あきない かんさん の うち に もちあい で ひけた 。 おわりね の MIBTEL しすう は ぜん ひび ご ポイント こう の いちぜろぜろいちご だった 。

いたりあ せいふ は この にち 、 れんりつ せいけん の けいぞく に かんする かくぎ を おこなって いる ほか 、 よくじつ に よてい さ れる ねんきん せいど かいかく に かんする せいふ と ろうそ の きょうぎ も きがかり ざいりょう だった 。

オリベッティ ( じむ きき ) が けんちょうだった ほか 、 テレコム ・ いたりあ 、 STET など つうしん かぶ も しっかり 。 BCI ( ぎんこう ) は かわら ず 。 フィアット ( じどうしゃ ) は やすく 、 モンテジソン ( かがく ) も さげた 。 1 \ Nov \ 30 \ 1994 \ 17:14 \ \ ひけ に かけて こ はんぱつ 1 ろんどん さいけん しきょう \

【 ろんどん さんぜろ にち きょうどう 】 さんぜろ にち の ろんどん さいけん しじょう は 、 うり が せんこう した もの の 、 ひけ に かけて はんぱつ し 、 こだかい すいじゅん で おわった 。 にぜろぜろよん ねん しょうかん こくさい ( ひょうめん りりつ ろくてんななご ぱーせんと ) は 、 ろんどん じかん ごご よん じ はん げんざい で ぜん ひび ぜろてんにご ポイント こう の はちはちてんろくはちななご 。 りまわり は はちてんよんご ぱーせんと 。 にぜろぜろはち ねん しょうかん こくさい ( どう きゅうてんぜろ ぱーせんと ) は 、 どう ぜろてんさんいちにご ポイント こう の いちぜろよんてんご 。 りまわり は はちてんよんさん ぱーせんと 。

あさがた はっぴょう さ れた いちいち つき の はなぶさ しいれ きょうかい ( CIPS ) の かかく しすう が ちょうさ かいし いらい の さいこう を きろく した の を うけて 、 さきもの ちゅうしん に うり が せんこう した が 、 ひけ に かけて は 、 こめ さい に れんどう して もちなおした 。 ディーラー ちゅうしん の あらっぽい てんかい で 、 げんぶつ さい の とりひき は かんさんだった 。 まえび ゆうがた に はっぴょう さ れた はなぶさ こくさい の たいしゃく とりひき じゆうか あん に は 、 はんのう すすき だった 。

にっぽん こくさい いちろくよん かい さい ( ひょうめん りりつ よんてんいち ぱーせんと ) の りまわり は よんてんろくはちぜろ ぱーせんと で 、 ぜん ひび ぜろてんぜろにぜろ ポイント ていか 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 18:15 \ \ MCI かぶ の ひょうか さげる 1 こめ メリルリンチ しょうけん \

ラインゴールド し は 、 MCI の ことし だいし しはんき の よそう ひとかぶあたりりえき を これ まで の ぜろてんさんろく どる から ぜろてんさんご どる に 、 らいねん の つう き の よそう ひとかぶあたりりえき を いちてんごろく どる から いちてんごぜろ どる に 、 それぞれ かほう しゅうせい した 。

メリルリンチ の ちょうさ ほうこく に ついて 、 MCI の スポークスマン は 、 ソフトウェア や じょうほう サービス など 、 あたらしい ぶんや に しんしゅつ しよう と して いる とき だけ に 、 きゅうらい の ぶんや で たしょう のびなやむ こと は あり うる と かたらった 。 1 \ Nov \ 30 \ 1994 \ 17:11 \ \ こめ れん ぎん が よくじつもの システムレポ 1 たんき きんり は また じょうしょう \

【 にゅーよーく さんぜろ にち きょうどう 】 こめ れん ぎん は さんぜろ にち ごぜん 、 ていれい の こうかい しじょう そうさ じかんたい ( ごぜん いちいち じ なかばすぎ ) に よくじつもの の じこ かんじょう かいオペ ( システムレポ ) を じっし した 。 に 、 ご ねん もの こめ こくさい いれふだ の けっさい や つきずえ よういん で FF きんり は ごてんななご ぱーせんと に じょうしょう して おり 、 オペ は ほぼ しじょう の よそう どおり 。

ごぜん の たんき きんゆう しじょう は 、 GDP かいてい や しかご しいれ きょうかい かかく しすう の じょうしょう など が あっぱく ざいりょう に なり 、 ごぜん いちいち じ なかばすぎ の TB レート は ぜん ひび ぜろてんぜろろく − ぜろてんぜろはち ぱーせんと の おおはば ぞくしん 。 かぶか はんぱつ を いちいん に 、 TB さん かげつ もの レート は しゅうしょ から ぜろてんさん ぱーせんと も じょうしょう して いる が 、 スワップ ・ ポジション の てじまい に ともなう ユーロドル かね さきうり など の しじょう ないぶ よういん も からみ 、 かならずしも そうき の りあげ かんそく の つよまり を はんえい した うごき と は み られて い ない 。 さい りあげ は いぜん らいねん に つき いち にち せつ が おおい 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 17:39 \ \ きゅうご ねんど も すえおき へ 1 はなぶさ つうか きょうきゅう りょう の かんし レンジ \

【 ろんどん にきゅう にち きょうどう 】 クラーク はなぶさ ぞうしょう は にきゅう にち 、 ぎかい で の ざいせい えんぜつ の なか で 、 いちきゅうきゅうご ねんど の つうか きょうきゅう りょう のび りつ の かんし レンジ に ついて 、 きゅうよん ねんど と おなじ レンジ に すえおく こと を あきらかに した 。

げんこう の かんし レンジ は 、 きょうぎ の つうか きょうきゅう りょう M ぜろ が ぜろ − よん ぱーせんと 、 こうぎ の つうか きょうきゅう りょう M よん が さん − きゅう ぱーせんと 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 17:37 \ \ ねんまつ しょうせん は こうちょうな スタート 1 みつびし ぎん の こめ しゅうかん こうり ちょうさ \

【 にゅーよーく にきゅう にち きょうどう 】 みつびし ぎんこう ( にゅーよーく ) が にきゅう にち まとめた こめ しゅうかん こうり どうこう ちょうさ に よる と 、 にご にち から の ねんまつ しょうせん を ふくむ いちいち つき だい よん しゅう ( にろく にち に おわった しゅう ) の しゅよう こうり チェーン うりあげだか は きせつ ちょうせい ご の ぜんしゅう ひ で ぜろてんなな ぱーせんと ぞう ( ぜんねん ひ ろくてんはち ぱーせんと ぞう ) と おおはばに うわむき 、 かくしゅ ちょうさ と どうように 、 ねんまつ しょうせん が こうちょうな スタート を きった こと が しめさ れた 。

いちいち つき は 、 だい いち しゅう の ぜろてんさん ぱーせんと げん から 、 だい に しゅう ぜろてんはち ぱーせんと ぞう 、 だい さん しゅう ぜろてんいち ぱーせんと げん と 、 こうげ を くりかえした が 、 ならして みれば ぞうか きちょう は あきらか 。 いりょう ひん など が うわむき 、 おおく の てんぽ で けいかく を うわまわる うりあげ が ほうこく さ れた と いう 。 1

【 にゅーよーく にきゅう にち AP ・ DJ = きょうどう 】 こめ しょうむ しょう が いちに つき いち にち に はっぴょう する いちぜろ つき の こじん しょとく ・ しょうひ ししゅつ とうけい は 、 ダウ ・ ジョーンズ の まとめた エコノミスト いちはち にん の よそう の へいきんち で 、 しょとく が ぜん つきごろ いちてんいち ぱーせんと の ぞうか 、 ししゅつ が ぜろてんろく ぱーせんと の ぞうか と み られて いる 。 ぜんげつ は しょとく が ぜろてんろく ぱーせんと 、 ししゅつ が ぜろてんに ぱーせんと の ぞうか だった 。

エコノミスト は 、 ちんぎん ・ きゅうよ しょとく が おおきく のび 、 へいきん ろうどう じかん が ふえ 、 のうぎょう じょせい が おおはばに ぞうか する など して 、 こじん しょとく が たかい のび を きろく した と みて いる 。

JP モルガン の ジム ・ オサリバン し は 「 よそう さ れる すうじ から みる と 、 だいし しはんき も こじん しょうひ は きわめて こうちょうな スタート を きった 。 しかし 、 しょとく の のび は 、 ししゅつ を さらに うわまわる 」 と し 、 「 あわせて かんがえる と 、 しょうひ の つよさ は じぞく かのうであり 、 クリスマス しょうせん も こうちょう と よそう さ れる 」 と かたらって いる 。

【 ろんどん にきゅう にち きょうどう 】 えいこく の クラーク ぞうしょう は にきゅう にち の ぎかい で おこなった よさんあん えんぜつ で 、 らい ねんど の ざいせい あかじ は にいちごおく ぽんど に なる と の みとおし を あきらかに した 。

こんねんど に ついて は さんよんごおく ぽんど と みこんで いる 。

らい ねんど の ざいせい あかじ みとおし は 、 ろく つき に おおくらしょう が はっぴょう した よそく すうじ の にはちぜろおく ぽんど を おおきく したまわって いる 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 17:20 \ \ ★ らい ねんど は にいちごおく ぽんど 1 はなぶさ の ざいせい あかじ みとおし \

【 ろんどん にきゅう にち きょうどう 】 えいこく の クラーク ぞうしょう は にきゅう にち の ぎかい で おこなった よさんあん えんぜつ で 、 らい ねんど の ざいせい あかじ は にいちごおく ぽんど に なる と の みとおし を あきらかに した 。

こんねんど に ついて は さんよんごおく ぽんど と みこんで いる 。

らい ねんど の ざいせい あかじ みとおし は 、 ろく つき に おおくらしょう が はっぴょう した よそく すうじ の にはちぜろおく ぽんど を おおきく したまわって いる 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 17:04 \ \ EU ひけつ でも がいこう せいさく は ふへん 1 のるうぇー がいしょう \

【 おすろ にきゅう にち AP ・ DJ = きょうどう 】 のるうぇー の グーダル がいしょう は にきゅう にち の きしゃ あいみ で 、 こくみん とうひょう で おうしゅう れんごう ( EU ) へ の かめい が ひけつ さ れた が 、 のるうぇー たいがい せいさく の ゆうせん かだい と もくひょう は これ まで と かわって い ない 、 と のべた 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 20:37 \ \ ★ NY かぶ きゅうてんよんに どるやす 1 にきゅう にち ごご さん じ はん \

【 にゅーよーく にきゅう にち きょうどう 】 にきゅう にち ごご さん じ はん の にゅーよーく かぶしき しじょう の ダウ こうぎょう かぶ さんぜろ しゅ へいきん は 、 まえび おわりね ひ きゅうてんよんに どるやす の さんななさんぜろてんいちよん どる 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 17:37 \ \ ねんまつ しょうせん は こうちょうな スタート 1 みつびし ぎん の こめ しゅうかん こうり ちょうさ \

どうぎょう エコノミスト の まいける ・ ニエミラ し に よる と ( いち ) きおん が ひくく なった ( に ) かんしゃさい ご の かっぱつな はんばい そくしん さく ( さん ) おくりもの を こうかん する しゅうかん が ある ユダヤきょう の さいじつ ハヌカ が ことし は いれいの はやい じき に あたった − − こと など が はんばい を おしあげた 。 どうじに 、 じしゅう の ちょうさ で は 、 なか せいぶ の ごうせつ など が おしさげ よういん に なる かのうせい が ある と してき して いる 。

きせつ ちょうせい ご の ぜん つきごろ で は ぜろてんろく ぱーせんと ぞう で 、 いちいち つき ぜんたい の ぜんねん ひ は ご − ごてんご ぱーせんと ぞう が みこま れて いる 。

だい さん しゅう まで で にてんぜろ ぱーせんと げん だった ジョンソン ・ レッドブック ちょうさ ( ごご に じ ごご ふん はっぴょう ) に ついて は 、 いち ぱーせんと げん ていど に マイナス はば が しゅくしょう する かのうせい が してき さ れて いる 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 20:35 \ \ ★ NY きゅうはち えん きゅうぜろ − ぜろぜろ せん 1 にきゅう にち ごご さん じ はん \

【 にゅーよーく にきゅう にち きょうどう 】 にきゅう にち ごご さん じ はん ごろ の にゅーよーく がいこく かわせ しじょう の えんそうば は いち どる = きゅうはち えん きゅうぜろ せん − きゅうきゅう えん ぜろぜろ せん で 、 まえび おわりね ひ にご せん の えんやす どるだか 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 20:20 \ \ かんぱ で ふゆもの いりょう が こうちょう 1 J ・ レッドブック こうり ちょうさ \

【 にゅーよーく にきゅう にち きょうどう 】 こめ ゆうりょく こうり じょうほう きかん ジョンソン ・ レッドブック ・ サービス が にきゅう にち はっぴょう した にろく にち まで の よん しゅうかん の しゅよう こうり チェーン うりあげだか は 、 きせつ ちょうせい ご で いちぜろ つき へいきん ひ ぜろてんなな ぱーせんと げん ( ぜんねん ひ ななてんよん ぱーせんと ぞう ) で 、 いちいち つき だい いち しゅう の ぜん つきごろ よんてんぜろ ぱーせんと げん ( どう ごてんに ぱーせんと ぞう ) 、 だい に しゅう まで の にてんなな ぱーせんと げん ( どう ごてんに ぱーせんと ぞう ) 、 だい さん しゅう まで の にてんぜろ ぱーせんと げん ( どう ろくてんぜろ ぱーせんと ぞう ) から さらに もちなおした 。

レッドブック に よる と 、 しゅうまつ に かけて の つよい かんぱ で 、 でおくれて いた ふゆもの いりょう に うごき が み られ 、 いりょう ひん の こうちょう が めだった 。 ぜんぱん に よかった もの の 、 てんこう よういん で ていちょうだった ぜんしゅう まで の げん しょうぶん を とりもどす に は ちから ふそく だった 。 1

【 にゅーよーく にきゅう にち MNS = きょうどう 】 べいこく の とうし しんたく ( ミューチュアルファンド ) ぎょうかい だんたい 、 とうし かいしゃ きょうかい ( ICI ) が にきゅう にち はっぴょう した とうしん はんばい どうこう に よる と 、 いちぜろ つき の かぶしき とうしん および さいけん ・ インカム とうしん の はんばい こう は 、 はいとう の さい とうし ぶん を ふくめて ごうけい さんににおく どる と ぜんげつ の さんごぜろおく どる を したまわり 、 ぜんねん どうげつ の よんごななおく どる から おおきく げんしょう した 。

うち かぶしき とうしん は いちきゅうろくおく どる ( ぜんげつ にいちにおく どる ) 、 さいけん ・ インカムファンド は いちにろくおく どる ( いちさんきゅうおく どる ) 。

はいとう の さい とうし ぶん を のぞいた しんき はんばい こう は ごうけい さんぜろいちおく どる で 、 ぜんげつ の さんいちにおく どる 、 ぜんねん どうげつ の よんさんきゅうおく どる を 、 ともに したまわった 。

かいやく ・ しょうかん がく は にろくはちおく どる で 、 ぜんげつ の によんななおく どる を うわまわった 。 ぜんねん どうげつ は にぜろさんおく どる 。 1

【 わしんとん にきゅう にち きょうどう 】 こめ こくむしょう の マカリー ほうどう かん は にきゅう にち の ていれい あいみ で 、 こくさい げんしりょく きかん ( IAEA ) が ちょうせんみんしゅしゅぎじんみんきょうわこく ( きたちょうせん ) の かく かつどう と げんしろ けんせつ の とうけつ を かくにん した こと に ついて 「 こんかい の きょうりょく しせい が 、 べいちょう ごうい に もとづく こんご の ささつ じっし の ぜんれい に なる こと を のぞむ 」 と かんげい の いこう を ひょうめい した 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 20:13 \ \ 「 くうばく せよ 」 と きょうこう はつげん 1 さっちゃー はなぶさ まえ しゅしょう \

【 ろんどん にきゅう にち きょうどう 】 「 いま すぐ くうばく し なさい 」 。 「 てつ の おんな 」 の いみょう を とった さっちゃー はなぶさ まえ しゅしょう は にきゅう にち 、 ぼすにあ・へるつぇごびな じょうせい で しょうみょう を だし 、 こくれん が せってい した 「 あんぜん くいき 」 である ビハチ を すくう ため 、 せるびあ ひと せいりょく の ぐんじ きょてん に 「 こうかてきな くうばく を あたえ なければ なら ない 」 と のべ 、 こくれん と きたたいせいようじょうやくきこう ( なとう ) に たいし 、 そうきゅうな くうばく じっし を よびかけた 。

ぜん しゅしょう は しょうみょう で 「 ビハチ を ぼうえい できる か どう か は 、 こくれん と なとう 、 にしがわ しょこく の しんらいせい を とう うえ で じゅうようである 」 と してき 、 くうばく きょうか の ひつようせい を といた 。 「 くうばく きょうか を じゃま して いる の は えいこく と ふらんす 」 と いう まえび の どーる こめ きょうわとう いんない そうむ はつげん に カチン と きた らしい 。

いっぽう 、 メージャー はなぶさ しゅしょう は にきゅう にち の ぎかい で 、 はなぶさ 、 ほとけ など の ぼすにあ はけん ぶたい へ の 「 ほうふく 」 を まねき かね ない くうばく きょうか に は ひていてきな けんかい を しめして いる 。 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 20:20 \ \ かんぱ で ふゆもの いりょう が こうちょう 1 J ・ レッドブック こうり ちょうさ \

ただ 、 きせつ ちょうせい まえ の ぜんねん どう しゅう ひ で は いちいちてんろく ぱーせんと ぞう ( ぜんしゅう ななてんろく ぱーせんと ぞう ) と きゅうげきに のび を たかめて おり 、 にご にち から ほんかく か した ねんまつ しょうせん の であし こうちょう を うかがわ せた 。

みつびし ぎんこう の ちょうさ でも ぜんしゅう ひ ぜろてんなな ぱーせんと ぞう と おおはばに のびて おり 、 まえび まで の かくしゅ ほうどう で つたえ られた こうちょう ぶり が ぶぶんてき ながら かくにん さ れた と いえ そうだ 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 20:00 \ \ かぶしき とうしん から しきん りゅうしゅつ 1 こめ とうしん おおて フィデリティ \

【 にゅーよーく にきゅう にち AP ・ DJ = きょうどう 】 こめ おおて とうし しんたく かいしゃ フィデリティ ・ インベストメンツ は にきゅう にち 、 かんしゃさい まえ の かぶか きゅうらく が しゅいん で 、 いちいち つき に なって どうしゃ の かぶしき とうしん から やく いちおく どる の しきん が ながれだして いる こと を あきらかに した 。

しきん の りゅうしゅつ は やく いち ねん はん ぶり 。 いちぜろ つき は やく ごおくごぜろぜろぜろまん どる の りゅうにゅう ちょうか だった 。

フィデリティ の スポークスマン に よる と 、 かぶしき とうしん から ながれだした しきん の いちぶ は たんき きんゆう しょうひん に むかって いる 。 たんき きんゆう しょうひん で うんよう する どうしゃ の ファンド に は 、 こんげつ やく いちぜろおく どる の しきん が りゅうにゅう した ( ぜんげつ は よんおくごぜろぜろぜろまん どる の りゅうにゅう ) 。

いっぽう 、 さいけん ファンド から は しきん の りゅうしゅつ が つづいて いる 。 いちぜろ つき の ろくおくごぜろぜろぜろまん どる の りゅうしゅつ に つづき 、 いちいち つき も はちおく どる が ながれだした 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 19:35 \ \ がいこく かわせ ぶもん を しゅくしょう 1 こめ ペインウェバー しょうけん \

【 にゅーよーく にきゅう にち きょうどう 】 こめ おおて しょうけん かいしゃ ペインウェバー は にきゅう にち 、 がいこく かわせ ぶもん の きぼ を しゅくしょう する けいかく を かくにん した 。 けいえい せんりゃく に もとづいた そち で 、 にゅーよーく で は すでに じんいん が いちぶ さくげん さ れて いる 。 ろんどん の かわせ ぎょうむ ぶもん は いじ する と いう 。

しじょう かんけいしゃ の あいだ に は 、 しょうらい てきに ペインウェバー が がいため ぎょうむ から てったい する ので は ない か 、 と の かんそく も でて いる 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 19:25 \ \ ざいせい あかじ さくげん の ちゅうりつ かた よさん 1 はなぶさ ぞうしょう きゅうご ねんど よさんあん はっぴょう \

【 ろんどん にきゅう にち きょうどう 】 えいこく の クラーク ぞうしょう は にきゅう にち 、 ぎかい で えんぜつ し 、 ざいせい あかじ の おおはば さくげん を もりこんだ 、 けいき ちゅうりつ かた の いちきゅうきゅうご ねんど の よさんあん を はっぴょう した 。

こうきょう とうし を こんご さん ねんかん で そうがく によんぜろおく ぽんど さくげん する いっぽう で 、 ガソリン 、 タバコ の ぞうぜい を じっし 。 これ に よって 、 ざいせい あかじ は きゅうご ねんど で ぜんねんど より いちさんぜろおく ぽんど へらし 、 にいちごおく ぽんど と する 。

せつび とうし 、 ゆしゅつ しゅどう の けいき かいふく は こんご も つづく と して おり 、 らいねん の けいざい せいちょう は 、 さんてんにご ぱーせんと と 、 この げ は はっぴょう した どうねん の せいちょう よそう ( にてんななご ぱーせんと ) を じょうほう しゅうせい して いる 。

クラーク ぞうしょう は 、 よさんあん の とくちょう と して ( いち ) じぞく てきな せいちょう を かくじつな もの と する ( に ) しつぎょうしゃ の こよう そうしゅつ を めざす ( さん ) ちょうき てきに けいざい を きょうか する − − など を あげた 。 1

【 ろんどん にきゅう にち きょうどう 】 イングランド ぎんこう は にきゅう にち 、 クラーク はなぶさ ぞうしょう の ぎかい で の よさん えんぜつ しゅうりょう ご 、 はなぶさ こくさい の たいしゃく とりひき じゆうか に かんする ていあん を はっぴょう した 。

げんこう せいど から の おもな へんこう てん は ( いち ) どう とりひき を マーケット ・ メーカー いがい の しじょう さんか しゃ に かいほう する ( に ) とりひきじょ の ブローカー を とおさ ない とりひき を みとめる − − の に てん 。

かんけいしゃ かん の とうぎ ・ ちょうせい を へた うえ で 、 はやければ いちきゅうきゅうご ねん なな つき の じっし を めざす 。

たいしゃく とりひき の じゆうか に よって 、 はなぶさ こくさい しじょう の りゅうどうせい と こうりつ せい が たかまる みとおし で 、 はなぶさ こくさい の じゅよう ぞうか 、 りまわり ていか に つながり 、 はなぶさ せいふ の りばらい ふたん の けいげん が きたい できる と して いる 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 19:10 \ \ かなだ こうてい ぶあい ひきあげ 1 ぜろてんぜろはち じょうしょう し ろくてんぜろよん ぱーせんと \

【 おたわ にきゅう にち AP ・ DJ = きょうどう 】 にきゅう にち おこなわれた かなだ の きゅういち にち もの おおくらしょう たんき しょうけん ( TB ) いれふだ の へいきん りまわり は ごてんななはちきゅう ぱーせんと で 、 ぜんしゅう の ごてんななぜろはち ぱーせんと から じょうしょう した 。

これ を うけて かなだ ぎんこう は 、 こうてい ぶあい を ごてんきゅうろく ぱーせんと から ろくてんぜろよん ぱーせんと に ひきあげた 。

ひきあげ は ご しゅう れんぞく 。 しじょう は ぜろてんぜろろく ポイント ていど の じょうしょう を よそう して いた 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 19:01 \ \ せいさく いじ を かくにん 1 いたりあ せいふ かくぎ \

【 ミラノ にきゅう にち AP ・ DJ = きょうどう 】 いたりあ せいふ は にきゅう にち 、 げん せいけん の こうせい かく とう の れんりつ いじ かくにん の ため の かくぎ を ひらいた 。 しゅしょう ふ スポークスマン に よる と 、 かくぎ で どう しゅしょう は れんりつ せいけん の せいさく を さだめた せいさく ぶんしょ の ないよう を かくにん した 。

どう ぶんしょ は 、 れんりつ せいけん じゅりつ に あたって かく とう が ごうい して いた もの で 、 ほくぶ どうめい が つよく しゅちょう する せいじ めん 、 けいざい めん で の ちほう ぶんけん か も ふくま れて いる 。

また いちだん の みんえいか そくしん や 、 どっきんほう の きょうか など の てん でも いけん は いっち した と いう 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 19:25 \ \ ざいせい あかじ さくげん の ちゅうりつ かた よさん 1 はなぶさ ぞうしょう きゅうご ねんど よさんあん はっぴょう \

こよう そうしゅつ に ついて は 、 に ねん いじょう の しつぎょうしゃ を こよう した こよう おもに たいし 、 せいふ が きゅうか など の めん で ほじょ する など の かくしゅ そち を はっぴょう した 。

しつぎょうりつ に ついて ぞうしょう は 、 けいざい せいちょう も てつだって 、 げんざい はちてんきゅう ぱーせんと と なって いる すいじゅん が さがり つづける と げんめい した 。

また インフレ りつ に ついて は 、 きゅうなな ねん よん つき に も よてい さ れる そうせんきょ まで さん ぱーせんと いか に とどまり つづける と して いる 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 18:42 \ \ BP の かいちょう こうたい へ 1 こうにん に サイモン し しょうかく \

【 ろんどん にきゅう にち きょうどう 】 えいこく の せきゆ おおて 、 ブリティッシュ ・ ペトロリアム ( BP ) は にきゅう にち 、 アシュバートン かいちょう の たいにん に ともない 、 でびっど ・ サイモン さいこう けいえい せきにんしゃ ( CEO ) が らいねん なな つき に かいちょう に しゅうにん する と はっぴょう した 。 こうにん の CEO に は BP エクスプロレーション しゃ の CEO である じょん ・ ブラウン し が しょうかく する 。

きしゃ かいけん した サイモン じき かいちょう は 、 かいちょう こうたい に よって も 、 ざいむ たいしつ の きょうか や 、 きょうそうりょく の きょうか など の きぎょう もくてき に へんげ は なく 、 あじあ ちいき で の せきゆ かいはつ や おうしゅう で の かつどう きょうか で せいちょう を たっせい する 、 と ほうふ を かたらった 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 22:05 \ \ いらん の しゅうきょう しどう しゃ が しきょ 1 シーアは さい こうい \

【 てへらん にきゅう にち きょうどう 】 こくえい いらん つうしん に よる と 、 いらん の イスラムきょう シーアは の さい こうい せいしょくしゃ モハマド ・ アリ ・ アラキ し が にきゅう にち 、 てへらん しない の びょういん で しきょ した 。 いちぜろぜろ さい 。 のう ち かん しょうがい で いちぜろ つき げじゅん から にゅういん ちゅう だった 。

いらん せいぶ アラク うまれ 。 いちきゅうにいち ねん いらい てへらん なんぽう の シーアは せいち コム で まなび 、 イスラム かくめい じつげん の げんどうりょく と なった ホメイニ し が しきょ した はちきゅう ねん に シーアは の さい こうい せいしょくしゃ 「 だい アヤトラ 」 に しょうかく した 。 アラキ し は だい アヤトラ の なか でも さい こうれい で 、 もっとも けんい ある しゅうきょう しどう しゃ と さ れて いた 。

いらん で は ホメイニ し の しきょ で しゅうきょう と せいじ じょう の しどう しゃ が ぶんり し 、 せいじ じょう の さいこう しどう しゃ ハメネイ し は しゅうきょう じょう は アラキ し より かい に なる 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 22:02 \ \ ちぇちぇん の ししゃ さんぜろぜろ にん か 1 しゅと ぐろずぬい こうげき で \

【 もすくわ にきゅう にち きょうどう 】 ろしあ ・ オスタンキノテレビ は にきゅう にち よる の ニュース で 、 ろしあ なんぶ の ちぇちぇん きょうわこく で にご − になな にち に かけて はん せいふ せいりょく が ドダエフ だいとうりょう の きょてん である しゅと ぐろずぬい を そうこうげき した さい の せんとう で 、 すくなくとも さんぜろぜろ にん が しぼう し 、 やく はちぜろ にん が ゆくえ ふめいに なった と つたえた 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 21:58 \ \ さいけん やすき うつして はんらく 1 NY かぶしき しきょう \

【 にゅーよーく にきゅう にち きょうどう 】 にきゅう にち の にゅーよーく かぶしき しじょう は はんらく 、 ダウ こうぎょう かぶ さんぜろ しゅ へいきん は まえび おわりね ひ いちてんぜろいち どるやす の さんななさんはちてんごご どる で おわった 。 できだか は やく におくきゅうぜろぜろぜろまん かぶ 。

しじょう すじ に よる と 、 あさがた はっぴょう の いちいち つき の こめ しょうひしゃ しんらい かん しすう が よそう より こう すいじゅん だった こと を いやき して さいけん そうば が なんか した こと を うけ 、 しょう やすく よりついた 。 そのご 、 うりかい が こうさく 、 いち じ いちきゅう どるやす まで さげた が 、 ひけぎわ で はんぱつ し 、 まえび おわりね より やや ひくい レベル で とりひき を おえた 。

こうり かぶ が はんらく 、 やくひん かぶ が ぞくしん した 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 21:55 \ \ さんぜろ にち に CMB ばいきゃく 1 にぜろ にち もの を はちぜろおく どる \

【 わしんとん にきゅう にち AP ・ DJ = きょうどう 】 こめ ざいむしょう は にきゅう にち 、 にぜろ にち もの キャッシュマネジメント ・ ビル ( CMB ) ごうけい はちぜろおく どる を さんぜろ にち に ばいきゃく する 、 と はっぴょう した 。 ぜんがく が しんき しきん と なる 。

はっこう にち は いちに つき に にち で 、 まんき は にに にち 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 21:53 \ \ いとうちゅう 、 とうしば と ていけい かいしょう も 1 タイム ・ ワーナー じぎょう さいへん \

【 にゅーよーく にきゅう にち きょうどう 】 にきゅう ひづけ の こめ かみ ウォールストリート ・ ジャーナル は 、 こめ メディア おおて タイム ・ ワーナー が 、 いとうちゅう しょうじ 、 とうしば と の パートナーシップ かいしょう に つながる かのうせい の ある 、 じぎょう の おおはば みなおし を けんとう して いる 、 と ほうじた 。 CATV じぎょう へ の きょがくな とうし けいかく を けねん した かぶか の きゅうらく に たいおう した そち で 、 りょう しゃ と の ていけい かいしょう に はってん すれば さん しゃ が ごうべん で すすめて いる にっぽん で の マルチメディア じぎょう に も えいきょう し そうだ 。

どう かみ に よる と 、 タイム ・ ワーナー が けんとう ちゅう の じぎょう さいへん けいかく は 、 げんざい 、 いとうちゅう など と の パートナーシップ で きょうどう けいえい して いる 「 タイム ・ ワーナー ・ エンターテイメント 」 から 、 あんてい けいえい が きたい できる えいが ・ ばんぐみ せいさく ぶもん を ぶんり 。 きょがく とうし を ひつよう と する CATV ぶもん だけ で きょうどう けいえい を つづける と いう ないよう 。 1

【 にゅーよーく にきゅう にち AP ・ DJ = きょうどう 】 にきゅう にち の にゅーよーく ・ マーカンタイル とりひきじょ ( NYMEX ) げんゆ さきもの そうば は 、 ざいりょう なん から うすあきない の うち に こはば ぞくらく した 。 こめ こくさん ひょうじゅん あぶら しゅ WTI の いち つき わたし おわりね は 、 ぜん ひび ぜろてんぜろなな どるやす の いち ばれる = いちはちてんぜろご どる 。

そろそろ ねんまつ を いしき して 、 とうき すじ の うごき が にぶく なって いる うえ 、 もくひょう を たっせい した しょうひん ファンド が ねんない の とりひき を うちきって いる こと から 、 とりひき は ひすがら ていちょうで 、 そうば は ほうこう かん に とぼしかった 。

しじょう かんけいしゃ は 、 ひけ ご に はっぴょう さ れる べいこく せきゆ きょうかい ( API ) の しゅうかん ざいこ とうけい が 、 そうば を うごかす こと を きたい して いる 。 いっぱんてきな よそう で は 、 ガソリン ざいこ が ぞうか 、 せいひん ざいこ は こはば げんしょう 、 げんゆ ざいこ は ほぼ よこばい と み られて いる 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 21:44 \ \ だいず 、 こむぎ と も やすい 1 しかご こくもつ しきょう \

【 しかご にきゅう にち AP ・ DJ = きょうどう 】 にきゅう にち の しかご こくもつ しじょう は 、 だいず 、 こむぎ 、 トウモロコシ と も やすかった 。

だいず は 、 ぶらじる で の しゅうかく こうちょう みとおし や 、 ゆしゅつ じゅよう の げんしょう かんそく から うら れた 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 21:42 \ \ シティー だ より 1 いたりあ の シナリオ \

けんさつ とうきょく から の そうさ つうこく を うけて いらい 、 ベルルスコーニ しゅしょう の たいじん は じかん の もんだい と の みかた が つよまって いる 。 この ほど ひらいた せいふ かくりょう かいぎ で は 、 れんりつ かく とう が げん せいけん の いじ を かくにん した が 、 「 きゅうご ねん よさん せいりつ ご に どう しゅしょう が たいじん 、 こうにん しゅしょう が えらびださ れる 」 と いう の が しじょう かんけいしゃ の あいだ で もっとも かのうせい が たかい と さ れて いる シナリオ だ 。

「 よさん が ぎかい を つうか する まで 、 けんさつ とうきょく は けっていてきな こうどう を さける はずだ 」 − − いたりあ の しじょう かんけい すじ は 、 ベルルスコーニ しゅしょう が たいじん に おいこま れる の は よさん せいりつ ご の はやくて いちに つき ちゅうじゅん いこう 、 おそくて も らいねん いち つき ごろ と みる 。

もちろん よさん せいりつ まえ に ベルルスコーニ しゅしょう が じにん する かのうせい が ない わけで は ない 。 いま やめて 、 やとう に せいけん を ゆずる 。 やとう がわ は にんき の ない よさんあん を つうか さ せ ざる を え ない が 、 せきにん は ぜん しゅしょう に おわ せる こと が できる と いう すじがき だ 。 しかし この かのうせい は うすい 。 1

エンターテイメント しゃ に は いとうちゅう 、 とうしば が ごてんろくなな ぱーせんと 、 こめ ちいき でんわ かいしゃ U ・ S ウエスト が にご ぱーせんと しゅっし して いる が 、 にっぽん の に しゃ は こうした さいへん に は ていこう する と み られ 、 ていけい じたい の かいしょう に つながる かのうせい も ある と いう 。

タイム ・ ワーナー と いとうちゅう 、 とうしば は いちきゅうきゅうに ねん ろく つき に にっぽん で えいが はいきゅう や CATV じぎょう の ごうべん かいしゃ を せつりつ して おり 、 ワーナー がわ の いこう しだい で は この じぎょう けいかく も おおはばな みなおし が せまら れ そうだ 。

いとうちゅう の J ・ W ・ チャイ ふく しゃちょう は 「 われわれ は さまざまな かのうせい を はなしあう ようい は ある が 、 きんがく の ない こぎって に サイン する つもり は ない 」 と ていけい の けいぞく は じょうけん しだい である こと を しさ して いる 。

さいへん けいかく は じぎょう ごと の けいえい じょうたい を めいかく か さ せる こと に よって しじょう の けんねん を はらう の が もくてき と さ れる 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 21:42 \ \ ぎいん にんき せいげん で はつ べんろん 1 こめ さいこうさい \

【 わしんとん にきゅう にち きょうどう 】 こめ れんぽう さいこうさい は にきゅう にち 、 じゅうみん とうひょう に よる れんぽう ぎいん の にんき せいげん が ごうけん か いけん か を めぐって あらそわ れた アーカンソー しゅう そしょう に ついて の だい いち かい こうとう べんろん を ひらいた 。 ぎいん にんき せいげん が さいこうさい に もちこま れた はじめて の ケース 。 はんけつ いいわたし は はやくて も らいねん ろく つき の よてい 。

さき の ちゅうかん せんきょ で の じゅうみん とうひょう けっか を ふくめ 、 げんざい 、 ぜん べい ごぜろ しゅう の うち にに しゅう で れんぽう ぎいん の にんき せいげん を もとめる ていあん が かけつ すみ 。 れんぽう ぎかい の じょうか りょういん で たすう を しめた きょうわとう が 、 にんき せいげん じつげん の ため の けんぽう しゅしょう を こうやく して いる こと も あり 、 さいこうさい はんけつ の ゆくえ が こめ せいかい に はもん を ひろげる の は ひっし と み られる 。 1 にきゅう にち 1 まえび あむすてるだむ AEX = よんぜろろくてんななよん 1 よんぜろはちてんよんよん あてね = 1 はちにきゅうてんきゅうきゅう 1 はちにぜろてんごぜろ ぶりゅっせる BEL にぜろ しゅ = 1 いちよんぜろにてんにいちいちよんぜろろくてんごに こぺんはーげん KFX = 1 きゅうよんてんによんきゅうごてんよんに だぶりん ISEQ = 1 いちはちいちろくてんはちさんいちはちいちよんてんはちろく フランクフルト DAX = 1 にぜろよんよんてんにはちにぜろごはちてんよんご へるしんき HEX = 1 いちはちよんいちてんさんごいちはちごきゅうてんぜろぜろ ヨハネスブルク きんこう かぶ しすう = 1 いちきゅうごなな 1 にぜろごろく ろんどん FT いちぜろぜろ しゅ = 1 さんぜろろくいちてんいち 1 さんぜろよんななてんいち まどりーど そうごう = 1 にきゅうきゅうてんななろく 1 さんぜろにてんはちろく ミラノ MIBTEL = 1 いちぜろぜろいちごいちぜろぜろいちぜろ 1

ベルルスコーニ しゅしょう が じにん して も 、 ぎかい の かいさん ・ そうせんきょ の かのうせい は ひくい と み られて いる 。 げんざい の れんりつ やとう が ぎせき すう を へらす かのうせい が つよい から だ 。 これ は せんじつ の ちほう せんきょ の けっか に も よく あらわれて いる 。 いちいち つき に おこなわれた ちほう せん で は きゅう きょうさんとう の さよく みんしゅとう ( PDS ) が ひょう を のばした の が めだった 。

そう なる と 、 こうにん しゅしょう の せんしゅつ が もんだい と なって くる 。 きょうれつな こせい の もちぬし の あと だけ に 、 じつむ は タイプ の しゅしょう が えらびださ れる かのうせい が たかい が 、 れんりつ の くみかえ も あり うる 。 きょうさんとう さいけん は を のぞく さは 、 ちゅうどう は 、 それ に ほくぶ どうめい と の れんりつ も あり うる と いう 。

この くみあわせ だ と 、 げんざい の よとう ぎせき が ごさん ぱーせんと である の に たいして 、 ごななてんに ぱーせんと に じょうしょう する けいさん に なる 。 ほくぶ どうめい が きょうさんとう と て を くむ の は 、 そうほう の せいじ てき しゅちょう から みて むずかしい はずだ が 、 「 そうき そうせんきょ じっし を さける いち つ の オプション 」 ( エコノミスト ) で も ある 。 1

【 てんき かいせつ 】

いち にち は 、 にっぽん ふきん は ひろく こうきあつ に おおわ れる 。 この ため ひがし にっぽん と きた にっぽん は はれ ときどき くもり 。 にし にっぽん は くもり ときどき はれ で ごご ところ に より にわかあめ 。 なんせい しょとう は はれ ときどき くもり で ところ に より にわかあめ 。

【 てんき よほう 】

▽ とうきょう ちほう

いち にち = きた にち なかみなみ の かぜ はれ のち ときどき くもり

▽ かんとう ちほう ほくぶ

いち にち = きた にっちゅう なんとう の かぜ はれ ときどき くもり

▽ かんとう ちほう なんぶ

いち にち = きた にち なかみなみ の かぜ はれ のち ときどき くもり 1

アーカンソー しゅう の ケース は いちきゅうきゅうに ねん の じゅうみん とうひょう で 、 かいん ぎいん は さん き ろく ねん 、 じょういん ぎいん は に き いちに ねん を こえた ばあい 、 とうひょう ようし に しめい を いんさつ さ れ ない ( ただし 、 ゆうけんしゃ の かきこみ とうひょう は かのう ) − − と の ていあん を かけつ した の が ほったん 。 どう しゅう さいこうさい は この ねん 、 どう ていあん に いけん はんけつ を くだした ため 、 にんき せいげん さんせい は が じょうこく して いた 。

べいこく けんぽう は ぎいん の しかく ようけん に ついて 、 せんきょ じ に えらびださ れる しゅう の じゅうみん である ほか ( いち ) かいん ぎいん は にご さい いじょう で なな ねん いじょう に わたる べいこく しみん ( に ) じょういん ぎいん は さんぜろ さい いじょう で きゅう ねん いじょう の べいこく しみん − − と だけ さだめて いる 。

しかし 、 せんきょ ほうほう など に ついて は かく しゅう に ゆだね られ 、 さいせん かいすう せいげん は こうぎ の 「 せんきょ ほうほう 」 に あたる と する せつ も あって 、 にんき せいげん さんせい は の ゆうりょくな ろんきょ と なって いる 。 1 \ Nov \ 30 \ 1994 \ 07:08 \ \ いち にち の にほんかくち の てんき よほう \

【 かくち の いち にち の てんき よほう 】

▽ さっぽろ = なんとう の かぜ はれ ひるごろ から くもり

▽ せんだい = きた のち みなみ の かぜ はれ ときどき くもり

▽ にいがた = みなみ の かぜ はれ

▽ なごや = きた いち じ みなみ の かぜ はれ ときどき くもり

▽ おおさか = にし の かぜ くもり ときどき はれ ごご ところ に より にわかあめ

▽ ひろしま = きた のち なんせい の かぜ くもり ときどき はれ ごご ところ に より にわかあめ

▽ たかまつ = ほくとう の かぜ はれ のち くもり ところ に より いち しぐれ

▽ ふくおか = なんとう のち みなみ の かぜ くもり ときどき はれ

▽ かごしま = ひがし の かぜ くもり ときどき はれ

▽ なは = ほくとう の かぜ はれ ときどき くもり ところ に より にわかあめ 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 21:33 \ \ ほうこう かん とぼしく こ うごき 1 NY かね げんぶつ しきょう \

【 にゅーよーく にきゅう にち AP ・ DJ = きょうどう 】 にきゅう にち の にゅーよーく かね げんぶつ しじょう は 、 ざいりょう なん から ほうこう かん に とぼしく 、 こ うごき に すいい した 。 おわりね は ぜん ひび ぜろてんよんぜろ どるやす の さんはちにてんななぜろ − さんはちさんてんにぜろ どる 。

さきもの いちに つき きり の き おち を さんぜろ にち に ひかえて 、 ポジション ちょうせい の とりひき が めだった だけ で 、 ほとんど どう い に とぼしい いち にち だった 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 21:31 \ \ にいちおく どる の しんき しきん ちょうたつ 1 らいしゅう の こめ TB いれふだ \

【 わしんとん にきゅう にち AP ・ DJ = きょうどう 】 こめ ざいむしょう は にきゅう にち 、 らいしゅう の TB いれふだ で さん かげつ もの 、 ろく かげつ もの ごうけい やく にななにおく どる を ばいきゃく する 、 と はっぴょう した 。 きじつ むかえ が にごぜろおくきゅうぜろぜろぜろまん どる あり 、 やく にいちおく どる の しんき しきん ちょうたつ と する 。

ばいきゃく がく は さん かげつ もの と 、 ろく かげつ もの で とうぶん さ れる 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 21:31 \ \ さらに さがれば インフレ に 1 しつぎょうりつ で FRB ふくぎちょう \

【 ジャクソンビル ( フロリダ しゅう ) にきゅう にち AP ・ DJ = きょうどう 】 ブラインダー こめ れんぽう じゅんび せいど りじかい ( FRB ) ふくぎちょう は にきゅう にち 、 ノース ・ フロリダ だいがく で こうえん し 、 こめ けいざい は インフレ を まねか ない はんい を こえる ペース で かくだい して いる と の みかた を しめす いっぽう 、 げんじてん で は インフレ は よくせい さ れて いる と してき した 。

ふくぎちょう は 、 ことし の ろく かい に わたる りあげ が こうか を はっき し はじめる ので 、 しょうひしゃ ぶっか しすう ( CPI ) じょうしょう りつ は こんご も ねんりつ さん ぱーせんと から さんてんご ぱーせんと に とどまる と よそう した 。

しかし 、 どうじに ふくぎちょう は 「 こめ けいざい は きわめて つよい ように みえる 。 しつぎょうりつ は かず ねんらい で もっとも ひくい すいじゅん に ある 」 と し 、 しつぎょうりつ が さらに さがる こと は インフレ に つながる かのうせい が あり 、 けいざい および きんゆう しじょう に もんだい を まねく しんぱい が ある と の みかた を しめした 。 1

【 にゅーよーく にきゅう にち AP ・ DJ = きょうどう 】 にきゅう にち の しかご こくさい つうか しじょう ( IMM ) の つうか さきもの そうば は 、 えん 、 マルク と も やすく ひけた 。 えん いちに つき きりは まえび おわりね ひ ぜろてんぜろぜろさんいち どるやす の いちぜろぜろ えん = いちてんぜろいちによん どる 、 マルク いちに つき きりは どう ぜろてんぜろぜろいちきゅう どるやす の いち まるく = ぜろてんろくさんろくきゅう どる 。

こめ しょうひしゃ しんらい かん しすう の きゅう じょうしょう を うけて さいけん が おおはば やすき と なった が 、 ドル は けんちょうで 、 かく つうか は うら れた 。 かわせ の さいけん はなれ の けいこう が いちだん と はっきりした と してき さ れて いる 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 22:50 \ \ さんぜろ にち の ちょうかん から \

〈 いち めん トップ 〉▽ あさひ = げんざいりょう ・ サービス 1 ないがい か かくさ なお こう すいじゅん 1 つうさんしょう ちょうさ

きせい ・ しょう かんこう など げんいん ▽ まいにち = しゃ とう 1 ぶんれつ かいひ かたまる 1 しんみんれん 1 しゅうだん りとう は こんなんに ▽ よみうり = いっぱん かいけい ななぜろちょお えん きょう に 1 よんぜろ ねん ぶり の げんがく 1 らい ねんど よさん だい

くら ほうしん 1 ぜいしゅう のび きたい でき ず ▽ にっけい = まれーしあ しゅしょう あいみ 1 おおさか かいぎ しゅっせき を りゅうほ 1 えいぺっく 、 こめ

しゅどう に ふまん 1 ごぜん いちぜろ : ぜろぜろ 1 きんゆう せいど ちょうさかい きほん もんだい けんとう い ごご

に : ぜろぜろ 1 いちいち つき の なか しょうきぎょう けいきょう ( ちゅうしょう こうこ ) いちぜろ つき まつ オフショア かんじょう ざんだか ( おおくらしょう ) いちぜろ つき の じゅうたく ちゃっこう とうけい

きゅう つき は ぜんねん ひ ろく かげつ ぶり に げんしょう 、 きょうどう つうしん にぜろ ちょうさ

きかん よそく しゅうけい は いちぜろ つき も マイナス に さんぎょう こうぞう しんぎかい さんぎょう しきん ぶかい

きゅうよん ねんど せつび とうし じっせき しゅしょう と きゅうご ねんど けいかく みとおし いちきゅうきゅうご ねんど ぼうえき みとおし ( にっぽん ぼうえき かい ) こくみん せいかつ しんぎかい しょうひしゃ せいさく ぶかい 1

インフレ を まねか ず に これ いじょう しつぎょうりつ が さがる よち が ある か 、 と の しつもん に 、 ふくぎちょう は 「 あまり ない 。 ( しつぎょうりつ は ) げんじてん である べき すいじゅん に たっして いる と おもう 」 と こたえた 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 22:47 \ \ にきゅう にち の にゅーよーく しじょう 1 おわりね と だいいっせん の ひとこと \

えんそうば ( ドル ・ えん ) きゅうはちてんきゅうさん − ぜろさん + ぜろてんにはち かぶ ( ダウへいきん ) 1 さんななさんはちてんごご 1 ( − ) 1 いちてんぜろいち さいけん ( さんぜろ ねん こくさい りまわり ) 1 はちてんぜろさん + ぜろてんぜろご CRB しょうひん そうば しすう にさんぜろてんごきゅう 1 ( − ) 1 いちてんいちさん ▽ だいいっせん の ひとこと ( かわせ )

ドル を かう うごき が つづいて いる 。 かいもどし が ちゅうしん 。 こめ けい すじ は 、 あさがた いったん ドル を うった が 、 こうはん は かいもどした 。 さいけん そうば の ぞくらく が 、 ドルそうば に えいきょう する と の みかた は すくない 。 こめ けい すじ は もう すこし どるだか が すすむ と みて いる 。 とうめん 、 いち どる = いちぜろぜろ えん を いしき して おり 、 たい マルク で は いち どる = いちてんろくぜろ まるく に ちかい ところ を みて いる 。 ( F ) 1 ( にゅーよーく きょうどう ) \ Nov \ 29 \ 1994 \ 22:50 \ \ さんぜろ にち の ちょうかん から \

〈 そのほか いち めん きじ 〉▽ あさひ = きょうりょう かいしゃ から いちおく えん 1 だんごう めぐり くみいん ら ろく にん 1 きょうかつ ようぎ で 再

たいほ ( よん だん ) よとう ほうちょう だん みおくり 1 きたちょうせん 、 うけいれ に なんしょく ( よん だん )

むらやま ビジョン さくてい ちゃくしゅ 1 けいざい など の ほうかつ せいさく 1 しんとう の はたじるし ( よん だん )▽ まいにち = よとう ほうちょう だん 、 とうめん みおくり 1 きたちょうせん がわ 「 うけいれ こんなん 」 ( よん

だん ) にっぽん の さんぎょう むけ サービス 1 たい こめ で ろくさん ぱーせんと わりだか 1 つうさんしょう ちょうさ

( さん だん )▽ よみうり = だいそつ だんし 1 しょにんきゅう のび さいてい 1 こんしゅん いちてんいち ぱーせんと ぞう いちきゅうまんにせんよん

ぜろぜろ えん ( よん だん ) ふめい の NGO えいじん しょくいん 1 じえいたい に そうさく いらい 1 ゴマ

( さん だん ) 1

【 にゅーよーく にきゅう にち きょうどう 】 こくれん あんぽり は にきゅう にち 、 いちぜろ つき いち にち に どくりつ した にし たいへいよう の パラオ きょうわこく の こくれん かめい を しょうにん する けつぎ を さいたく し 、 こくれん そうかい に かめい を みとめる よう かんこく した 。 ちかく ひらか れる こくれん そうかい が いちはちご ばん め の かめいこく と して せいしきに かめい しょうにん を けつぎ する 。

パラオ は さいごに のこった こくれん しんたく とうち りょう だった が 、 べいこく と の じゆう れんごう きょうてい を むすんで どくりつ し 、 こくれん かめい を しんせい して いた 。 パラオ の どくりつ で にんむ を おえた こくれん の しんたく とうち りじかい は いちいち つき いち にち に かつどう の ていし を けってい した 。

こくれん かめい は 、 あんぽり の かんこく を うけて そうかい が けってい する しくみ と なって いる 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 22:42 \ \ しょうひしゃ しんらい かん きゅう じょうしょう で ぞくらく 1 NY さいけん しきょう \

【 にゅーよーく にきゅう にち AP ・ DJ = きょうどう 】 にきゅう にち の にゅーよーく さいけん しじょう の こめ こくさい そうば は 、 しょうひしゃ しんらい かん しすう の きゅう じょうしょう を いやき して うら れ 、 ぞくらく した 。 しひょう めいがら の さんぜろ ねん もの こくさい は ぜん ひび ぜろてんごさんいちにご ポイント やすき の きゅうさんてんきゅうぜろろくにご 。 りまわり は ななてんきゅうはち ぱーせんと から はちてんぜろさん ぱーせんと に じょうしょう した 。 りまわり が はち ぱーせんと を うわまわった の は いち しゅうかん ぶり 。

あさがた なんちょう に はじまった さいけん そうば は 、 ごぜん いちぜろ じ に はっぴょう さ れた ぜん べい さんぎょう しんぎかい ( コンファレンス ・ ボード ) の いちいち つき の しょうひしゃ しんらい かん しすう が いちぜろいちてんさん ( ぜんげつ はちきゅうてんいち ) に きゅう じょうしょう した ため 、 うりもの を あびて いっきに さげ はば を ひろげた 。

そのご 、 なん ど か さげしぶる ばめん も み られた が 、 ブラインダー れんぽう じゅんび せいど りじかい ( FRB ) ふくぎちょう の けいき の つよさ を かくにん する はつげん など も あって 、 そうば は もどり きれ なかった 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 22:50 \ \ さんぜろ にち の ちょうかん から \

▽ にっけい = インマルサット の えいせい けいたい でんわ KDD など いちぜろすう しゃ さんか

いち つき メド に うけざら かいしゃ ( よん だん ) とくしゅ ほうじん みなおし 1 せいふ 、 ねんない に もと

じゅん ( よん だん ) にっぽん の 輸 ぎん が きょうちょう 1 と じょうこく むけ ゆうし けいかく だんかい から ( よん

だん ) よとう ほうちょう だん みおくり 1 せんけん たい 1 きたちょうせん が きょひ ( さん だん )

〈 けいざい めん 〉▽ にっけい = けいざいかい 「 ゼロ かいとう 」 を ひはん 1 とくしゅ ほうじん みなおし ちゅうかん ほうこく 1 よん

だんたい はいし 、 ていあん へ 1 けいだんれん 1 ちくさん しんこう や せんぱく せいび

〈 さんぎょう めん 〉▽ にっけい = いとうちゅう しょうじ 1 ろしあ で げんゆ せいさん かくだい 1 がいし ゆうぐう さく が しどう

ゆしゅつぜい めんじょ せいしき に てきよう 1 ていたい つづく たい ロビジネス 1 ろしあ せいふ たいおう

カギ 1

【 にゅーよーく にきゅう にち AP ・ DJ = きょうどう 】 にきゅう にち の にゅーよーく がいこく かわせ しじょう の ドルそうば は 、 こめ りあげ かんそく の さいねん など を ざいりょう に マルク 、 まろに たいして じょうしん した 。 おわりね は いち どる = いちてんごななぜろろく まるく ( まえび おわりね どう いちてんごろくろくはち まるく ) 、 まろに たいして は どう きゅうはち えん きゅうなな せん ( どう きゅうはち えん ろくはち せん ) 。

ドル は マルク に たいして げらく して はじまった が 、 いち どる = いちてんごろくぜろぜろ まるく の したね ていこうせん を ぬけ ず に さげしぶる と テクニカルな かい で はんぱつ し 、 いち じ は いちてんごなないちぜろ まるく と ここ さん かげつかん の たかね を つけた 。 さらに 、 ブラインダー こめ れんぽう じゅんび せいど りじかい ( FRB ) ふくぎちょう が 、 こめ けいざい は インフレ を まねか ない はんい を こえる ペース で かくだい して いる と の みかた を しめした こと から FRB が ちかく さい りあげ に ふみきる と の かんそく が うまれ 、 ドルかい が かそく した 。 1

【 にゅーよーく にきゅう にち きょうどう 】 にきゅう にち の にゅーよーく がいこく かわせ しじょう は 、 たい マルク を ちゅうしん に ドル が かわれ 、 まえび おわりね ひ にはち せん えんやす どるだか の いち どる = きゅうはち えん きゅうさん せん − きゅうきゅう えん ぜろさん せん で おわった 。

あさがた はっぴょう の いちいち つき の こめ しょうひしゃ しんらい かん しすう で けいき の さきゆき に あかるい てんぼう が しめさ れた こと から 、 ドル が たい マルク で じょうしん 。 さらに えいこく が らい ねんど よさん で おおはばな ざいせい あかじ さくげん さく を うちだした こと を うけて マルク は はなぶさ ポンド に たいして も うりこま れ 、 いち じ いち どる = いちてんごなないちご まるく まで げらく した 。 これ に つられ えんそうば も じゃく ふくんだ が 、 きゅうきゅう えん ぜんご で は ゆしゅつ きぎょう の たいりょうの ドル うり が ひかえて おり 、 あたい うごき は こはば に とどまった 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 22:36 \ \ ニュースサマリー てんいち ( さんぜろ にち ) \

▽ いとうちゅう 、 とうしば と ていけい かいしょう も = タイム ・ ワーナー じぎょう さいへん

【 にゅーよーく にきゅう にち きょうどう 】 にきゅう ひづけ の こめ かみ ウォールストリート ・ ジャーナル は 、 こめ メディア おおて タイム ・ ワーナー が 、 いとうちゅう しょうじ 、 とうしば と の パートナーシップ かいしょう に つながる かのうせい の ある 、 じぎょう の おおはば みなおし を けんとう して いる 、 と ほうじた 。 CATV じぎょう へ の きょがくな とうし けいかく を けねん した かぶか の きゅうらく に たいおう した そち で 、 りょう しゃ と の ていけい かいしょう に はってん すれば さん しゃ が ごうべん で すすめて いる にっぽん で の マルチメディア じぎょう に も えいきょう し そうだ 。 ( さんろくきゅうろくろく )▽ さらに さがれば インフレ に = しつぎょうりつ で FRB ふくぎちょう

【 ジャクソンビル ( フロリダ しゅう ) にきゅう にち AP ・ DJ = きょうどう 】 ブラインダー こめ れんぽう じゅんび せいど りじかい ( FRB ) ふくぎちょう は にきゅう にち 、 ノース ・ フロリダ だいがく で こうえん し 、 こめ けいざい は インフレ を まねか ない はんい を こえる ペース で かくだい して いる と の みかた を しめす いっぽう 、 げんじてん で は インフレ は よくせい さ れて いる と してき した 。 ( さんろくきゅうろくいち )

〈 しゃかいめん 〉▽ あさひ = おかた ようぎしゃ が ななごぜろぜろまん えん とる 1 きょうりょう かいしゃ から きょうかつ の いちおく

えん 1 ぼうりょくだん の 「 かたがき 」 りよう ▽ まいにち = 「 まつお きょうりょう 」 おどし いちおく えん 1 もと くみちょう ら ろく ようぎしゃ だんごう きゅうだん の ぶん

しょ つかい 1 けいしちょう が さい たいほ ▽ よみうり = じへいしょうじ 「 いのち の ねだん 」 1 すいし じこ 1 いっしつりえき ばいしょう 1 いっしん −

さぎょう ところ しゅうにゅう で さんてい いちにぜろまん えん ▼ にしん − さいてい ちんぎん を きじゅん に いちはちぜろぜろ

まん えん 1 とうきょう こうさい 「 かのうせい ひょうか す べき 」▽ にっけい = みつびしじゅうこう きょうかつ みすい グループ 1 まつお きょうりょう から いちおく えん きょうかつ 1 もと 1 くみ かんぶ ら ろく にん さい たいほ 1 だんごう じょうほう もと に おどす 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 22:36 \ \ ニュースハイライト てんいち ( さんぜろ にち ) \

いとうちゅう 、 とうしば と ていけい かいしょう も タイム ・ ワーナー じぎょう さいへん さんろくきゅうろくろく さらに さがれば インフレ に 1 しつぎょうりつ で FRB ふくぎちょう さんろくきゅうろくいち 「 くうばく せよ 」 と きょうこう はつげん 1 さっちゃー はなぶさ まえ しゅしょう さんろくきゅうごさん ざいせい あかじ さくげん の ちゅうりつ かた よさん 1 はなぶさ ぞうしょう きゅうご ねんど よさんあん はっぴょう さんろくきゅうよんきゅう こん せいき ちゅう に だい さん だんかい へ 1 おうしゅう つうか とうごう で ふく いいんちょう 1 さんろくきゅうよんに よそう へいきん は いちてんいち ぱーせんと の ぞうか 1 いちぜろ つき の こめ こじん しょとく 1 さんろくきゅうさんなな こよう じょうせい の ひょうか おおきく かいぜん 1 いちいち つき こめ しょうひしゃ しんらい かん しすう さんろくきゅうにはち ついか りあげ の かのうせい を しさ 1 こめ ぼすとん れん ぎん そうさい 1 さんろくきゅうにご しゅうしょくなん で がくせい が おおはば ぞう 1 たく けん しけん の ごうかく しゃ さんろくきゅうぜろろく クエール まえ ふく だいとうりょう が にゅういん 1 はい に けっせん 、 いきぐるしさ うったえる さんろくはちきゅうきゅう たい にち かんけい の げんじょう に ふまん ひょうめい 1 ほうにち を ぜん に われさ だいとうりょう 1 さんろくはちごはち にち べい つうしょう で ふんそう しょり きかん を 1 はしもと つうさんしょう が ていあん さんろくはちごさん 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 22:36 \ \ ニュースサマリー てんいち ( さんぜろ にち ) \

▽「 くうばく せよ 」 と きょうこう はつげん = さっちゃー はなぶさ まえ しゅしょう

【 ろんどん にきゅう にち きょうどう 】 「 いま すぐ くうばく し なさい 」 。 「 てつ の おんな 」 の いみょう を とった さっちゃー はなぶさ まえ しゅしょう は にきゅう にち 、 ぼすにあ・へるつぇごびな じょうせい で しょうみょう を だし 、 こくれん が せってい した 「 あんぜん くいき 」 である ビハチ を すくう ため 、 せるびあ ひと せいりょく の ぐんじ きょてん に 「 こうかてきな くうばく を あたえ なければ なら ない 」 と のべ 、 こくれん と きたたいせいようじょうやくきこう ( なとう ) に たいし 、 そうきゅうな くうばく じっし を よびかけた 。 ( さんろくきゅうごさん )▽ ざいせい あかじ さくげん の ちゅうりつ かた よさん = はなぶさ ぞうしょう きゅうご ねんど よさんあん はっぴょう

【 ろんどん にきゅう にち きょうどう 】 えいこく の クラーク ぞうしょう は にきゅう にち 、 ぎかい で えんぜつ し 、 ざいせい あかじ の おおはば さくげん を もりこんだ 、 けいき ちゅうりつ かた の いちきゅうきゅうご ねんど の よさんあん を はっぴょう した 。 こうきょう とうし を こんご さん ねんかん で そうがく によんぜろおく ぽんど さくげん する いっぽう で 、 ガソリン 、 タバコ の ぞうぜい を じっし 。 これ に よって 、 ざいせい あかじ は きゅうご ねんど で ぜんねんど より いちさんぜろおく ぽんど へらし 、 にいちごおく ぽんど と する 。 ( さんろくきゅうよんきゅう ) 1

【 わしんとん にきゅう にち きょうどう 】 くりやま 駐 こめ たいし は にきゅう にち の ていれい きしゃ あいみ で 、 むらやま しゅしょう ほうべい に よる くりんとん だいとうりょう と の にち べい しゅのう かいだん に ついて 「 そう とおく ない じき に できる と おもう 」 と のべ 、 らいねん いち つき の はやい だんかい に じつげん する ほうこう で こめ がわ と せっしょう して いる こと を しさ した 。

たいし は 、 がいむしょう で ひらか れる ひがし あじあ ・ たいようしゅう たいし かいぎ しゅっせき の ため らいしゅう いち しゅうかん 、 いち じ きこく する が 、 その さい 、 しゅしょう ほうべい の ちょうせい を かねて 、 ちゅうかん せんきょ ご の こめ せいじ じょうきょう に ついて むらやま しゅしょう 、 かわの がいしょう に ほうこく する かんがえ を しめした 。

これ に かんれん し ざいまい にっぽん がいこう すじ は ( いち ) らいねん が たいへいようせんそう しゅうけつ ごぜろ ねん の ふしめ に あたる ( に ) ぎかい で たすう を しめた きょうわとう が 、 こくれん へ の きょうりょく や たいがい えんじょ みなおし など の がいこう せいさく を うちだして おり 、 にち べい の きょうりょく ぶんや に このましく ない えいきょう を およぼす おそれ が ある − − と してき 、 「 にち べい かんけい の じゅうようせい を さい かくにん する うえ で 、 そうき ほうべい が ひつよう 」 と きょうちょう した 。 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 22:36 \ \ ニュースサマリー てんいち ( さんぜろ にち ) \

▽ こん せいき ちゅう に だい さん だんかい へ = おうしゅう つうか とうごう で ふく いいんちょう

【 フランクフルト にきゅう にち AP ・ DJ = きょうどう 】 クリストファーセン おうしゅう い ふく いいんちょう は にきゅう にち 、 フランクフルト で ひらか れた おうしゅう きんゆう かいぎ で えんぜつ 、 おうしゅう つうか とうごう に ついて 、 こん せいき ちゅう に だい さん だんかい に すすむ こと が かのうで 、 そのご すぐに たんいつ つうか が どうにゅう さ れる と の みとおし を しめした 。 ( さんろくきゅうよんに )▽ よそう へいきん は いちてんいち ぱーせんと の ぞうか = いちぜろ つき の こめ こじん しょとく

【 にゅーよーく にきゅう にち AP ・ DJ = きょうどう 】 こめ しょうむ しょう が いちに つき いち にち に はっぴょう する いちぜろ つき の こじん しょとく ・ しょうひ ししゅつ とうけい は 、 ダウ ・ ジョーンズ の まとめた エコノミスト いちはち にん の よそう の へいきんち で 、 しょとく が ぜん つきごろ いちてんいち ぱーせんと の ぞうか 、 ししゅつ が ぜろてんろく ぱーせんと の ぞうか と み られて いる 。 ぜんげつ は しょとく が ぜろてんろく ぱーせんと 、 ししゅつ が ぜろてんに ぱーせんと の ぞうか だった 。 ( さんろくきゅうさんきゅう ) 1

【 にゅーよーく にきゅう にち AP ・ DJ = きょうどう 】 こめ きんゆう ・ さいけん しじょう で は 、 ここ すう にち の よそう いじょう に はやい ペース で の りまわり きょくせん の フラット か を うけて 、 はやければ らいねん いち つき に も に ねん もの と さんぜろ ねん もの こめ こくさい の りまわり が どう すいじゅん に なる かのうせい が ある と の みかた が でて いる 。

しじょう で は 「 フラットに なる か どう か が もんだい で は なく 、 その じき が しょうてん に なって いる 」 ( ホッチキス & ワイリー の うんよう たんとう しゃ リベル し ) 。 かたち と して は 、 いちに つき か に つき に よそう さ れる さい りあげ を にらんで に ねん さい の りまわり が さらに おおはばに じょうしょう し 、 いっぽう で ちょうきさい りまわり は ひかくてき あんてい すいい が みこま れて いる 。 じき は 、 おそく と も らいねん なかば まで に は 、 と の みかた が おおい 。

に − さんぜろ ねん さい の りまわり さ は 、 ねんしょ に は にぜろぜろ ベーシス だった が 、 に かげつ ほど まえ に は いちさんぜろ ベーシス に しゅくしょう し 、 げんざい は いっきに ろくぜろ ベーシス ていど まで ちぢまって いる 。

【 にゅーよーく にきゅう にち AP ・ DJ = きょうどう 】 にきゅう にち の にゅーよーく たんき きんゆう しじょう の TB レート は 、 けいき の つよさ を かくにん する しひょう が でた の を うけて 、 りあげ へ の けいかい かん が ふじょう して じょうしょう した 。 さん かげつ もの は まえび の いれふだ の レート に くらべ ぜろてんぜろはち ポイント あがって ごてんごさん ぱーせんと 、 ろく かげつ もの は どう ぜろてんぜろろく ポイント あがって ごてんきゅうさん ぱーせんと 、 いち ねん もの は ぜん ひび ぜろてんぜろきゅう ポイント じょうしょう して ろくてんよんいち ぱーせんと 。

ぜん べい さんぎょう しんぎかい ( コンファレンス ・ ボード ) の しょうひしゃ しんらい かん しすう が きゅう じょうしょう した こと から 、 けいき の どだい の つよさ が さい にんしき さ れ 、 とおく ない じき の さい りあげ へ の ふあんに つながった 。 しじょう かんけいしゃ は 、 れんぽう じゅんび せいど りじかい ( FRB ) の さい りあげ を おりこもう と する うごき が ではじめた 、 と かたらった 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 22:36 \ \ ニュースサマリー てんいち ( さんぜろ にち ) \

▽ こよう じょうせい の ひょうか おおきく かいぜん = いちいち つき こめ しょうひしゃ しんらい かん しすう

【 にゅーよーく にきゅう にち きょうどう 】 ぜん べい さんぎょう しんぎかい ( コンファレンス ・ ボード = CB ) が にきゅう にち に はっぴょう した いちいち つき の こめ しょうひしゃ しんらい かん しすう ( いちきゅうはちご ねん = いちぜろぜろ ) は いちぜろいちてんさん で 、 ぜんげつ の はちきゅうてんいち ( かいてい あたい 、 とうしょ はっぴょう はちななてんろく ) から いちにてんに ポイント の いれいの きゅう じょうしょう 。 しょうひしゃ が こめ けいき じょうせい を ひじょうに あかるく ひょうか する ように なった こと を しめした 。 ( さんろくきゅうにはち )▽ ついか りあげ の かのうせい を しさ = こめ ぼすとん れん ぎん そうさい

【 ランドルフ ( こめ まさちゅーせっつ しゅう ) にきゅう にち MNS = きょうどう 】 こめ ぼすとん れん ぎん の ミネハン そうさい は にきゅう にち 、 サウスショア しょうぎょう かいぎしょ で こうえん し 、 れんぽう じゅんび せいど りじかい ( FRB ) の すうじ に わたる ひきしめ も けいき を げんそく さ せる まで に は いたって い ない と のべた 。 そうさい は さらに 、 しょうらい の ひきしめ に ついて 「 メイビー ( ある かも しれ ない ) 」 と のべ 、 ついか りあげ の かのうせい を しさ した 。 ( さんろくきゅうにご ) 1

【 ぶだぺすと にきゅう にち きょうどう 】 ぜんおう あんぽ きょうりょく かいぎ ( CSCE ) すじ に よる と 、 ブダプスト で ひらか れて いる CSCE さいけんとう かいぎ は にきゅう にち まで に 、 そしき きょうか の いっかん と して 、 CSCE を こくれん けんしょう はち しょう に もとづく 「 ちいき とりきめ 」 と めいかくに いちづけ 、 こくれん と の かんれん を きょうか する こと で きほんてきに ごうい した 。 らいげつ ぶだぺすと で ひらか れる しゅのう かいぎ で さいたく さ れる せんげん に もりこま れる みこみ 。

「 かいぎ の れんぞく からだ 」 から 「 きょうこな そしき 」 へ の てんかん を めざす CSCE が 、 こくれん と の むすびつき を つよめる ことに より 、 ちいき ふんそう かいけつ へ の みちすじ を めいかく か する こと が ねらい 。

こくれん けんしょう はち しょう に よる と 、 ふんそう が はっせい した とき は 、 まず CSCE が かいけつ に あたり 、 ふちょうの ばあい は こくれん あんぽり へ もちこま れる こと に なる 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 22:36 \ \ ニュースサマリー てんいち ( さんぜろ にち ) \

▽ しゅうしょくなん で がくせい が おおはば ぞう = たく けん しけん の ごうかく しゃ

たくち たてもの とりひき しゅにん しゃ しけん の ごうかく しゃ が よん ねん ぶり に ふえた こと が にきゅう にち 、 しけん じむ を うけもつ ざいだん ほうじん ふどうさん てきせい とりひき すいしん きこう の まとめ で わかった 。 ごうかく しゃ は ぜんねんど ひ はちてんよん ぱーせんと ぞう の さんまんごぜろぜろ にん 、 ごうかく りつ は いちごてんいち ぱーせんと 。 なか でも がくせい が ぜんねん に くらべ にろくてんぜろ ぱーせんと ぞう と 、 どう きこう が しけん を じっし する ように なって いらい 、 さいこうの のび りつ と なった 。 ( さんろくきゅうぜろろく )▽ クエール まえ ふく だいとうりょう が にゅういん = はい に けっせん 、 いきぐるしさ うったえる

【 わしんとん にきゅう にち きょうどう 】 ぶっしゅ まえ こめ せいけん で ふく だいとうりょう を つとめた クエール し ( よんなな ) が にはち にち ゆうべ 、 いきぐるしさ を うったえ インディアナ しゅう インディアナポリス の だいがく びょういん に にゅういん した 。 びょういん の はっぴょう に よる と 、 はい ないぶ に けっせん が みつかり 、 いち しゅうかん ていど の にゅういん が ひつようだ が 、 びょうじょう は あんてい して いる 。 どうし は いちきゅうきゅうろく ねん の じき だいとうりょう せんきょ の きょうわとう の ゆうりょく こうほ の ひとり 。 ( さんろくはちきゅうきゅう ) 1

【 わしんとん にきゅう にち きょうどう 】 べいこく の うるぐあい ・ ラウンド じっし ほうあん が にきゅう にち ごご ( にほんじかん さんぜろ にち ごぜん ) 、 こめ かいん で さいけつ さ れ 、 かはんすう ( にいちはち ひょう ) いじょう の さんせい ひょう を かくほ して かけつ さ れる みとおし だ 。

どう ほうあん は いちに つき いち にち に じょういん でも さいけつ に ふさ れる 。 かいん に つづき かけつ さ れれば 、 べいこく の ラウンド ごうい ひじゅん てつづき は じじつ じょう おわり 、 らいねん いち つき に ひかえる せかい ぼうえき きかん ( WTO ) の ほっそく に むけた にっぽん 、 おうしゅう れんごう ( EU ) など の ひじゅん さぎょう に はずみ が つく と よそう さ れる 。

どう ほうあん が かいん を よそう どおり つうか すれば 、 ちゅうかん せんきょ の かつとし を うけて らいねん いち つき から しん ぎかい を しはい する やとう きょうわとう と 、 くりんとん せいけん の ちょうとうは きょうりょく に よる せいきょく うんえい に も いってい の メド が たつ こと に なり そうだ 。

つぎの しょうてん と なる じょういん の さいけつ でも 、 きょうわとう の どーる じょういん いんない そうむ が せんしゅう ほうあん へ の さんせい を ひょうめい した こと で かけつ の みとおし が つよまって いる 。 1

【 わしんとん にきゅう にち きょうどう 】 べいこく の うるぐあい ・ ラウンド じっし ほうあん が にきゅう にち ごご ( にほんじかん さんぜろ にち ごぜん ) 、 こめ かいん で さいけつ さ れ 、 かはんすう の にいちはち ひょう を こえる さんせい ひょう を かくほ して かけつ さ れた 。 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 23:30 \ \ ぼすにあ もんだい で どく ほとけ が たいりつ 1 ほとけ だいとうりょう さいご の しゅのう きょうぎ \

【 ぼん にきゅう にち きょうどう 】 こーる しゅしょう と みってらん だいとうりょう に よる どいつ ・ ふらんす ていき しゅのう きょうぎ が にきゅう にち 、 ぼん で おこなわれ 、 りょうこく は ぼすにあ・へるつぇごびな へ の ぶき きんゆ かいじょ もんだい で たいりつ 、 どう もんだい は に にち め の しゅのう きょうぎ に もちこさ れた 。

こうしき の きしゃ あいみ は ない が 、 ふらんす だいとうりょうふ ほうどう かん は にきゅう にち よる 、 だいとうりょう は さくねん から ぶき きんゆ もんだい に かんする こーる しゅしょう の けんかい を じゅくち して いる と してき し 、 ふらんす は きんゆ かいじょ に だんこ はんたいだ と あらためて ひょうめい した 。 どいつ がわ スポークスマン は 、 ぼすにあ もんだい は さんぜろ にち 、 ちょうしょく を ともに し ながら きょうぎ する こと に なった と だけ のべた ▽ たい にち かんけい の げんじょう に ふまん ひょうめい = ほうにち を ぜん に われさ だいとうりょう

【 わるしゃわ にきゅう にち きょうどう 】 ぽーらんど の われさ だいとうりょう は にきゅう にち 、 いちに つき ろく にち から の にっぽん ほうもん を ぜん に きょうどう つうしんしゃ など と かいけん し 、 たい にち かんけい に ついて 「 にっぽん がわ は ぽーらんど しじょう で は かつどうてきで は ない 」 と して げんじょう に ふまん を ひょうめい 、 こんかい の ほうもん で は 「 りょうこく かんけい に もっと しげき を くわえる ような ぎろん を し たい 」 と の きぼう を ひょうめい した 。 ( さんろくはちごはち )▽ にち べい つうしょう で ふんそう しょり きかん を = はしもと つうさんしょう が ていあん

はしもと つうさんしょう は にきゅう にち 、 じみんとう ほんぶ で にち べい つうしょう かんけい に ついて こうえん した 。 このうち で どう そう は 「 にち べい の つうしょう が はってん する に したがって まさつ も ふえる が 、 まさつ を うまく かいけつ する ほうほう が だいじ 。 にち べい かん で つうしょう ふんそう を しょり する きかん を つくり たい 」 と ていあん 、 に くに かん の ふんそう しょり きかん を つくる かんがえ を あきらかに した 。 ( さんろくはちごさん ) \ Nov \ 29 \ 1994 \ 23:18 \ \ いち としなか ご に ジョンストン し 1 OECD そうちょう じんじ で だきょう \

【 ぱり にきゅう にち きょうどう 】 けいざい きょうりょく かいはつ きこう ( OECD 、 ほんぶ ぱり ) は にきゅう にち の りじかい で 、 くうせき と なって いる じむ そうちょう じんじ を きょうぎ 、 すでに にんき きれ と なって いる ペイユ まえ じむ そうちょう が いち ねん はん ぞくとう し 、 そのご 、 かなだ の ドナルド ・ ジョンストン もと けいざい かいはつ そう が じむ そうちょう に せいしき しゅうにん する と の だきょう あん で いっち した 。 ジョンストン し の にんき は ご ねんかん 。

じむ そうちょう じんじ で は 、 ペイユ し の さいにん を しゅちょう する ふらんす など おうしゅう しょこく と ジョンストン し を しじ する にっぽん 、 べいこく 、 かなだ など が はげしく たいりつ した まま 、 きゅう つき まつ の ペイユ し の にんき きれ を むかえた ため 、 すうぇーでん たいし が だいこう を つとめる いじょう じたい と なって いた 。 1

こーる しゅしょう は こうしき に は きんゆ かいじょ を しゅちょう して い ない が 、 しゅしょう の よとう キリストきょう みんしゅ どうめい は にはち にち の とうたいかい で 、 こくれん に たいし 「 ひつよう なら ぶき きんゆ かいじょ も けんとう す べきだ 」 と する けつぎ を しゅしょう も ふくめた まんじょう いっち で さいたく して いる 。

そうほう は 、 ぼすにあ ふんそう に は ぐんじ てき かいけつ は ない と する てん で は いっち した と いう 。 おうしゅう とうごう の “ めいゆう ” を じにん する りょう しゅのう だ が 、 らいねん たいじん する みってらん だいとうりょう に とって さいご の ていき きょうぎ は はつひ から はらん ぎみ と なった 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 23:17 \ \ こめ りあげ けんねん で まちまち 1 NY かぶしき しきょう ( APDJ ) \

【 にゅーよーく にきゅう にち AP ・ DJ = きょうどう 】 にきゅう にち の にゅーよーく かぶしき しじょう は 、 こめ りあげ けんねん が ふたたび ふじょう し 、 まちまちに ひけた 。 ダウ こうぎょう かぶ さんぜろ しゅ へいきん は ぜん ひび いち どる ぜろいち セント やすき の さんななさんはち どる ごご セント 。 SP ごぜろぜろ しゅ そうごう かぶか しすう は いちてんぜろいち ポイント こう の よんごごてんいちなな 。 できだか は にいちいちさんまん かぶ ぞう の におくはちろくろくにまん かぶ 。

ぜん べい さんぎょう しんぎかい ( CB ) はっぴょう の いちいち つき の しょうひしゃ しんらい かん しすう が きゅう じょうしょう し 、 よん ねん ぶり の こう すいじゅん に たっした 。 これ を いやき して さいけん そうば が きゅうらく 、 かぶ も いち じ おおきく さげた が 、 ひけ に かけて は さげしぶった 。

とうし か は 、 こめ れんぽう じゅんび せいど りじかい ( FRB ) が いつ りあげ を じっし する か を すいそく する てがかり と して 、 しゅうない に はっぴょう さ れる いちれんの けいき しひょう に ちゅうもく して いる 。 1

【 べおぐらーど にきゅう にち きょうどう 】 サラエボ ほうそう に よる と 、 ぼすにあ・へるつぇごびな の ビハチ で は にきゅう にち 、 きんこう の ソコラツ 、 ジェガル など に せるびあ ひと せいりょく から さんぜろぜろぜろ はつ の ほうだん が うちこま れ 、 ビハチ で の せんとう かいし いらい 、 もっとも はげしい こうげき に みまわ れた 。

じたい しゅうしゅう に むけた こくさい しゃかい の うごき を よそ に 、 せるびあ ひと がわ は ビハチ だけ で なく ビハチ ちいき ぜんいき で 、 イスラム きょうと せいりょく の だい ご ぐんだん かいめつ を めざした こうげき を きょうか して いる もよう だ 。

ビハチ ちいき ほくぶ の ベリカクラドゥシャ で は はん ぼすにあ せいふ ( イスラム きょうと しゅどう ) の アブディッチ は イスラム きょうと せいりょく が せいふ けい イスラム きょうと せいりょく を とりかこんで おり 、 かんらく は じかん の もんだい だ 。 1

ジョンストン し は いちきゅうはちぜろ ねん だい に かなだ の トルドー じゆうとう ないかく で けいざい かいはつ そう 、 かがく ぎじゅつ たんとう そう など を れきにん した せいじか 。 はちはち ねん の そうせんきょ に は りっこうほ し なかった が 、 どう とうない で けいざい せいさく つう と して かつやく 、 じゆう ぼうえき しゅぎ しゃ と して しら れる 。 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 23:11 \ \ ぼすにあ かずへい かいぎ を ていあん 1 こめ 、 えい ふつ と の きれつ しゅうふく へ \

【 わしんとん にきゅう にち きょうどう 】 クリストフゼ こめ こくむ ちょうかん は にきゅう にち きしゃ かいけん し 、 ぼすにあ・へるつぇごびな の ふんそう とうじしゃ が ていせん に おうじれば 、 かずへい たっせい の ため の こくさい かいぎ を かいさい し たい と げんめい した 。

せるびあ ひと せいりょく の こうせい で かんらく すんぜん の ビハチ へ の たいおう に ついて 、 くうばく や ぶき きんゆ かいじょ もんだい など で きれつ が しょうじた えいこく や ふらんす と の きれつ を しゅうふく し きたたいせいようじょうやくきこう ( なとう ) の だんけつ を はかる の も もくてき 。

ちょうかん は さんぜろ にち から の おうしゅう れきほう で 、 ぶりゅっせる で ひらか れる なとう の かくしゅ かいぎ や 「 れんらく ちょうせい グループ 」 がいしょう かいぎ で ていあん する よてい で 、 そのご 、 どう グループ の ちょうてい しゃ が ぼすにあ の イスラム きょうと 、 せるびあ ひと せいりょく と くろあちあ ほんごく を じゅんばん に ほうもん して ていせん と かいぎ さんか を せっとく する ほうしん 。 1

しょうけん かいしゃ が うりあげ のびなやみ を りゆう に かくづけ を ひきさげた MCI コミュニケーションズ ( ちょうきょりでんわ ) が げらく 。 スプリント も やすい 。 せきゆ の モービル は 、 かぶか が げらく すれば せいゆ ところ を ばいきゃく して じしゃ かぶ を かいもどす と はっぴょう した こと を こうかん して かわれた 。

とりひき めいがら にきゅうにきゅう の うち 、 いちぜろはちご めいがら が さげ 、 いちいちさんさん めいがら が あげた 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 23:09 \ \ にきゅう にち の NY がいため そうば \

【 にゅーよーく にきゅう にち AP ・ DJ = きょうどう 】 にきゅう にち の にゅーよーく がいこく かわせ しじょう の しゅよう つうか に たいする ドルそうば おわりね は つぎの とおり ( いち どる あたり かっこく つうか 。 ポンド は いち ぽんど あたり ドル ) 。

にきゅう にち ぜんじつ まる 1 = 1 きゅうはち えん きゅうよん − きゅうきゅう せん 1 ( 1 きゅうはち えん ろくご − ななぜろ せん ) マルク 1 = いちてんごななぜろさん − ぜろはち ( いちてんごろくろくご − ななぜろ ) ぽんど 1 = いちてんごろくにぜろ − になな ( いちてんごろくいちぜろ − いちご ) スイスフラン = いちてんさんにはちご − きゅうご ( いちてんさんにはちぜろ − きゅうぜろ ) カナダドル 1 = いちてんさんななはちよん − はちきゅう ( いちてんさんななななさん − ななはち ) ほとけ フラン = ごてんさんはちごご − はちご ( ごてんさんななごぜろ − はちぜろ ) リラ = いちろくいちなな − いちろくいちきゅう ( いちろくいちご − いちろくいちなな ) 1

ぺりー こくぼう ちょうかん は CNN テレビ と の あいみ で 、 こめ 、 はなぶさ 、 ほとけ 、 ろしあ 、 どいつ が さんか する れんらく ちょうせい グループ の かいぎ で は 、 ぼすにあ の せるびあ ひと せいりょく が せるびあ ほんごく と なんらか の こっか れんぽう を けっせい する こと を みとめる か どう かも けんとう する と のべた 。 しかし 、 あと に きしゃ だん に たいして 「 われわれ が じょうほ する わけで は ない 」 と きょうちょう した 。

こくむしょう の マカリー ほうどう かん は 、 どのような こっか けいたい に する か は とうじしゃ が きめる ことだ が 、 「 ( イスラム きょうと しゅどう の ) ぼすにあ せいふ が どうい する こと が もっとも じゅうようだ 」 と のべた 。

こめ せいふ は にはち にち の あんぜん ほしょう たんとう しゃ かいぎ で 、 ぐんじりょく を ぜんめん に うちだす たい ぼすにあ せいさく を てんかん し 、 がいこう どりょく を きょうか する ほうしん を きめて いる 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 23:09 \ \ にきゅう にち の NY がいため そうば \

にはち にち にさんぜろぜろ GMT から にきゅう にち にいちぜろぜろ GMT まで の せかい かくち の ドルそうば たかね と やすね は つぎの とおり ( ポンド は ポンド そうば の たかね と やすね ) 。 カッコ ない は その そうば が ついた じかん ( GMT ひょうじ ) 。

たかね やすね えん 1 = 1 きゅうきゅうてんぜろぜろ ( いちなないちはち ) 1 きゅうはちてんごに ( ぜろぜろさんいち ) まるく 1 = いちてんごなないちぜろ ( いちなないちに ) いちてんごろくぜろさん ( いちごよんいち ) ぽんど 1 = いちてんごろくきゅうぜろ ( いちごさんろく ) いちてんごろくにに ( いちななごなな ) スイスフラン = いちてんさんにきゅうご ( いちなないちさん ) いちてんさんいちきゅうご ( いちごさんよん ) 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 23:03 \ \ ドル こ あんい 1 たけし ・ NZ がいため しきょう \

【 うぇりんとん さんぜろ にち AP ・ DJ = きょうどう 】 さんぜろ にち あさがた の しどにー ・ うぇりんとん がいこく かわせ しじょう は 、 しゅうまつ の こめ こよう とうけい まち に もようながめ め きぶん が つよく 、 ドル が こはば やすで すいい して いる 。 にほんじかん どうにち ごぜん なな じ さんぜろ ふん ( ににさんぜろ GMT ) の ドルそうば は いち どる = いちてんごななぜろよん まるく 、 たい えん で は どう きゅうはち えん きゅうろく せん 。

ディーラー に よる と 、 こめ こよう とうけい の ほか に は とくに おおきな ざいりょう は みあたら ず 、 こ うごき が つづく と よそう さ れる 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 23:03 \ \ ふほう ( にきゅう にち ) \

▽ あいうら まん さん ( あい うら ・ まん = あいうら きいちろう おおさか しょうせん みい せんぱく そうだんやく 、 もと しゃちょう の はは ) にきゅう にち ごぜん はち じ はん 、 きゅうせいしんふぜん の ため とうきょう と すぎなみ く まつのき さん − ご − ろく の じたく で しきょ 、 いちぜろに さい 。 とうきょう と しゅっしん 。 こくべつしき は いちに つき に にち ごご いち じ から なかの く ちゅうおう に − さんさん − さん 、 たから せん てら で 。 もしゅ は ちょうなん きいちろう ( き いちろう ) し 。

▽ かわさき 1 りっとる ふと し ( かわ さき ・ りゅう た = もと まるべに ふく しゃちょう ) にきゅう にち ごぜん はち じ さんご ふん 、 しんふぜん の ため とうきょう と みなと く の すすき いちょう びょういん で しきょ 、 ななはち さい 。 とうきょう と しゅっしん 。 じたく は ちよだ く いち ばん まち にぜろ − いちぜろ − ろくぜろさん 。 そうぎ ・ こくべつしき は いちに つき に にち しょうご から ちゅうおう く つきじ さん − いちご − いち 、 つきじ ほんがんじ で 。 もしゅ は つま あやこ ( あやこ ) さん 。 1

【 にゅーよーく にきゅう にち AP ・ DJ = きょうどう 】 「 ( この にち の ドル じょうしん は ) われわれ が かこ すう しゅうかん に みて きた こと の つづき だ 」 「 われわれ は かず ひごと に ( ドル の ) レンジ を じりじり と あげて いる 」 ( にゅーよーく の もんとりおーる ぎんこう の トーマス ・ ベンファー し )

「 ブラインダー こめ れんぽう じゅんび せいど りじかい ( FRB ) ふくぎちょう は インフレ よくせい しせい で ハトは と み られて いる だけ に かれ の はつげん に は ちゅうい する ひつよう が ある 」 ( ハリス ・ トラスト ・ アンド ・ セービング ・ バンク の けん ・ ニクソン し )

「 けいざい が つよい と いう じじつ を むし する こと は でき ない 」 ( だいいち すすむ ぎん にゅーよーく の ジョーゼフ ・ フランコマーノ し ) 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 22:55 \ \ おかた ようぎしゃ が ななごぜろぜろまん えん 1 まつお きょうりょう の いちおく えん きょうかつ \

だんごう ぎわく を ざいりょう と した おおて きょうりょう ( きょうりょう ) けんせつ かいしゃ 「 まつお きょうりょう 」 の きょうかつ じけん で 、 しゅはん かく の もと してい ぼうりょくだん やまぐち くみ けい くみ かんぶ おかた あきら ようぎしゃ ( ごいち ) は おどしとった いちおく えん の うち ななごぜろぜろまん えん を うけとり 、 のこり を ほか の ご ようぎしゃ ら が わけて いた こと が さんぜろ にち 、 けいしちょう そうさ よん か の しらべ で わかった 。

げんきん は とうじ 、 おかた ようぎしゃ の はいか の くみいん だった わたなべ あきら ようぎしゃ ( よんご ) が まつお きょうりょう がわ から うけとって おり 、 どう か は おかた ようぎしゃ が たいはん を て に いれ られた の は 、 ほか の ようぎしゃ が おどしとった げんきん の がく を しら なかった ため と みて いる 。 1

▽ きしもと 1 やすひろ し ( きし も と ・ やす ひろ = もと にっぽん しんぱん せんむ 、 ファーストクレジット かいちょう ) にきゅう にち ごぜん さん じ ごご ふん 、 しんふぜん の ため とうきょう と みなと く の とら の もん びょういん で しきょ 、 ろくきゅう さい 。 とっとり し しゅっしん 。 じたく は ねりま く しゃくじいだい ご − よん − いちきゅう 。 そうぎ ・ こくべつしき は いちに つき に にち しょうご から しんじゅく く すが ちょう いちよん 、 よつや たちばな かいかん で 。 もしゅ は つま しずこ ( しず こ ) さん 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 22:51 \ \ よんてんなないち − よんてんななぜろ ぱーせんと 1 にっぽん こくさい の NY しじょう りまわり \

【 にゅーよーく にきゅう にち MNS = きょうどう 】 にきゅう にち の にゅーよーく しじょう の にっぽん こくさい りまわり ( いちろくよん かい いちぜろ ねん もの ) は 、 よんてんなないち − よんてんななぜろ ぱーせんと で 、 よりつき と どう すいじゅん で ひけた 。 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 22:55 \ \ おかた ようぎしゃ が ななごぜろぜろまん えん 1 まつお きょうりょう の いちおく えん きょうかつ \

しらべ で は 、 おかた ようぎしゃ の つぎに たがくの かね を て に いれて いた の は ちょじゅつぎょう の はつ かわ まつじ ようぎしゃ ( ななよん ) で いちぜろぜろぜろまん えん だった 。 グループ が へいせい さん ねん いちに つき と よん ねん いち つき に まつお きょうりょう がわ に きょうはく ぶんしょ を だした あと 、 はつ かわ ようぎしゃ は しゅざい と そやして どうしゃ を はじめ にっぽん きょうりょう けんせつ きょうかい かめい の かくしゃ に せっしょく 、 おどして いた 。

また 、 もと べんごし の うちやま てっぷ ようぎしゃ ( よんろく ) は 、 グループ が きょうかつ ようぎ で たいほ さ れ ない よう ほうりつ ちしき を いかして きょうはく ぶんしょ を さくせい 。 にっとう と して いち にち いちまんすうせん えん を わたさ れて いた が 、 これ ら の にち とうぶん も ふくめ とりぶん は すうひゃくまん えん だっと いう 。 1

【 もすくわ にきゅう にち きょうどう 】 いんたふぁくす つうしん は にきゅう にち 、 エリツイン だいとうりょう が こくえい オスタンキノテレビ ・ ラジオ を こうきょうせい の つよい みんえい かいしゃ に かいへん する だいとうりょう れい に しょめい した と つたえた 。

オスタンキノ の やこぶれふ しゃちょう は どうにち えりつぃん だいとうりょう と かいだん した あと で タス つうしん に たいし 、 みんえいか さ れる オスタンキノ しゃ の かぶ は ごいち ぱーせんと を こっか しさん いいんかい が 、 のこり は きんゆう きかん 、 アフトバス じどうしゃ こうじょう 、 タス つうしん など いちに しゃ が しょゆう する と のべた 。 もう いち つ の こくえい ほうそう ロシアテレビ ・ ラジオ かいしゃ は こくえい の まま のこる 。

えりつぃん だいとうりょう は さいきん 、 オスタンキノ と ロシアテレビ ・ ラジオ を いち つ の こくえい テレビ ・ ラジオ かいしゃ に とうごう する かんがえ を ひょうめい した が 、 こっか の じょうほう ひとりうらない に つながる と して 、 マスコミ の きびしい ひはん を うけて いた 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 23:50 \ \ ★ さんせい にはちはち ひょう の たいさ 1 こめ かいん ラウンド ほうあん さいたく \

【 わしんとん にきゅう にち きょうどう 】 べいこく の うるぐあい ・ ラウンド じっし ほうあん が にきゅう にち ごご ( にほんじかん さんぜろ にち ごぜん ) 、 こめ かいん で さいけつ さ れ 、 さんせい にはちはち ひょう 、 はんたい いちよんろく ひょう と たいさ で かけつ さ れた 。 1 \ Nov \ 29 \ 1994 \ 22:55 \ \ おかた ようぎしゃ が ななごぜろぜろまん えん 1 まつお きょうりょう の いちおく えん きょうかつ \

きょうかつ の ざいりょう と なった まつお きょうりょう の ないぶ しりょう は もと どうしゃ しゃいん さくらい やすひろ ようぎしゃ ( よんぜろ ) が しゃない から もちだし 、 すう にん の て を へて してい ぼうりょくだん すみよし かい けい くみ かんぶ やまさき ぶんてん ようぎしゃ ( ごいち ) の げん に もちこま れた 。 やまさき ようぎしゃ は きぎょう きょうかつ を する ため もと そうかいや だった おかた ようぎしゃ に そうだん 、 はんこう グループ を けいせい した が 、 さくらい ようぎしゃ と ともに すうひゃくまん えん しか うけとって おら ず 、 このうち から じぶん の はいか の かんけいしゃ に かね を わけあたえて いた と いう 。 1